So-net無料ブログ作成

テクニカル化したコースレイアウトに対応したセッティングです(つづき) [BLITZ]


さて、新シケインへの対応策の続きです。まずは復習~[わーい(嬉しい顔)]
Haby Papaがとった対策は、

① ブレーキングフロントダンプ量増加目的のFRダンパースプリング変更(最弱)
② ハンドリング初期でのタイヤ切れ込みを深くするためアッカーマン変更
③ ブレーキング時の車の安定性向上

でした。

話の続きは上記②の対策効果はスピードがのっている時しか得られないということです。

なぜかというと(答えは簡単で)、ゼロスタート時にはリヤタイヤの蹴り出しが強いのでフロントが浮き上がり、タイヤ接地力が弱まってしまうからです。いわゆるプッシュアンダーとなります。

よってシケインにアプローチする速度も高めで突っ込むことになり、一瞬の強ブレーキでフロントタイヤへ荷重を載せて、グイッと曲げるドライビングテクニックが必要となります。

お気づきですかね~。③の対策が必要な理由が上記のドライブ法なんです[揺れるハート]

一瞬でもハードブレーキングが必要になりますので、そこで車が暴れてしまったら元も子もないです[ダッシュ(走り出すさま)]
「ハンドルを無闇に切らない!」ことは当然で、「ガツン」と止まっても、バランスを崩すことなく真っ直ぐ止められる安定性が不可欠になります[パンチ]

Papaの場合、若干ですが「バンプイン」になるようにステアリングアームのピロボール高さをいじって対応しました。

161222 (1).JPG
161222 (2).JPG

ここは見逃しがちなポイントですが、運転を楽にするためにも「若干のバンプイン」はホント重要です[exclamation×2]

あ、逆(バンプアウト)も場合によっちゃ「有り」ですよ~[ぴかぴか(新しい)]。超ど安定な車で、「ずばっ」と曲がりたいときなんかは「バンプアウト」が良いですね!
例えば4駆なんかで低速コーナーの初期が欲しいときなどがそれに当たります[るんるん]


さて、そんなセッティング変更によりMID勢と何とか戦えるようになってきた我がBLITZくんですが、やっぱり、以前に比べたらナーバスなハンドリングです[バッド(下向き矢印)]
Kidさんの言葉を借りれば、


「Papaしか運転できないニュータイプ専用~!」


ですね~[たらーっ(汗)]。アッカーマン変更前は素直な円を描くようなコーナリングでしたが、変更後は随所で切れ込むような「カミソリコーナリング」になりました。

気を抜くと巻きまくりです[もうやだ~(悲しい顔)]
特にストレートエンドの大ジャンプ前ヘアピンは要注意なポイントになってしまった[がく~(落胆した顔)]

この日の夕方、スロットルを入れながら曲がることで「巻き」が抑えられることに気づくまではそれこそ「ピクピク」となったBLITZくんでした[ひらめき]

この走り方、周回ペースが上がります。常にスロットルを開ける攻撃的な走りになりますから当然ですよね~。


「通好みのハンドリングと走法~(笑)」

です。
まあ、実のところフロントアッパーアーム内側に入れてあるシムを抜いてキャンバー角度の変化量を大きくしてあげて、もっとグリップするフロントタイヤに変更すれば、アッカーマンをいじる必要はないかも知れません[あせあせ(飛び散る汗)]

「セッティングの引き出し」を増やす意味で挑戦した方法でもありますが、。


とまあ、タイヤチョイスが限られた場合でも、セッティングで大きくハンドリングイメージを変化させることは可能です。
B-MAX2等のシムでアッカーマンを調整できる車は、自分好みのハンドリングレスポンスを探るために、ステアリングロッドの位置をいじってみると良いですね~[るんるん]
少し面倒な調整なので、現地(サーキット)で走らせながらベストポイントを探る物好きはHaby Papaくらいしかいないかな~[バッド(下向き矢印)]
(ドリフトでも体験できるので、高2のラジ兄、やってみな!)


今回はニューレイアウトでの走行はSCだけでしたけど、次回は2WDや4WDバギーで挑戦したいと思います。
それなりにセッティング変更必要だろうな~。やっぱり「悶絶!」するかな~。

「あーーー、楽しみ!!」

じゃ、またね~。

nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 1

高2のラジ兄

セッティングアドバイスありがとうございます。
今組み立てている途中なので、完成したらやってみます。
by 高2のラジ兄 (2016-12-23 20:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0