So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

GPツーリングのタイヤについて(勝手な妄想ですけど!) [GP ON]

どーも、。
最近めっきりON Roadの人になりつつあるHaby Papaです。[わーい(嬉しい顔)]
前回の京商R246サーキットでのタイヤについての妄想をブログにしてみたいと思います。
まあ、思いつき的なものとして書いているので、トンチンカンな部分もあるでしょうね~[ひらめき]

まあ気軽に読んでみて[あせあせ(飛び散る汗)]

以前の京商サーキットはPapaが良く遊びに行った時は正にGPツーリング天国で路面はほぼオイルサーフェースでした。
しかしここ最近はEP車が多く、アスファルトも傷んできたせいか、路面のオイル分がかなり減ったと感じました。[バッド(下向き矢印)]
もしかしたら10月に続いた雨の影響が多いのかもしれませんが、GPの走行台数が減った影響は大きいのではないでしょうか?
路面の油分が無いとタイヤの傷みは激しいですね~[失恋]
しかもGPカーはEPに比べ車重があるので、より傷みやすくですよね~。[がく~(落胆した顔)]
更に京商カップレギュで縛られているKCタイヤですが、他メーカーに比べ、路面油分の大小に影響しやすいタイヤじゃないかと思います。[ふらふら]

GPSWなどで走らせている分では、痛みの進行度は少なく、グリップ感は徐々に落ちていきますが、2日間くらいは何とか使えちゃうのですが、。
ところが京商サーキットではミディアムでも1日でパー!ソフトに至っては半日持たないという低耐久性です。[もうやだ~(悲しい顔)]
1日を通してフルグリップで走らせようとすると何セットもタイヤが必要になるのではと思います。
これではお財布が[たらーっ(汗)]
かと言って前回のように他メーカーのタイヤではレースに向けての練習・ノウハウ蓄積にならないのも事実、。


で、Papaさん、考えました[ひらめき]
「ゴムタイヤにはモールドインナーが一番!」と考えてしまいがちですが、京商サーキットではスポンジインナーの方が良いのでは?って、。

この考えは前回のTAMIYA GP-A快走からのアイデアです。[ぴかぴか(新しい)]
スポンジインナーでもヨレやグリップロスを感じませんでしたし、走行後のトレッドも

171118.JPG

目立ったへたりがありません。[ハートたち(複数ハート)]
これってゴム質の違いだけではない気がするのですよね~。
Alettaさんの使っていたZACは確実に多くのテスト・ノウハウを投入されたタイヤであることに間違いないでしょう[exclamation]
ではGP-AはZACと同じかというと少し疑問が、、。


で、インナーの影響を考えた[exclamation×2]

タイヤ001.jpg

上図のようなことが走行中起こっているのでは[exclamation&question]
スポンジであるからゆえに、タイヤ接地面が増えグリップを確保し、広い面で力を分散させてタイヤに加わる反力を小さくさせているのでは[ダッシュ(走り出すさま)]
反力が小さくなればタイヤにも優しくなるはずです。

この妄想が正しいかどうかは実際に検証するしかないですね~[グッド(上向き矢印)]
「清水の舞台から飛び降りる」(笑)つもりでKCソフトにスポンジインナーを組み合わせた新品タイヤを用意して、耐久テストする必要がありそうです。
適度によれて前回よりグリップ感、耐久性が向上してくれれば、清水等の特設コースレースで武器になりそうですもんね~。[揺れるハート]
できればミディアムもスポンジインナーを試してみたいのですが、一気にテストすると懐に響くからな~。[バッド(下向き矢印)]

「あーっ、少額でもいいから宝くじ当らんかね~。(^^;)」


・・・・・・・・・・


宝くじ買うお金でタイヤ買えますね[わーい(嬉しい顔)]
テストできたら結果はブログで紹介しましょう!
レース後かもしれんけど[exclamation&question]


・・・・・・・・・・・


さて、明日は久々にヒルトップに行ってみようかな~[ぴかぴか(新しい)]

じゃ、また!!


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

目標タイムまであと9/1000秒! [GP ON]

日曜京商サーキットでガッツリGPツーリングを楽しんだHaby Papaです[わーい(嬉しい顔)]
実は前回のHOCプチ走行会時であまりにも走らなかったR4くん、完バラメンテしてきたんですね~[揺れるハート]
なので足回りのアライメント調整から始めました。
アライメントゲージをAlettaさんから借用しての調整でしたけどね([たらーっ(汗)])。

