So-net無料ブログ作成

2015年ラストの出撃はGPでした~ [GP ON]

いろいろとあった2015年が暮れようとしています。

ほんといろいろありましたね~[ふらふら]

そんな2015年のラスト出撃は久々のHOC活動参加、GP ONでした。
スカッとぶっ飛ばせるサーキット、

「グリーンパークスピードウェイ!」

でラジ納めです[揺れるハート]
気合を入れて朝8時過ぎに到着したら、かなりのGP ONフリークがすでにPITを展開スミ。
この日のHOC参加メンバーは、Alettaさん、Gakuさん、KidさんとPapaの4名でしたので、早速2台のテーブルを並んで確保させていただきました。
で、いつものようにPIT撮影~[キスマーク]

151229 (1).JPG

HOCのGPはみんなスポンジなんですけど、Papaひとりゴムタイヤで頑張っています。
なのでタイヤ作りからスタートしました。

(とは言っても、この作ったタイヤ使わななかったですけど、、。)

いつものようにKidさんと一緒のテーブルで、隣のテーブルにはAletta+Gakuチームが、

151229 (2).JPG

ザクッと置かれたV one R4 Evoが光ります。

んで、コースは、

151229 (4).JPG

冬場対策で逆回りになっていました。お立ち台から見て左奥が凍結しているんですね~。

9時半過ぎくらいから、様子見のため、Papaは以前、御殿場でAlettaさんから提供されたSweep 28R中古タイヤを使って走行スタート[exclamation]

そろそろと逆回りGPSWを周囲し始めると、

「いやー、激グリップじゃないですか!!」

噂に聞いていましたが、この時期のGPSW、素晴らしグリップ路面です[ハートたち(複数ハート)]
感激しながら、より楽しく走るため、車のセットを開始しました。

まずはより一層のリヤグリップ確保のため、リヤダンパースプリングをタミヤホワイトから京商蛍光レッドに変更。
さらに走りが良くなってご機嫌な状態に[わーい(嬉しい顔)]
そんな中、Kidさんはというと、

151229 (3).JPG

TGエンジンの慣らしを実施中~。でも、ここまでやるのが長かった!
PIT展開し始めて、受信機バッテリー充電し始めたと思ったら、タバコを何本も吸い出して、いっこうに慣らしをはじめようとしないテイタラク[ちっ(怒った顔)]

でも、この後はしっかり走ってましたけどね~。

AlettaさんはインファーノGTとR4 、GakuさんはRRRのスポンジを楽しんでましたよ[るんるん]

インファーノGT、少しやらせてもらいましたが、楽しいですね~[グッド(上向き矢印)]。楽しすぎてほしくなっちゃいそうですが、ここはグッと我慢ですな[あせあせ(飛び散る汗)]
インファーノGTまで手を出すとEP OFFやタミグラ諦めないと活動できないですからね~[バッド(下向き矢印)]

楽しく走っていたら、タイヤはこんなになっちゃいました~[たらーっ(汗)]

151229 (8).JPG

中古でしたが、ここまでになっても素晴らしくグリップしてくれたGPSWの路面、ほんとサイコーですね~[グッド(上向き矢印)]

ちょーしこいて握りまくったKidさんは、

151229 (9).JPG

フロントを大破させましたけどね~。ま、これも、

「GPの醍醐味!!!」

ですから~[わーい(嬉しい顔)]

いやー、楽しく2015年のラジ納めさせていただきました~[黒ハート]

151229 (5).JPG
151229 (6).JPG
151229 (7).JPG

「2016年もよろしくね!!」

では、よいお年を!!

新しい目標設定するかな~?! [EPオンロード]

Windows 7からWindows 10にアップロードしたら、PCの調子とPapaの調子が少し狂ってしまったので、ブログ更新遅れていました。

Win 7のままでもよかったかも、、。

ま、しばらくはWin 10でやってみます。だめなら戻そう!!

さてさて、このところオフロード三昧ですが、そろそろオンロードもって思っていたところに、

GEDC0001.JPG

こんなお知らせがTamiyaのHPに載っていますね~。
ちょっと遠いですが、夏のリベンジに出てみっかな~って思っています[わーい(嬉しい顔)]

今回はMもGTチューン+リフェがいけるのも魅力的[黒ハート]

「ん~、tet部長、一緒にどう?」

距離的に厳しいですけどね~。金曜夜から車中泊も考えなければかな~[ふらふら]
どーしよーかな~、。
週末までには決心しよっと[exclamation]

HOCのみなさん、いかが?