朝一はタイヤをケチって中古KCミディアムで走るつもりで荒れたトレッド面をタイヤトォルーアーで削っていたら先に走行を開始したAlettaさんより、

「ミディアムで走れる気がしない。」

との情報が[あせあせ(飛び散る汗)]
それでもミディアムで1タンク目を強行したPapaさん、十数周でPITに駆け込む結果でした、。[バッド(下向き矢印)]
この日のサーキットオープン前にスタッフが路面にオイルらしきものを撒いていたのでミディアムタイヤでも大丈夫かな~って思ったのですが、完全に期待を裏切られました。[パンチ]
早々にソフトタイヤ投入となったこの日の練習走行です、。
R4の動きについては、メンテのおかげか(?)前回の練習走行時のベストを1秒近く短縮できました[ぴかぴか(新しい)]
が、まだまだショップレースに出られるレベルではありません。常連の方々と勝負するには更に1秒近くベストやラップを短縮する必要があります。
でもこの路面状況ですと1秒短縮はかなり難しいと判断したPapaさん、。
目標を15秒台としてセッティングを詰めていくことにしました。

新品ソフトタイヤ導入直後、ラップ平均16秒後半、ベスト16.5秒となり、これを基本とします。
はじめに手をつけたのはリヤデフです。

171112 (6).JPG

デフオイルを1万→6千とします。
やっぱり京商R246サーキットはGPにとっては「小さい」と言えるのかな~。リヤデフを柔らかくセットした方が良いフィーリングです。
この変更でラップは安定してくれましたが、全体的にタイムはパッとせず、。[ふらふら]
次に手をつけたのはダンパースプリングで、フロントX-Gearピンク、リヤSMJロングシルバーからAlettaさんから勧められた前X-Gear レッド、後ろX-Gearイエローに変更[グッド(上向き矢印)]
ついでにオイルもYR500→アソシ400に変更してダンパーポジションは前中央、後やや縦気味としてみましたが、リヤが固すぎてNG、。[失恋]
Alettaさんがリヤのみダンパーポジションを寝かせて試してみろとのアドバイスで再チャレンジ[ダッシュ(走り出すさま)]
リヤの動きはかなり改善されましたが、お立ち台前からサーキット左セクションの間で理想とするイメージから程遠い感じがしてX-Gearを断念、。[もうやだ~(悲しい顔)]
X-Gearのスプリングはプログレッシブな特性らしく、縮み側で粘りがあるのですが、この日のタイヤと路面にはマッチしなかった様です。
しかもサーキット左セクションでアンダーを誘発した他車にサイドアタックを喰らって、

171112 (7).JPG

左ナックルとボールジョイントを破損、。
このアクシデント、ちょっとムカッときました[ちっ(怒った顔)]。明らかに相手の操作ミスでしからね~。

・・・・・・・・・・・・

気を取り直して修理した後、再びダンパースプリングを変更。
前SMJ ショートゴールド、後 SMJ ロングピンクで再トライすると、

「んーー、今日はこれかな~」

と感じられるくらいまで動きは改善[黒ハート]
ただし、このころには、

171112 (8).JPG

KCソフトタイヤは限界でした、。[がく~(落胆した顔)]
こんな状態ですからタイムも全く期待できずでラップ、ベスト共16秒後半から17秒台でジリ貧状態、。[たらーっ(汗)]
その後はミディアムで我慢の走りとなり、目標タイムは完全に諦めかけました。
んで、この日のラストタンクです。
手持ちのタイヤがダメだった場合、遊び半分で使ってみようと思っていたTAMIYA GP-Aで走ってみることに。[ひらめき]
タミヤサーキットでのタミグラ用に用意して時々EPで使用していましたが、ホイールはタミヤのスポークタイプですし、インナーもスポンジ、。
コース上にとどまれるか心配でしたが、走り出してみると、

「おや!良いじゃないですか!!」

と好印象です。[揺れるハート]
若干アンダーでしたが、スロットルを開けて走れますし心配した「ヨレ」も感じませんでした。
走行ペースも一気に上昇し、まったく勝負できなかったAlettaさんの追従から少し逃げれるように[るんるん]
ラスト1タンクを楽しく走れたところで、タイムを確認してみると、

「あーーー、目標にあと9/1000秒足らず、。」

最後の最後でベストを0.5秒近く更新し、ラップも揃って走れていました[わーい(嬉しい顔)]今さらですが、しっかりグリップ剤を塗って、ウォーマーで温めていれば目標クリアできたかもです。

まさかここまでグリップが改善されるとは思ってもいませんでした。
まあ、あと少しで目標クリアできませんでしたが、走行2日目のサーキットで何とかここまでできればよかったですかね~。
一緒に走ったAlettaさんの情報ですと、リヤデフももう少し見直ししても良さそうですし、コースライン取りの悪い部分も自覚があるので、もう少しタイムは改善できる余地はありそうです。[ひらめき]
それにGP-Aで走った感じで、KCタイヤでも試してみたい部分もあります。[ぴかぴか(新しい)]

またこの日は以外にも走行する方が少なく、時間割も適用されない状態でしたので、もう少しGPカーが走ってくれる日であれば路面も良くなると思います。

レースコンディションに近い形でまたチャレンジしてみたいですね~[るんるん]
今回ご一緒できなかったHOCメンバーの皆さん、また京商サーキットに行かない[exclamation&question]
絶対また行きましょね!(笑)

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Kyosho R246サーキットでガッツリGPツーリングです! [R246サーキット]

この週末も良いお天気に恵まれましたね~[揺れるハート]
先週末の天気予報では土曜朝が一時崩れるとのことでしたが、結局雨に見舞われることもなく我がホームコースのヒルトップではEP OFFを存分に楽しんだ方々もいらっしゃったことでしょう[ぴかぴか(新しい)]
路面コンディションは良い状態でキープされていましたかね~?。
たぶんですが、まだまだ先月雨のおかげで路面の水分は十分保持されているのではと思います。
これからどんどん乾燥が進むと思われるので、ハイスピードバトルを楽しむなら今がチャンスかもですね[ひらめき]

と言っているHaby Papaさんは翌日の日曜にAlettaさんを誘って

171112 (1).JPG

京商R246サーキットに行ってきました。(^^;)

・・・・・・・・・・・・・・・

だって土曜に雨降ったら確実に翌日は水溜りが残ってしまっていますから、。[たらーっ(汗)]
それだけコース地下の水分が過多になっていると予想されると、なかなか出撃に踏み切れません。
それに京商カップ中京大会が来年1月に延期されていますから、HOCとしても今年度ラストチャンスを本気で挑む必要があります[ダッシュ(走り出すさま)]

しかしです。この日曜は各地でレースが開催されていて、近隣でGPができるサーキットの選択肢がなくなっていました。
Papaさんが好きなGPSWはEP耐久レース、Alettaさんが好むSRTはSpeed Kingツアーレース、Gakuさんが最近通い詰めている日光無線もショップ主催レースでした、。[バッド(下向き矢印)]
ちなみにFRCもレース日でしたね[わーい(嬉しい顔)]
そんなこんなでAlettaさんはあまり好まない京商R246サーキットに出撃となった次第です。

当日は8時くらいに現地入りしてのんびりするつもりでHaby Papaさん普段通り(ウィークデー)の時間に起床し、自宅を出発[グッド(上向き矢印)]
ところが思いのほか道路が空いていてかなり早く到着してしまいました[たらーっ(汗)]
まだ開聞前なので、荷物をサーキット入り口前に降ろして、

171112 (2).JPG

開門も待ちます。
風が強く吹いていたせいか、

171112 (3).JPG
171112 (4).JPG

雲一つない青空が広がり綺麗に雪化粧した富士も見えていましたね~[黒ハート]
結局、小一時間くらい開門を待つはめになり、8時半過ぎにようやく電源が一番近いPITテーブルに荷物を搬入~。

171112 (5).JPG

このころにはAlettaさんも到着されていました[ぴかぴか(新しい)]
EPも車に忍ばせてありましたが、お互いGPツーリング1台に専念です。
Papaさんにとっては前回の京商サーキットで不完全燃焼気味でしたから、かなりの覚悟でセッティングを煮詰めるつもりでした。
なので今回はタイムを気にしてのセッティングでしたよ[exclamation×2]
また今回の走行はタイヤテストもかねての走行でした。
中京は冬の京商カップで特設コースですからソフトタイヤで戦うことになるでしょう!
となると、KCソフトがどれくらいの耐久性と走行フィーリングを確認しておく必要があります。
更にはどんなインナーがマッチするのかも知っておく必要ありですね[ひらめき]

さて、2人ともマシンはR4 Evoですが、Alettaさんは先週に引き続きショートダンパーを試されていました。
Papaさんはショートダンパーに投資できないので黙々とノーマルでセッティングをいじっていきます。
しかし2人ともここまでタイヤで苦戦することになるとは思ってもいなかったです[ふらふら]
そんなセッティング談義は次のブログで紹介します!

今日はセッティング途中のAletta R4の走りを紹介して〆ましょう



じゃ、恒例の次回に続く~[るんるん]


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

インファーノGT2、エンジン換装でトラブル頻発! [インファーノGT2]

日曜に久々のGP ONを楽しんだHaby Papaです[揺れるハート]
さて我がインファーノGT2くんですが、エンジンをシリオ24TからORION 21に換装しました。

171105 (4).JPG

このエンジン、Alettaさんがこれまで使っていたものをCRC同様、超破格値で放出!これまたそれに飛びついたHaby Papaなんですね~[わーい(嬉しい顔)]
これまでのエンジンちゃん、非常にトルクフルで速いのですが、ボア径の関係で京商カップ以外のレースには出場できませんでした[もうやだ~(悲しい顔)]
1/8GTのレースは21の3ポートが通常レギュですもんね~[バッド(下向き矢印)]。そんなこんなでチャンプカップもエントリーできなかったのですよ[パンチ]
21エンジンがノドから手が出るくらい欲しかった[ダッシュ(走り出すさま)]