転ばぬ先の杖とストック仕様の薦め!! [ラジコンカー]

我が愛しのCACTUSちゃん[ハートたち(複数ハート)]、。
快調に走ってくれてセットもかなり進んできていますが、2回連続の右足骨折で途中棄権ばかりです[もうやだ~(悲しい顔)]
ホームコースのヒルトップには当然、予備パーツなど売っていませんし、頼みの相模原TamTamも品切れ気味([ふらふら])。
もう一つの大手量販店なんぞは全く相手してくれなので、メーカー直販(3Racing Net shop)しかないかな~って思っていたら、

「Amazonにあるやん!」

ってことに気付いた先週末です。
んでもって、修理用とは別に、

DSC_0002.JPG

「予備買っておきました~!」

ひとまず前後アームのみですが、後は2セット入手したので、年内は安心して遊べそうですね~[わーい(嬉しい顔)]
今のところリヤアクスルのトラブルはないので、ここの強度改善もされているみたいで良かったです。

ところで話は変わって、ヒルトップ常連のtakeさんもストック17.5T 2WDを始められました。
前回はモータートラブルで本来の性能が出せていなかったのですが、そのトラブルも解消されたようで、今度は我がB5Mくんとガチバトルができそうです。[るんるん]

このストック仕様2WDバギー、ヒルトップではあまりメジャーな存在ではないですが、かねてよりHaby Papaはお薦めしている仕様です[ダッシュ(走り出すさま)]
サーキットで1日楽しむとなると、タミヤ旧車(グラスホッパーやマイティフロッグなど)ではかなり厳しく、DTシリーズでもブラシ540モーターではかなり苦戦しますよね~[たらーっ(汗)]
かと言っていきなりブラシレスモーターでモディファイレーシングバギーを始めちゃうと、そのパワーに圧倒されて走らせるのが難しく、下手すると壊してしまします[失恋]
あまりに壊れると嫌になっちゃうので、諦めちゃったりする方も多いのではないでしょうか?
大人ならあまり握らず走らせることもできるかもしれませんが、小さな子供たちにはスロットルを絞って走らせるのは難しいですしね[がく~(落胆した顔)]~。
そんなときにこの17.5Tストック仕様はかなり良いと思います。モーターがローパワーですからギヤ比さえ低くしておけば、小さな子供でも十分遊べますし、
慣れてくればギヤ比を上げてレーシングスピードで遊べます[キスマーク]
それに、基本的にはモディファイ仕様と同じようなRC装置を使うので、将来、モーターを8.5~9.5Tあたりを積んであげれば、モディファイ化も可能です。
ストック仕様であればタミヤDTシリーズでも十分遊べますしね[グッド(上向き矢印)]~。

[ひらめき]、EPバギー初心者さんだけでなく、上級者にもいいことばっかりですよ。
先ず、上級者同士やモディファイ車とバトルするためには、かなりしっかりしたセットが必要です。
クルマの持っている最大限の性能をドライバーに合った形で引き出してあげる必要があり、トップを目指すなら、バッテリー、メカも良いものをチョイスすべきです。
細かくセットアップして、いかに運転しやすく、良く走る車にするかが問われますし、当然、運転技術もミスなく狙ったラインをトレースできる腕が必要だと思います。
それだけチャレンジし甲斐がある仕様だと思っています。
Papaはモディファイ車を走らせる時よりストック車を走らせる時の方が神経を使います。走り終わった後、「どっと」疲れるのはストックのほうですね[exclamation×2]
なので、車も敢えてB5Mをストック仕様にしている訳です。愛しのCACTUSちゃんより、やっぱり「頼りになるB5Mくん」ですからね[揺れるハート]~。

そんな奥深いストック2WDがヒルトップで流行ってくれれば良いのにと密かに思っているPapaなのでした。

そんなこんなで、ヒルトップでストックバトルに負けられないので、

DSC_0004.JPG

新品バッテリーも用意しちゃった(^ ^;)。

さあこれで、

「takeさん、勝負!!負けヘンで~!!!」

ストックもやったる[パンチ][exclamation]

では!

CACTUS ProのPapa's ヒルトップスタンダードセット [ラジコンカー]

予想以上に快走する我がカクタサン[黒ハート]。1代目で培ったノウハウを生かしつつ各部を細かく見直してあげた結果、かなり良く走るようになりました。[るんるん]
Haby Papaのセットと説明書との違いをこの辺で少しまとめておきますね~[わーい(嬉しい顔)]

先ずはメカ積み。これは既に記載済ですが、取説から少し変更しています。
取説ではMIDモーターのすぐ前にESC、バッテリー左中央に受信機のレイアウトを推奨しています。
Papa的にESCのケーブル取り回しがタイトになるのを嫌って、ステアリングサーボの後ろにESC、サーボの上に受信機をレイアウトしてあります。
これは両サイドにウェイト搭載スペースを設けてバランス調整ができるようにしたのも理由の一つです。

151204 (12).JPG

次にフロント周りですが、違いはアッパーアームの長さ。取説はCハブ側の最外穴を指定していますが、真ん中に設定し短くしています。
その代りダンパーステー側は取説通りとして、積極的に曲げるセットに振れる余裕がまだまだありますね~。
ダンパーは1.2mm×4穴+オイル350が指定されていましたが、1.3mm×4穴+オイル300の柔らかめに変更。
取付は上下とも真ん中です。

DSC_0002.JPG

アルミダンパーステーの効果ですかねえ~[あせあせ(飛び散る汗)]。この柔らかめセットでブレーキング時のフロント荷重は十分タイヤに乗ってくれているイメージで、動作の遅いサーボでも良く曲がってくれます。
ターン後半もしっかり曲がってくれているのは、やはりアルミフロントダンパーステーのおかげですかね~。
倒立振り子のような作用が働き、フロントの荷重が抜けないのでしょう。
サーボは動作速度こそ遅いですがトルクは十分あるので、ステアがしっかり保持されているのも良い結果を生み出している要因と言えるかな。
あ、セットアップシートを書いているときに気づいたのですが、ダンパーピストンの向きが違ってました~。
取説セットではテーパ―面が下向きですが、Paps’sセットは上向きです。ここでも戻りが早くなる方向ですね。

「柔らかい足が基本です~。」

んで、いろいろ試したリヤ周り~[ダッシュ(走り出すさま)]
フロントより大きな倒立振り子作用を生み出すアルミリヤダンパーステーの影響は大きいです[パンチ]
アルミシャシーの影響もあると思いますが、このダンパーステーで1代目より確実にリヤ側の重量増になっており、グリップ感を更に良好になりました。
RR車じゃないかと思われるくらいの「どっしり感」です。B-MAX2をお持ちの方に運転してもらいましたが、その違いにかなり驚かれていましたよ[exclamation×2]
反面、コーナリング後半の「ケツ振れ」は大きく、この対策がポイントでしたね。
ダンパーの取説セットでは1.4mm×4穴+オイル350ですが、たぶんこのセットですとお尻の動き出しが早すぎてしまうのではないでしょうか?
路面がバンピーでギャップからのキックバックが気になるヒルトップでは、動き出しが早く後半粘ると思われる取説セットが一般的と思われいます。
しかし、このCACTUS Proくん、動きが速いと「おつり」が残ってしまい、MID車の良いところをスポイルしてしまう感じでした。
そこで、1.2mm×4穴+オイル250なんていう少し特殊なダンパーセットになっています。
ただし、大ジャンプ後の「底尽き」が出ちゃいます。そこで、

「リヤダンパーは立て気味にセットです!」

としてしっかり仕事してもらうようにしました。

DSC_0003.JPG

さらに、リヤアッパーアーム内側高さを2.5mmほど上げて、ロールポイントを高くしています。
Papaの感覚では、これ以上高いとリヤが重たくなりすぎる感じです。まあ、リヤグリップが確保されたこの時期の印象ですから、夏場では見直す必要ありですね~。

あ、ダンパーピストンはフロントと同様です。また、ダンパーストロークもノーマル30mmに対し、27mmにしてリバウンドも見直しています[ぴかぴか(新しい)]
これは1代目のノウハウ踏襲ですね~。
これらをセットアップシートにまとめると、

CACTUS_PRO-151212001.jpg

とまあ、こんな感じですね~。フロントはリブタイヤでのセットですから、パドル系にしたらもっとアンダーに振っても良いかもしれません[キスマーク]
Papaのセットは周りから見ると「弱アンダー」or「ニュートラルステアリング」になるとおもえるので、ヒルトップのエキスパートにしてみたら、パドルが丁度良いかもです。
私はこれを基本にして、これから増えるであろう「重たい路面用」を探していこうかと思っています。
たぶん、夏場はまたガラッと変えなきゃいけないでしょうしね~[あせあせ(飛び散る汗)]

でも、CACTUS Proくん、ホントにパーツさえ安定供給されれば、超お勧めしたい1台なんですがね~。
ほぼ箱出しでここまで走ってくれるのは、アソシに匹敵するのではとおもっちゃうのですがね~。(褒め過ぎかな、。)
年末にKobaさんの意見聞いてみたいな~。

「Kobaさん、12/27はヒルトップ必ず来てね~!」

以上、業務連絡含めての報告でした。

すこし寂しい土曜ヒルトップでしたが楽しめましたよ~ [ヒルトップ]

昨日は凄く良い天気でしたね~[黒ハート]
前日の雨のちスゲーあったかい日を踏襲してか、朝方こそ曇って少し肌寒かったですが日中は上着いらずで絶好のEP OFF日和でした[るんるん]

金曜のブログで出撃予告していましたが、雨上がりの翌日ですのでみんな警戒し出足は遅いだろーなーって思いいつもよりゆっくり目のヒルトップ到着、。

コースはこんな感じでした[がく~(落胆した顔)]・・・。

151212 (2).JPG
151212 (3).JPG

雨上がりですから少し水溜りがあるのかな~って思っていたのですが、水溜りはほとんどなく枯葉がびっしりとコースを覆っていました[もうやだ~(悲しい顔)]