神様、仏様、Aletta様(古っ!)がOSにパワーユニットを変更した関係で、PapaにORIONエンジンが廻ってきたのですね~[るんるん]
でこの日、エンジンを換装してインプレの予定でした。
クラッチやエンジン交換を現場で実施した体たらくさんなので朝からドタバタです[あせあせ(飛び散る汗)]
バックラッシュ合わせのため、エンジンマウントの位置から調整しなくてはならなく、ご一緒したAlettaさんからは、

「2速ギヤ、必ず舐めるよ~」

って言われて注意して調整しましたが、

171105 (6).JPG

やっぱり「舐めちゃう」あたり、シャフト車の難しさですかね~[バッド(下向き矢印)]
今回、先生からあるコツ(バックラッシュ確認方法)を教わったので、今後はそれを忠実に実施したいと思います[ひらめき]
エンジン交換後、スタータートラブルや2速内部のねじ緩み等トラブル続出し、まともに周回できるようになったのが午後でした。
ホント、2速部はイジリタクナイ部位ですね~[たらーっ(汗)]
さてORIONエンジンの感想はというと、

「非常に扱いやすい!」

という言葉に尽きるかな~[グッド(上向き矢印)]
パワー感も丁度良く、心配されたマニ・マフラーとのマッチングもシリオマフラーで特段問題ない状態でした。
スロットルを握った分だけパワーが出てくるので、正に、

「リニアな感覚!!」

でグリップが今一つだったSweep 50タイヤでも何とか走れました。
何故、グリップがイマイチのタイヤだったかって?

・・・・・・・・・・

実はこの日、いつもの京商45タイヤで走っていたのですが、2タンク目で、

171105 (5).JPG
「見事にバースト!!!」


・・・・・・・・・・・


まあ、かなり使い込んだタイヤでしたからね~[ふらふら]。ここまで使えれば本望かな[exclamation&question]
このあと京商55を試しましたが、まったくダメでこの日手持ちで一番柔らかいSweep50の出番となりました、。
ORIONエンジンのリニアなパワー感のおかげで、レコードラインをがっちり守れば、明らかにペースの速い車を押さえて走れました(^^;)。
このエンジン、Papaさんにとってはホント「丁度良い」パワーユニットです。
この日のラストタンク時、マッタリ周回ムービーを撮ってみたので参考まで載せちゃいます。



ORIONくん、大事に使いたいエンジンちゃんです[exclamation×2]

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

連休最終日、GPSWに行ってきました~ [GP ON]

何週間ぶりでしょうかね~[グッド(上向き矢印)]。日中、清々しく晴れた週末を過ごせたのは[exclamation&question]
お天気の良い週末にアウトドアレジャーを楽しんだ方々、沢山いらっしゃったのではと思います[ハートたち(複数ハート)]
Haby Papaさんもそんな大勢の一人で、日曜GPSWでGP ONを久々に楽しませていただきました[るんるん]
この週末は1/8GP Racingの全日本選手権がSRTで開催されていましたね[ひらめき]
GP OFFの方は悪天候で決勝がキャンセルされたみたいですが、GP ONは天候にも恵まれて選手の方々は存分に実力を発揮されたのではと思います。
2017年チャンプになられた高畑選手、おめでとうございます[exclamation]

さて、そんな業界事情があったので、出撃先のGPSWは結構混雑するのではと思って、気合の早起きで自宅を出発[ダッシュ(走り出すさま)]
ところがそんな心配はいらなかったみたいで、現地到着時はまだ開聞されていませんでした、。
んでもって、荷下ろしが一番楽なPITテーブルを1脚確保させていただき、PITを作ります。

171105 (1).JPG
171105 (2).JPG

実はこの写真、昼過ぎにようやく撮った1枚で、午前中はとにかくマシンをいじっていました。
ちなみに向かい側はAlettaさんです[揺れるハート]
ホントはですね~、事情で週末のRCは諦めていたのですが、前日夜になって出撃許可をもらい、Alettaさんに連絡[ぴかぴか(新しい)]
Gakuさんは既に出撃済で連チャンは無理でした[バッド(下向き矢印)]、。
なので二人でのGPSWでしたが、とっても有意義でしたね~。
Alettaさんは安定のインファーノGT2とR4は再度ショートダンパーに挑戦[exclamation×2]
PapaはインファーノGT2に手いっぱいでしたので、もくもくとセッティングされたみたいで、かなりいい線までいったみたいです。
Alettaさんの走行シーンを少しムービー撮影してみたので、紹介しておきますね~。