でも、Haby Papaはこんなことではめげません。
PITを冬場の定席に展開、

151212 (1).JPG

コースメンテからスタートです。(←毎年のことながら、落ち葉を掃き掃除~[ぴかぴか(新しい)]
ひとまずコースわきに落ち葉を掃きだして走行ラインを確保します。ついでにお店前に少しだけあった水溜り対策をして走行準備開始~[揺れるハート]

既にお分かりかと思いますが、

「今日も主役はCACTUS Pro~」

でしたね~\(^〇^)/。
相模原TamTamのおかげで、前回折れてしまったリヤ足も見事復活~。気持ちも新たにヒルトップセットを進めることができました。

タイヤチョイスはもう改めてお知らせするのもなんですが、フロントはJコン リップスグリーン固定、
リヤタイヤは、

走行開始~午前10時半ころまで  ・・・・・  HB メガバイトピンク
午前10時半~午後4時くらい    ・・・・・  PL ブロッケイドM3(ヨコモ 16Mインナー)
ラスト日没まで             ・・・・・  HB メガバイトピンク

で決まり、。
とは言っても、10時前に1パックだけPL ホールショットM3を試してみましたが、上記以上のグリップ感は得られす[失恋]、、。

やっぱり真夏以外のヒルトップはこの組み合わせが最強~っていうことを実感できましたね。
海外通販で手に入れて損なしですよ~[わーい(嬉しい顔)]

さて肝心のカクタサンのセットですが、かなり満足いけるレベルまでまとまってきました。
詳しくは恒例の別報としますが、ポイントは、

「リヤダンパー角度」

でした。
当然、走ってはセット変更を繰り返しましたが、柔らかいリヤ足を如何に粘らせるかでしたね。

あ、昨日は結局のところ総勢4名の走行でした。少しさびしい人数でしたが、みんな熱い走りをしていました。
そんな走行風景を少し紹介しましよう[exclamation]

151212 (4).JPG
151212 (5).JPG
151212 (6).JPG
151212 (7).JPG
151212 (8).JPG
151212 (9).JPG
151212 (10).JPG

快調に走っていたら、またまた、

「バギっ!!!」

と音が、、。

Papaの頭の中によぎったのがお笑い芸人、クールポコのあのフレーズ、

「なにーーー、やっちまったな~!」

151212 (18).JPG

また、右後ろ脚です[もうやだ~(悲しい顔)]、、。

「CACTUS Pro、またまたしゅーりょー(泣)」

となりました。
しゃーないので、ラスト1パック半はまたまたストックB5Mを登場させる次第。
しかし、ただでは登場させません[exclamation×2]
前回、気になったサス関連の「ガタ」をシムで取り去っての走行~[あせあせ(飛び散る汗)]
この作業、やってよかったです。
フロントのセットも少し変えて、タイヤチョイスも見直したのですが、ラスト1パック半を楽しく走れました。

あ、壊れたカクタサン、3Racingのパーツ直販で手に入れようと思ってみましたが、

151212 (19).JPG

「Amazonで発見!」

さすがAmazon、もう届きました~[揺れるハート]

・・・・・・・

気がつきました?

・・・・・・・

実は、

「アルミリヤアッパーリンケージマウント、買っちゃった!」

これ以上、リヤのウェイト増やしてどうすんだってこともありますが、リヤグリップが不足したときのセッティングツールとして使ってみたいと思っています。
なので、

「まだ搭載させませーーーん!」

しばらく温存ですね!
さあ、足直すぞー!

次回、「ヒルトップのPapa's CACTUS Proスタンダードセットはこれだ!」編ですな!

では!!!

緊急告知!京商グランプリ、不参加です(泣)、。そして明日は・・・ [ご連絡]

ホントはストックB5Mのセット変更編を予定していましたが、緊急告知です!
かねてから計画していた「京商グランプリ」の参加を見合わせることにしました。
タイヤまで準備してあったのですが、、。

「残念ですっ!」

・・・・・・・・・。

ま、「健康第一!」ってことですね。
しゃーないので、ここは気持ちを切り替えて、空き時間をつかってCACTUS ProくんとストックB5Mくんのセットを進めたいと思っています。
FY16年度のHOCの活動はスポット的な参戦かな~。タミグラが来年1月に日産グローバル本社で企画されているので、出場できるクラスがあれば出てみよっかな~っ。
でもGTツーリングクラスはないかもですね~。あってもTT縛りかもしれません。Mクラスがあれば良いのですが、。ま、EP ONはタミグラ主体ですね~。

GPはガレージR246のシリーズ戦に何戦か出てみたいと思っています。個人的には京商カップに再び挑戦したいので、GP ゴムタイヤでのレースは経験を積んでおきたいですね。
レギュも京商カップに近いし、2015年のレギュレーションが踏襲されれば、KCミディアムのコントロールタイヤなのでタイヤチョイスや在庫の悩みから解消されますしね~。

「Kidさん、一緒に出場しませんか?」

あ、スポンジGP ONにはまっちゃっているからダメかな?!

EP OFFは来年もヒルトップ中心で活動します。ONのレースに参加しない月はFRCのレースに出てみようかな~。ON/OFF問わず、1レース/月でRC活動考えてみてもいいですね!
でも、今から来年の話をしていると「鬼が笑う」ので、

「まだ未定!!」

ってことにしておこう!

ご連絡でした~。

あ、もう一つあった!

ということで、GPは少しお休みなので今週もEP OFF出撃しますよ~。

「明日、ヒルトップに出撃します!!」

日曜はお天気怪しいですからね~。土曜はヒルトップ来られる方少ないかもしれませんが、一人でもCACTUSのセットアップしちゃいますよ!

でも、ご一緒できる方がいたら、是非、一緒に走りましょ!!

ヨロシクです!!


やっぱりCACTUS ProはCACTUSと違いますね! [ラジコンカー]

やっぱりCACTUS ProはCACTUSと違いますね[るんるん]
ヒルトップでのシェイクダウンで一番最初に感じたことは、

「お尻がもの凄く振れる~!」

です。路面状態は悪くありませんでした。どちらかというと「良い」ほうです。
ここでいう「お尻の振れ」はコーナリング中のこと。とは言っても、リヤグリップはかなり感じられます。B5Mと大差ないというか、それ以上ですね~。
B-MAX2は足元にも及ばない感じ([わーい(嬉しい顔)])。(←Kidさんはじめ、B-MAX2ユーザーの皆さん、今度、機会が合えば走らせてみます[exclamation&question]
なので感覚的には「RRモーター車」に近いフィーリングです。MIDなのにですよ?!B4を思い出す挙動でした。
しかし、RRのフィーリング近いのですが、RRのフィーリングではないんです。(←当たり前ですけど[あせあせ(飛び散る汗)]
とにかく不思議な感覚でした。半パック位、お立ち台下で他の挙動も確認しながら走らせました。

その後、お立ち台に上って更に確認。

ブレーキング、立ち上がりのバランスはいいですね~。やっぱりこの時点での気になる点は、

① コーナリング出口のお尻の振れ
② ジャンプ時のヨーイング

の2点でした。
まず、お尻の触れ対策ですね~。
PITに帰って分析開始。推定原因はリヤダンパーステーかな~、。アルミ化が大きく影響している気がしてなりません。初代もどっしりしていましたが、コーナリング中の挙動はMIDそのものだったと思います。(安定して、車の中心で廻る感じ)
Proはコーナリング終盤に一気に「おつり」をもらう感じでした。特にタイトターンで顕著にその挙動が現れた気がしました[たらーっ(汗)]
となると、リヤ足を固める必要がありますが、スプリングやオイルを固くすると、ギャップの跳ねが多くなります。折角、アルミシャシーで重心が下がっているのに、足を固めて突き上げを大きくする必要はないかな~って思った次第、。
で、リヤダンパーピストンを見直してみました。

151206 (6).JPG

1.3mm×4穴→1.2mm×4穴に変更~。全体的な足の柔らかさは出来るだけそのままとして、ピストンで足の動き出しを遅くする狙いです[ひらめき]。動きが早いとロールも早く始まってしまいます。
少しでもロールするのを遅く(=上方にあるRRダンパーステーの重心移動を遅くする)したくて、1パックしか走っていないのにダンパーピストンの変更に踏み切りました[ふらふら]
ダンパーオイルは300番ままで変更していません。
2パック目、ピストン変更の効果は確かに感じられました。ただ、路面からのキックバックも強く感じられて、単にダンパーが強くなった(固くなった)気がしないでもありませんでした[バッド(下向き矢印)]
リヤの振り回しが少し改善されてくると、違うところも気になってきました。CACTUS Proくん、凄く曲がるんですね~。先週のB5Mと同じタイヤセットでしたが、曲がり方の違いがはっきり判ります。コーナー奥でフロントが良く入ります。
初期は物足りない気がするのですが、これは搭載しているサーボのせいでもあると思っています。以前、エンジンカーで使用していたPDS-2144FETなんていうものをつかっていますから、。[失恋]
トルクは十分なのですが、スピードは0.13秒/60°と遅めです。よってもっと速いサーボを使えば、初期が確保されるでしょう。
しかし、この曲がり込みの良さは初代にはなかった特性ですね~。これもアルミダンパーステーが大きく影響していると思われます。
荷重の乗りがいいんですね~。こっちはうれしい誤算でした[揺れるハート]