さて、肝心のPapaさん、とあることを行った関係でインファーノGT2にトラブル頻発でした、。[ふらふら]
その詳細は、



・・・・・・・・・・・・・・・・・



次回に続く(- -;)

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新プロジェクト発動! [CRC Xti-WC]

やっと晴れました[晴れ]


・・・・・・・・・・・


ホント、やっと晴れてくれました[るんるん]
3週連続で雨の週末、我慢の限界でしたね~[たらーっ(汗)]
実はこの前の日曜もチョコットだけ厚木レジャランでEP ONを走らせたのですが、当日は相模原チャンプがレース日[バッド(下向き矢印)]
そのせいかレジャランオンロードコースでモディファイ4WDを走らせる方もいらっしゃり、少し荒れ模様でした。
速度域やグリップ感が全く違うのでTB04を走らせるのは危険と判断[失恋]
FFを少し走らせて早々に引き揚げたPapaさんです。
特にトピックスもなくブログ報告も見合わせて、とあるプロジェクトを画策。
本日、それを公にしましょう[わーい(嬉しい顔)]

それは、


DSC_0009.JPG

「プロジェクト CRC~、発進!」


トォエルブの再開です[黒ハート]
プラズマを手放して暫くは遠ざかっていたDDマシンですが、Alettaさんが新車(XRAY X-12)を入手され、これまで使っていたマシンが超格安で放出されました[キスマーク]
それに飛びついたHaby Papaなんですね~。
だって、放出されたマシン、

「CRC Xti-WC!!」

ですよ!しかもLRP FLOWがついてくる!!やらない訳にはいきませんよね~[グッド(上向き矢印)]
プラズマくん時代は21.5T 2セルバッテリーで楽しんでいましたが、このXti-WCは1S仕様で走らせようと思っています。
で、手持ちの17.5Tモータをつかって、EPS-Jレギュ準拠で組んでみました。
FLOWには1S昇圧機能はないのでKimihiko-Yano NetからCRC小型LiFeバッテリーを購入。
ステアリングサーボはTrackstar TS-P12Sとしました。これはKO RSx-12を購入するまでの繋ぎですが、。
受信機はB44.3から移植してしまった[あせあせ(飛び散る汗)]
当面、EP OFF 4駆はお休みかな、[パンチ]
まだ1Sバッテリーが入手できていませんが、手に入り次第、シェイクダウンしたいと考えています。
13.5Tモーターも持っているので、後々はGTボディも用意してAlettaさんやGakuさんとバトルしたいな~。



・・・・・・・・・・・・・・・・・



バッテリー買わなきゃ!

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ボディによる空力特性の違いを改めて確認しました! [EPオンロード]

2週連続でタミグラ選手権仕様のTB04をセットアップしてきましたHaby Papaさんです。
さて今日の話題は最初に「禁断のアイテム」について紹介しちゃいます。
それは、

NSX Concept.jpg
「NSX Conceptボディ」
(写真はタミヤHPから借用)

です。
このボディ、Papaさんがこれまで感じたことが無いくらい車の挙動に大きな変化をもたらしました[あせあせ(飛び散る汗)]
とにかく「曲がる」ボディですね~[グッド(上向き矢印)]。これまではある意味、意地でNissan系のボディばかり使用してレースに臨んでいましたが、そんな考えを吹き飛ばすくらい劇的な変化をもたらすボディでした[あせあせ(飛び散る汗)]
曲がらない車をセッティングで何とかする前に、このボディを使った方が早いのではと考えちゃうくらいです。
練習用ボディのラフェラーリをゴミ箱行にしたくなるくらい気に入りました~[揺れるハート]
Alettaさんに返却したくなかったな~[わーい(嬉しい顔)]



・・・・・・・・・・・・・・・・・



話題を変えましょう!
厚木レジャランオンロードコースでセッティングを進めていますが、やっぱりタイヤがマッチしているとは言い難いかもです[たらーっ(汗)]
先週土曜はAlettaさんも同じ仕様、同じタイヤのTA07を走らせましたが、やはりリヤグリップ不足を感じていたのではないでしょうか?
セッティングが完全でないTA07だったのですが、いつものキレが少なかったです。



明らかにリヤグリップ不足でスロットル操作に苦労されています。
GP ON(GPSW)では15秒台/周で走れるAlettaさんですからタイヤグリップが決まれば、他を圧倒する走りを見せてくれるはずです。

さて、そんなローグリップ状態でもできる限りトラクションを稼ぐため、いろいろためしてみたPapaさんです[ひらめき]
基本的にはそこそこ走るまでにはなってきたTB04くんなので、より高いレベルを狙うためには定量的な判断が必要とおもって導入した

171021 (2).JPG

測るんジャーです。(これは前回紹介済ですね)
タイム計測しながら、セッティングの効果を調べました[ぴかぴか(新しい)]
リヤセクションを中心にいろいろ試してみましたが、結局は2つのポイントを押さえることが重要と判明~。
その一つが、