リヤの跳ねを解消すべく、更にリヤダンパーのセットを変更。今度はオイルを300→250にしました。結果は、

「いい感じ~。でも大ジャンプ後のシャシー底付きはなんとかしなきゃだ~、。」

てな印象、。少し柔らかすぎかもしれません。27.5番が丁度良いかもですが、手持ちがなく変更は断念。大ジャンプは飛び過ぎないように気を付けて対処しました。
まるまる1パック走らせて、もう少しロールを規制したくなったので、今度はアッパーアーム内側高さを変更。ノーマルセット0mm→+1mmに。
これもいい方向に改善されたのを確認し、もう少し高くしてみようと思った矢先、やっちまった~。

「バギッツ」

と右後ろ脚をフェンスに引っ掛けて、

151209 (1).JPG

CACTUS Proの走行終了~[もうやだ~(悲しい顔)]。消化不良で終わっちゃった。予備パーツなんぞ持っていませんでしたしね~。
その後はストックB5Mでバトルを楽しむことになりました。

・・・・・・・・

壊れたまま保管しておくのは忍びないので、ヒルトップ走行終了後、相模原Tamtam経由で帰宅。在庫最後のリヤサスアームを購入し、

151209 (3).JPG

修理完了しております。スペアのサスアームくらいは持っておかなきゃね~。フタサンにパーツがあるとの情報を入手しているので、買いに行くかだれかついでに買って来てもらうかな~。

「Kobaさんかtetさん、お願いできます?(なんちゃって~\(^〇^)/)」

しかし、CACTUSくん、やっぱり奇跡の1台ですね~。がんばって、

「打倒、アソシ&ロッシ!!」

を目指そうかな~[あせあせ(飛び散る汗)]

今日はこんなところで、。

次回は「ストックB5Mもセットいじったよ~」編です。

では!!

ヒルトップでシェイクダウン! [ヒルトップ]

昨日はスポーツ走行4人、ご家族でのマイティフロッグ走行1組とちょっと寂しいヒルトップでしたが、CACTUSシェイクダウンしてきましたよ~[るんるん]
ご一緒された方が、お疲れ様でした~[わーい(嬉しい顔)]

昨日は少し気合を入れて7時半過ぎに現地入り~。1番でした([ぴかぴか(新しい)])。
冬の定番位置、お立ち台に一番近いPITテーブルに陣取ります。(日中の日当たり抜群なんです!)

151206 (1).JPG

ホントはCACTUS一本と考えていましたが、ストックB5Mもテーブル上に出しておきました。(後にこの判断は「正解」となりました。)
で、恒例の、

「コースコンディションチェック!!」

151206 (2).JPG
151206 (3).JPG

朝方は安定した水分量ですね~。ただ、「重い路面状態」ではないので、お昼前にはカーペットが白く乾いてしまうだろうとの予想が、、。
さすがに8時前から走行するのはご近所迷惑ですので、タイヤ接着で時間を潰します。
しかしCACTUSくん、アルミシャシー、前後アルミダンパーステー、フルベア、ユニバ標準装備なのに、このAKAのタイヤ(スリーリブとインパクト)、モールドインナーまで付属してくるんですよ[exclamation]
それでいて、定価2万を切っているんですから、凄いですよね~。
初代の時もビックリですが、こうして2代目でもそのリーズナブルさは他を圧倒しています。
実はCACTUS Proの対抗馬でTAMIYA DN-01を考えたのですが、セット内容からして完全に3Racingが勝ってしまっていますよね~[パンチ]
唯一、パーツ入手性が最悪であることぐらいですかね~。少しだけ相模原TamTamにパーツが売られているのですが、ヒルトップはもとより、キットを販売しているチャンプでもパーツ販売はしていません。(←信じられないですよね~[ちっ(怒った顔)]。)
アフターパーツがしっかり入手できるなら、本格的にEP OFFをはじめる方にもお勧めしたいかな~。でもやっぱ、ダメかな~。

話を元に戻しましょう[たらーっ(汗)]
朝一発目のタイヤチョイスは言わずもがな、フロント Jコン リップスグリーン、リヤ HB メガピンです。

151206 (4).JPG
151206 (5).JPG

んで、車高、ステアリングリンケージ、キャンバーセット等、入念にチェックして、8時45分くらいにそろそろと走行開始~!
Papa’sメソッドでのシェイクダウン走行です。お立ち台下で車の挙動を確認しながら走らせました。

・・・・・・・・・

CACTUS Proのシェイクダウン状況については、別途、詳しくブログに残したいと思います。

・・・・・・・・・

[あせあせ(飛び散る汗)]

だって、書くことイッパイあるんですよ~。
それにお昼過ぎに右後ろ脚を折ってしまって中途半端になっちゃったしね~([もうやだ~(悲しい顔)])。

CACTUSシェイクダウンが強制的に終了してしまったので、その後はB5Mでチキチキバトルに挑みました。
既報の通り、我がB5Mくん、17.5Tストック仕様になっています。とりあえずギヤ比は72/36のファイナル5.2です。
このギヤ比は先代B4で経験しているので判ってはいましたが、サーキット走行する速度的にはまったく問題ないですね~。
バリバリモディファイ8.5T車には加速、トップスピード共、負けますが平均ラップではかなり勝負できます。案の定、お店前や駐車場前コーナーはしっかり握ってクリアできるので、モディファイ車をラップすることも可能でした。
ただ、振り回して曲がることができないので、これまでのセットではアンダーが強すぎ(泣)、。
これまた大きくセットを変更する必要がありました。
今回はタイヤとフロント周りのお手軽変更でしたが、ストック仕様なりのセットを模索する必要が有りそうです。

っとその前に、B5Mくんは大幅メンテが必要と思っちゃいましたけどね~。

何故かって?

・・・・・・・・

「新車のCACTUSくんに比べ、ガタが有り過ぎです!!(泣×10)」

壊れないことをいいことに、ほぼ、ノーチェックでしたからね~[たらーっ(汗)]。ところどころガタが目立ってきました。樹脂パーツ全部をリフレッシュできればいいのですが、さすがにお小遣いがありません。
各種シムでガタ取りしたいと思っています。
ま、その様子やストックB5Mのセット変更点なんかも次回以降紹介していきたいですね~[るんるん]

さて、今回も走行写真撮ってあるのでそれらを紹介して本日〆たいと思います。
次回は「CACTUS Proシェイクダウン編」でブログにしよ~っと[exclamation×2]

では!!

151206 (7).JPG
151206 (8).JPG
151206 (9).JPG
151206 (10).JPG
151206 (11).JPG
151206 (12).JPG
151206 (13).JPG
151206 (14).JPG

CUCTAS Pro製作編~ [ラジコンカー]

さて3Racing CACTUS ProがHaby PapaのEP OFF 2WDウェポンに加わったのを報告しましが、今日はその製作過程を記録していたので紹介しましょう[るんるん]

結果から話すと初期ロットとは比べものにならないくらい、スムーズに組めましたね~[わーい(嬉しい顔)]
ただ、やっぱり注意すべきところはいくつかあって、それなりに手は加えました。

先ずは説明書通りバックAから製作開始。
Proはシャシーがアルミになっているのがノーマルとの最大の違いですかね。材質もA7075と良いものが使われているみたいです。樹脂のサイドフレームとステアリングアームを組み付ければ完了ですので、あっという間です。

151204 (4).JPG

次にフロントサス周りの組み立てです。1代目(初期ロット)ではここからものすごく手を加えていった部分ですので、まず寸法チェックから実施、。[手(チョキ)]

151204 (5).JPG

さすがCACTUSくん、やっぱり寸法的にキツキツでした([もうやだ~(悲しい顔)])。とはいっても初期とはその量が全然違います。ダイヤモンドやすりで少し多めのバリ取りを実施すればスムーズな前足が出来上がります。
でも、やり過ぎ注意ですよ~。Papaはノギスで寸法を測りながら削り過ぎによるガタや、左右の寸法違いが出ないように慎重に作業すすめました。

151204 (6).JPG

で、フロントサス周りの基礎が完成[exclamation]

151204 (7).JPG

じっくりやったのでここまで1H位かかりましたね~。
CACTUS最大の弱点、FRダンパーステーがアルミ化されているのも良いかな~。強度は十分ですね。ただPapa的にはここはカーボン繊維を入れた強化樹脂かカーボンで作ってもらいたかったかな~。アルミダンパーステーですと重量物が上にあり過ぎて、余計なロールをもらっちゃいそうな気がするので。
この辺は走ってみて、ダンパーセットやアームセットを練る必要がありそうです。

フロントセクションが終わると、リヤセクション(ギヤボックスや、リヤサス関係)ですが、思った以上にサクサク作業が進みます。
ボールデフメインギヤのバリもほとんどなく、プレートの面もバッチリでした。
たっぷりのデフグリスで仕上げています。(写真撮り忘れていますけど・・・[たらーっ(汗)]
更にPro化でアイドルギヤもアルミ化されています(これも写真忘れた~[あせあせ(飛び散る汗)])。Papaは金属同士の回転にはグリスが重要と思っているので、ここもしっかりグリスアップしています、モリブデン系が理想ですかね~。仕事でよく使うギヤ用のグリスをしっかり塗って仕上げちゃいました~[揺れるハート]