「リヤデフの固さ=デフオイルの劣化」

です。実は前回、ヨコモのリヤデフオイルを入れてみたのですが、走行を重ねるうちに「へたり」を感じるようになりました。
試しにデフオイルを交換すると調子が良くなり、また徐々にへたってきます。
デフオイルのへたりに伴ってタイムも悪化、。結局、デフオイルのメーカー変更したらタイムが安定しました。
これをAlettaさんに話したら、

「ようやく気がつきましたか!」

とのこと、。デフオイルメーカーチョイスは重要と言われちゃった[ふらふら]
そしてもう一つが

「リヤダンパーの速さ」

です。スプリングを固くすると唐突なリヤ巻きの挙動は良くなるのですが、グリップ確保といった面ではバットフィーリング、。[ふらふら]
柔らかいスプリングを選ぶとグリップ感は向上しますが、コーナリング直後の挙動がナーバスになります。
理想はダンパーを考えると、

「最初からや中盤はゆっくり動き、最後は強力に粘る」

といった感じです。
XRAYなんかが出しているプログレッシブスプリングを使えれば良いかも知れませんが、手持ちも無いしレギュ的にもNG、。
そこで思いついたのが、

「パッツンダンパー!」

です。普段は必ず「引き気味」で組んでいるリヤダンパーを若干パッツン目にしてみるとあら不思議!

「おーー、良いじゃない~」

効果抜群で周回ペースが安定~。NSXボディと相まってご機嫌で周回できるようになりました[exclamation]
午後はAlettaさんと走ることに夢中だったので測るんジャーでのタイム計測しませんでしたが、かなり良いタイムが出ていたのではないでしょうか[exclamation&question]
スポンジタイヤのDD車とも良い勝負ができていましたからね~[黒ハート]
次回は新品TYPE-Cとソレックス28Rあたりを用意して今回のセッティングでのタイム計測してみたいと思っています。

でもって、10/21のレジャラン走行レポートはこれにて完了~[ハートたち(複数ハート)]


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

台風襲来前にレジャランでガッツリ走りました~ [厚木レジャーランドサーキット]

いやー、台風21号、迷惑でしたね~、。[バッド(下向き矢印)]
このブログお読みいただいている方々は大丈夫でしたでしょうか?大きな被害を被られていないことを願う次第です。
Papaさんが受けた被害(?!)は緊急エリアメールが夜中も鳴りっぱなしで、ぐっすり寝れなかったくらいですね~。[ふらふら]
電源切って寝れば良いのですが、「もしも」を考えるとなかなか「切る」という選択は難しいです。
今回の台風ではかなり各自治体でも警戒していたので、情報が夜中でもジャンジャン入ってきました[がく~(落胆した顔)]
それだけ大きな台風でしたし、首都圏直撃だったので、とにかく大事に至らなかったのは救いですかね[exclamation&question]

さて、本題、趣味の話題に移ります[ダッシュ(走り出すさま)]
天候不順が続いて2週連続厚木レジャランでのEP ONを楽しんだPapaさんですが、出撃は土曜にしました。
台風を考えてもありますが、「混雑を避ける」と言った理由もあります。
さらにこの悪天候であれば翌日は体をゆっくり休めるであろうといった目論見もアリ、ガッツリ12Hコースを選択[ぴかぴか(新しい)]
タミグラ選手権仕様のTB04とFF03をしっかりセッティングしてきました。

仕事で疲れていましたが、気合で起床し眠い目をこすりながら朝7時半には現地入り~。[ハートたち(複数ハート)]
約5名くらいの方がONロードコースを走っていました。

171021 (3).JPG

しかもそのうちの1名が、

「Kowataさーーーん」

じゃないですか[exclamation×2]なんと5時から3Hコースで走りに来ていたとのこと、。
走行終了後は家族サービスが待っているらしく、タイトなスケジュールの合間にRCを楽しむという姿勢に頭が下がります。
そんなKowataさんと少しだけでも一緒に走りたいと思って、PIT設営もそこそこに、車を準備~。[グッド(上向き矢印)]
バッテリー1本分ですが、一緒に走らせていただきました[揺れるハート]

やっぱり仲間と一緒に走るのは楽しいですね~。[るんるん]
そんなこんなでドタバタな1パック目を終えてから落ち着いてPIT設営しなおします。

171021 (1).JPG

その後、TB君のアライメントやタイヤを再チェックして、黙々と車の動きと細かいセッティングをしながら過ごしました。
あ、今回は定量的にセッティングの効果を測るため、こんなものも用意しましたよ~。