リヤサスはボールコネクトですし、サスホルダーは前後アルミ化されていて、組み付け後もスームーズ!組み付けの際、しっかりネジ止め剤を使っておけばバッチリですね~。

151204 (8).JPG

ここまでトータル3時間半くらいですかね~。メンテサイクルを長くしたかったのでデフやギヤチェックはじっくりやりました。
リヤダンパーステーもアルミです。フロント同様、Papa的にはアルミよりカーボンですけどね~。

んで、この後、ユニバとリヤハブを組むとほぼシャシーは完成ですが、ここでこだわりのポイントを一つ紹介しましょう。

151204 (9).JPG

CACTUSのリヤハブは調整ポイントを増やすため、計7個のピロボールを組み付けるタップ穴があります。
これはこれでよいのですが、いかんせんハブが樹脂、、。
走行によってこの穴が壊れちゃうんですよね~。ということで、使わない(=使っていない)
穴はあらかじめセットビスで塞いでおきます。

151204 (10).JPG

これやっておくとやっておかないとでは全然耐久性が違うので、是非お勧めしたいですね[わーい(嬉しい顔)]

走行性能に大きく影響するダンパーですが、説明書通りで組むとフロント1.2mmの4つ穴でリヤ1.4mmの4つ穴としてオイルは前後とも350番です。
これは?って思ったので、前後とも1.3mmでフロント350、リヤ300で組んでみました。
1代目はフロント300、リヤ250がよかったこともあったので、アルミ化による重量増を見越しての妄想セットです。走ってみて取説セットを試すか決めたいと思います。
そしてリヤにはシャフトガード付のリテーナを入れてあります。

151204 (11).JPG

メカは取説ですとモータのすぐ前にESCを置くのですけど、バッテリーホルダーとの隙間がなく、配線がタイトになるのでサーボの後ろに置きます。
受信機もサイドフレームではなくサーボ上に。

151204 (12).JPG

これは1代目と同じ配置だったか~。サイドフレームにはロールとグリップ感を見ながらウェイトが積めるスペースをとっといてあります。今回はウェイトセッティングも引き出しの一つにしちゃいます。
あ、これはB-MAX2から学んだセッティングの方向性です。ウェイトを多少犠牲にしてもリヤグリップの確保とロール制御を模索するのもアルミシャシーのセットかなって!

151204 (13).JPG

151204 (3).JPG

ウィングとボディを切り出して完成~[揺れるハート]
とまあ、こんな感じです!さあ、基本妄想セットを明日試しますよ~[るんるん]
結果は報告しますね~。
では、また!!

EP OFFは新型ラッシュ~、。でっ! [ラジコンカー]

EP OFF 2WD新車ラッシュです。

名門ロッシからはTLR22 3.0が発表され[揺れるハート]、XRAYもXB2を発売[ハートたち(複数ハート)]、VRC、INTECHなども新型2WDを発表[グッド(上向き矢印)]
そして4WDでは高い戦闘力を発揮したHBもファン待望のD216を正式発表[exclamation]さらにそんな中、W/ChampのアソシはB5Mチャンピオンエディションを発売とブラックフライデーやクリスマス商戦を見据えたメーカーの動きに、お小遣い制のPapaはただただ羨望のまなざしのみ、、[もうやだ~(悲しい顔)]

XRAYなんぞ、いたれりつくせりの内容で、「さすがラグジュアリーカ―!ブルジョアの人しか買えません~。」って感じです[がく~(落胆した顔)]

あ~、これら買える人、「うらやまし~」です。たぶん、みんなこぞって新車ラッシュなんだろーなー[パンチ]


・・・・・・・・・・


Papa’s B5M、ストック化しちゃったしな~[ふらふら]


・・・・・・・・・・


モディファイクラス用の2WDが欲しいな~。でも高いお金だせないしな~[失恋]


・・・・・・・・・・


しかも、みんなが持っている車だとつまらんしな~[バッド(下向き矢印)]


・・・・・・・・・・


[ひらめき]、、


これは[exclamation&question]


そう[るんるん]



「新プロジェクト発動だ~!!」



題して、


151204 (1).JPG

「プロジェクト C Pro!!!」

151204 (2).JPG

Kobaさーん、勘、良すぎです!
先週のヒルトップで何気にKobaさんから、

「また、CACTASやれば~(笑)」

と言われたときは、「ドキ」ってしました。だって、既に新プロジェクトC Proを発動していたから([あせあせ(飛び散る汗)]

ということで、

151204 (3).JPG

「CACTUS Pro、発進!」

です。2代目(2台目)ですから、組立てもサクサク進み、今回はプリント済ボディ付だからあっという間に戦闘態勢完了~!

んで、

「日曜、ヒルトップでシェイクダウンだ~!!!!!」

しばらくCACTUS Proで悶絶([exclamation&question])しまーす。疲れたらストックB5Mで癒されよ~っと。
日曜、ご一緒できる方、よろしくねーーー。