171021 (2).JPG
「測るんジャー」

です。5分間の周回数とベストタイムでセッティングの効果を調べてみました。
更に、走行開始時点からタイヤのグリップが安定する様に、

171021 (4).JPG
「タイヤウォーマー」

も使ってみます。
どちらもカツカツにセッティングを進めていくにはGoog Itemですね~。
そんなカツカツな午前中でしたが、午後からはAlettaさんが遊びにくるとのLINE連絡が入りました。

Alettaさんの目的は、

XRAY1.jpg
(写真はAlettaさんのブログから借用しました)

最近入手されたXRAYのトォエルブシェイクダウンでした。
このXB12、スゲー走ります。GTボディでほとんどセッティングもしないで、カッチリ走っていました。
このマシンの素性は今後Alettaさんのブログ(RC memo:http://mtgk.mine.nu/blog/)で明らかにされていくでしょう[exclamation]
また楽しみが増えましたね~。

Alettaさんが来てからは、FFとTBで楽しんだPapaさんです。
FFは今が一番楽しいと感じさせるくらい好調な走りを見せてくれ、同じくらいのスピード域の4駆勢と真っ向勝負できるくらいです。
TBのセッティング変更に伴ってCハブを6°→4°に変更しましたが、その結果も良好で、(個人的には)キレキレの走りになってくれて超ご機嫌でした。
で、TBくんですが、セッティングはかなり研究できました。
Aletta’s TA-07とのバトルでも、勝負できましたからね~(相手のセッティングが決まっていない状態でしたけど、、。)
しかもあるアイテムでその走りがまたまた激変しました。
ただそれは「禁断のアイテム」ですね~。
その味を知ってしまうと中毒になりなそうなくらい、車の性格を激変させました。
その「禁断のアイテム」とは!



・・・・・・・・・・・・・・・・・



続く、。([たらーっ(汗)]


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

選手権仕様TB04、一気に動きが改善されました! [EPオンロード]

10月なのに台風です[がく~(落胆した顔)]
しかも巨大[あせあせ(飛び散る汗)]
更に残念なのが、また週末に直撃だってこと、。[もうやだ~(悲しい顔)]


・・・・・・・・・・・・


シャーナイから気持ちを切り替えていきます[ダッシュ(走り出すさま)]

さてブログの方はいつも一つの話題を引っ張ってスミマセン、。
先週末から再挑戦している10.5T仕様のTB04くん、かなり手強い車になってくれています[パンチ]
まあ、PapaのTBくん、基本的にはシャシーがノーマルですからね~[バッド(下向き矢印)]
カーボン混入シャシーやステフナー、418足が入ったTB04ならこれほど苦労しないかもしれません。
シャシーロールが過多に陥りやすいのも「巻く」原因ですからね~。

さていろいろなポイントを変更してきましたが、基本的には良く曲がってくれるところは変わりませんでした。
つまり、以前のように「アンダーステア」にするセットではなく、全体的動きの中で「コーナー出口のハンドリングおつり」対策をしてきました。

足を固めると良い方向になりましたが、この日の路面状況ではリヤブレイク早まってきたので、リヤスプリングだけをイエローに戻して再度動きを確認。
落ち着いて車を観察してみると、リヤの蹴り出し不足も原因の一つなのではとの考えに辿り着きました。[ひらめき]

そこで

DSC_0010.JPG

リヤデフに注目。オイル番手を4,000→10,000に上げて対策してみました。
EPでは聞かない番手ですかね~。
しかしながら、この変更が車の動きを激変させました[exclamation]
コーナー出口での前カキが劇的に緩和されて、狙ったラインをトレースできます。
しかもこれまではタイヤのスキール音が全く聞こえてきませんでしたが、タイヤからスキール音を確認できるようになりました[わーい(嬉しい顔)]

全体的なグリップ感も向上しましたし、なんといってもブレーキングの安定感が抜群です。
周回ペースも一気に上がり、周りの車をなんなくパスできるくらいまで向上~。

ただですね~、まだ少しナーバスになるところもあり、気を張り詰めて操作しなくてはいけませんでした。
もっと楽に高いペースで安定して周回したいとの野望も湧いてくるくらい激変してくれたTB04くん。
もっとセットを煮詰めたいところでしたが、時間切れ、。[たらーっ(汗)]
この日は終了となりました~。

今回のセット、忘れないうちにセッティングシートにまとめておきました。

TB04_20171015001.jpg

最近ではタミグラでもレア車になりつつあるTB04ですし、ちょっと特殊かなと思いますが、備忘録として載せておきます[ぴかぴか(新しい)]
さて、この週末は奇跡が起こらない限り雨模様(しかも土砂降りだな[もうやだ~(悲しい顔)])です。
どうやら2週連続でのレジャラン決定~。
外出できるタイミング見計らって、TBのセッティングをまとめに行ってくるつもりです。

あ、Kowataさーーーん、レジャランいくなら明日土曜日?それとも日曜日?
キムキムさん、仕事でないならレジャランでEP ONなんかいかが?
HOCの皆さん、LINE連絡よろしく[るんるん]
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

タミグラ選手権仕様TB04、セッティングを一から見直した! [EPオンロード]

この前の日曜、厚木レジャランでのTB04走行についてブログにします[グッド(上向き矢印)]

タミチャレ仕様(TBLM16T、ギヤ比6.6)からタミグラ選手権仕様(TBLM10.5T、ギヤ比7.391)に変更しての走行でしたが、レジャランでは以前1度だけこの仕様で走らせたことがあります。
その時も強烈な「マキマキ」で悶絶し、結果、かなりグチャグチャなセットとなり不完全燃焼した記憶があります[たらーっ(汗)]
その時はフロントユニットが「ソリッド+ダブルカルダンユニバ」でした。
しかし今回は「ギヤデフ+ユニバ」として再チャレンジしました[ダッシュ(走り出すさま)]

何故?

フロント駆動を「ソリッド」にした場合、コーナリング中のタイヤの差動がなくなりアンダーステアになると考えるのがフツーですよね。
確かにコーナリング初期から中盤にかけてはそのような挙動を感じやすくなります。

しかし、最近のシャシーはロール特性が考慮されキャンバーやキャスター角を見直すことでアンダーを解消しやすくなっています[黒ハート]
タイヤの進化もその対策に役立っていますね[exclamation]
問題はコーナリング後半なんです。「前カキ」の力が強く働くので、出口付近はフロントタイヤを中心に車が回転し、リヤを「振り回す」のです。
その結果、リヤグリップ不足の「マキマキ」が発生するんですね~。

車種(ベルト車)や路面グリップによってはこの現象が現れず(フロントがうまく逃げてくれる)、ソリッドの方が扱いやすい場合もありますが、シャフト車であるTBくんはこのような状態に陥りやすいのではと推定~[ひらめき]
「ジャダー」を減らす「ダブルカルダン」もコーナー後半の前カキ推進力増大の一因ではないか考えました。

そこで、「ギヤデフ」「ノーマルユニバ」の登場です。
ギヤデフはコーナリング中にタイヤの差動を緩和させますから、旋回力をある程度一定にしてくれます。中に入れるオイル粘度でその力をコントロールできるところも良いですね[ぴかぴか(新しい)]
ただし、その粘度(オイル番手)の最適値を探すのは大変です。試行錯誤するのが本来の筋ですが、ここはある程度決め打ちしてセッティングしていくことにしました。
前日にフロントデフオイルを手持ちで一番固い100万番にしました。あまり柔らかいとやっぱりモーターパワーを生かし切れないと思って、。(後で痛い目に遭いましがね~。)

・・・・・・・・・・・・・・

さて、ウンチクはこの辺にしておいて、実際の走行インプレとセッティング経過を書いていきましょう[パンチ]
バッテリーを搭載してのアライメントチェック後、走り出してみたら、

「ギヤー!マキマキ!!」

でした、。
フロントデフ固すぎでした[ふらふら]
曲がるたびに「クルリンチョ!」で、まったくスロットルを開けられません。
とても1パック走ることはできないと判断しPITに戻ります。
で、

DSC_0007.JPG

フロントデフオイルを30万番に変更~[揺れるハート]
安直な手ですが、背に腹は替えられないので、。
この変更で何とかスロットルを開けて走ることができるようになりましたが、ハンドリングはナーバスそのもの、。[もうやだ~(悲しい顔)]
これ以上フロントデフを柔らかくしたくなかったので、このままリヤグリップの確保に移ります。

リバウンドストロークを増やしたら落ち着くかなと思ってで3mm→4mmに変更。結果はNG、。
リバウンドは元に戻して、リヤタイヤの面圧を高めて上げるために、スプリングを色付イエローに変更。
少しだけ良くなったのですが、まだまだです。
ロール特性を変更して踏ん張り感を出すために、アッパーアームを上げてロールポイントを見直します。
こちらも若干良くなりましたが、納得のレベルまでは程遠い~[がく~(落胆した顔)]
少しフロントを逃がしてやるつもりでフロントアッパーアーム内側に2mmのシム追加。→まだ駄目、。[ふらふら]
全体的に足を固めてみたらと思って、前後ブルースプリングに変更。→良くはなったが50点レベル[あせあせ(飛び散る汗)]
リヤダンパーの取り付け角度をいろいろいじってみたが、あまり変化せず、。[失恋]


・・・・・・・・・・・・・・・


セットの迷宮に入りそうでしたが、「次の一手」がかなりの効果を発揮しました[exclamation]
その「次の一手」とは[exclamation&question]


・・・・・・・・・・・・・


続く、。(←またかい[exclamation×2]


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -