So-net無料ブログ作成
検索選択

TB-04は劇的にキビキビ走るようになりました~ [EPオンロード]

今日も昼間は上着が要らないくらい清々しい1日だったですね[ぴかぴか(新しい)]

土曜のレジャラン走行インプレですが、今回はTB-04君についてです。

タミグラで大破した足回りを修理する際、OPテンコ盛りにしちゃったので、今回のレジャランでプチシェイクダウンとなりワクワク感がたまりませんでした[揺れるハート]

今回導入したOPパーツの概要は、
① 前後フルアルミサスマウント化
② アルミステアリングアームとアルミステアリングブリッジ
③ 前後カーボンダンパーステー
です。
基本的には取説セットを少しづつ好みにアレンジしていくHaby Papaですが、今回は2点ほど交換初めからいじったポイントがあります[ダッシュ(走り出すさま)]
1つはRRサスマウントRRを標準1D→1Cにしてリヤトーインを減らしてみました。
狙いは当然、

「コーナリング重視!!」

です。リヤトーインを減らすと直進性まで影響しますが、タミグラでは絶対的な速度領域が低いですので、直進性をスポイルしてもコーナリング特性を上げた方が良いと判断し変更しました[ぴかぴか(新しい)]
そしてもう一つは「アッカーマン」です。
アルミステアリングアーム関連を組み付けるには結構な分解作業が必要となります。ついでと言ってはなんですが、ステアリングブリッジ側にシムを追加して、ロッドを前に出してみました。この変更も目的は「コーナリング」です。
Papa’s TB-04君はフロントにワンウェイを入れてありますから、これらの変更でおそらく

「劇的にキビキビする!」

ことが期待できると思っていました。それらを確認すべく最初の1パックはかなりワクワクしましたね[るんるん]~。
実際に走り出して思ったのは、やはり、

「すげー反応!」

でした。フロントアッパーアームポジションがレース時と同じ最短だったのも加味しても、ステアリングの反応はかなり早くなった様です。
リヤトーインを減らした効果も確認できましたが、あまりの反応の良さで少しピーキーと感じられるときもあります。
そこで、フロントアッパーアームポジションは、Papa’s基準セットに戻しました。
この変更でピーキーさは感じられなくなりましたが、コーナリング後半の曲がり込みをもう少し強くしたいと欲もでてきて、

160319 (3).JPG

RRデフを元に戻して柔らかくします。
1レースを終えたデフですのでメンテの意味もありましたが、蹴り出し重視よりも全体的に小さく廻れることが良いですね。
車の反応が機敏であればレース中のライン取りの自由も増しますし、インに着きやすいのは大きな武器となりますしね[exclamation×2]

この変更でどんどん「曲がる車」になってきましたが、これまでの経験上、チームメンバーのtetさんあたりがPapa’s TBを運転すると、

「フツーじゃない?!」

って思われちゃうかもしれないです。
だって、リヤグリップはしっかり確保している前提ですから、、。Papaの運転でも故意にリヤを振り回そうとしない限り、お尻が流れることは全くありませんでした[パンチ]
ともすると他人から見ればまだ「アンダーな車」と思われちゃうかもしれないと思って、更に曲げるセットを模索しましたが、納得できるレベルまではなかなか・・・。
走ってはセットを繰り返していたので、あっという間に時間が過ぎ、この日はおしまい。
次回以降にセットの煮詰めを持越しでしたね~。

帰宅の途中、デフメンテのために、新しいギヤ+ケースを入手すべくチャンプに寄り道。
偶然居合わしたKidさんやチャンプで練習走行中のKobaさんとお喋りしていたら、とっぷりと日が暮れてました[たらーっ(汗)]
で、帰宅後、早速デフメンテしたら、

160319 (6).JPG
160319 (7).JPG

「ギヤ欠けしとる!」

猛省です。これじゃレースで苦戦するハズですね[ふらふら]~。

いつもなら固いデフにするところですが、今回は逆を狙ってみます。

160319 (8).JPG

デフオイルを900番で作ってみました。かなりスルスルですよ!
さてこのデフが活躍する時があるのか疑問ですが、とにかく一度は試してみたいと思っています。
さあ、4月24日のスタワン タミチャレ出場に向けて準備開始ですよ~。

あ、でも、来週はヒルトップかな?
CACTUSのリベンジもしたいですからね~。でも、GPもいいな~。
いろいろやりたいPapaでした[わーい(嬉しい顔)]
では!

レジャランでタミグラの反省走行してきました。 [EPオンロード]

サクラ開花しましたね~[るんるん]
いよいよ春です[ハートたち(複数ハート)]

さて先週土曜のタミグラ赤レンガ大会で納得いく走行ができなかったHaby Papaでしたので、レジャランで反省走行をしてきました。

雨の土曜に出撃したので混んでいるかなと思っていましたが、

160319 (1).JPG

以外に空いていましたね~。3連休初日と思いましたが、土曜だったので以外にお休みの方が少なかったのかもしれません。
で、No40のPIT席を確保して、

160319 (2).JPG

TB04くんとM05くん、いずれも練習用ボディです[ダッシュ(走り出すさま)]
LaFerrariボディは重心が高くなって、ハンドリングの練習になるんです。丁寧なステアリング操作しないとうまく走れないのですね~。
M05はライトチューン+NiCDバッテリー仕様で走らせてみました。

タミグラの反省として、車のセットを見直す目的でしたので、車はいろいろいじってみました。
TB04はリヤデフを中心に攻めたセットを模索し、M05はスタビセットをいろいろ試して充実した1日となりましたよ。
特にM05はいい感じになってきました。

TB君のセットについては別途ブログにするとして、今日は簡単にM05のセットを紹介してみます。

赤レンガではスタビレスが好印象でしたが、全体的に「もっさり」した走りで「キビキビ」感がありませんでした。特にコーナー立ち上がりでそう感じることが多く、これを何とかしたかった。
そこでスタビをRRだけ利かせて走行してみました。

Papaの感覚ではスタビレスとあまり印象が変わりません[失恋]
で、FRだけに変更して再確認。
結果は、

「なかなかいい感じ?!」

と思える結果に。
前後スタビを利かせて再確認しましたが、FRだけの時のほうがいい感じです。
デフをスルスルにスムーズにしても立ち上がりでのモタツキをスタビが助けてくれている感じです。
しかし、もっとトラクションが欲しいとおもって、フロントのバネを1段硬くしてみたり、ダンパー角度をいじってみたりしましたが、いまひとつ[たらーっ(汗)]、。
ふと、

「フロントキャンバーって何度だっけ?」

と思って、再計測してみたら、ネガティブ2度。
そこで、1度にして走行チェックしてみると、

「んー、何故いままで試さなかったのだろう?!」

と思えるくらい好印象でした[揺れるハート]
ライトチューン+NiCD仕様もパワフルで良かったですね~。次のレースにはNiCDを用意するか本気で悩んでいます。
このセットとライトチューンの仕様でレースに出てみたくなりました[パンチ]

Papaの家の近隣ではタミチャレが開催されていないので、ヤタベかスタワンのレースを狙ってみるしかないですね~。
丁度、今日、HOCラインでスタワンのタミチャレ日程を教えてもらったので、そこにターゲットを絞ってみたいと思っていますよ~。

さて、今日はここまで、。
次回はTB04編ですよ~。では!!

タミグラ横浜赤レンガ大会参戦記 決勝撃沈編? [EPオンロード]

寒暖差が激しくなってきました。今日なんか、日中はコートが不要でしたね[揺れるハート]~。
春はもうすぐです。

今日はタミグラ赤レンガ 決勝編です。
予選順通りバギー2WDからの決勝レースでしたから、Papaの出番は夕方、もうすぐ暗くなるくらいの時間でした[バッド(下向き矢印)]
結局、1日を通して気温が上がらず、お日様も全然顔を出してくれなかったので、路面温度は上がらずじまい、。予選と同じタイヤで決勝を挑むことになりました[ふらふら]

そしてMスポーツから決勝に出走開始~[るんるん]
中盤やや後方からのスタートでしたので、1コーナーの混乱をうまく避け、一気に順位を3,4番手につけたのですが、第2コーナーで例のごとく、後方からの魚雷を食らって、一気に最下位転落~。
タミグラではコーナリングでパーシャルスロットルは厳禁みたいですね~。少しスロットルを抜いて小さく廻ろうとしたところに、全力でぶつかってこられるのでたまったもんではありません。
しかも次々にぶつけられてしまうのですから、、。Papaもこのレース後半からはドライビングスタイル変化せざるをえませんでしたね~。
出来るだけ握って、コーナーはブレーキングを使うスタイルにして、
「アタリ」
に強い走らせ方で周回を重ねるようにしました。
たんたんと走ったので、順位は少し改善してレースを終了。

コースマーシャルをしながらAメインの方々の走りを見させていただきましたが、勉強になりましたね~。スムーズというよりは、
「とにかく握る!!」
といった走りで、握りながらも曲げる車つくりが重要のようでした[パンチ]

続いてGTツーリングBメイン決勝でしたが、こちらは正直論外だった、。
スタートして早々に、混乱に飲み込まれ、痛めた右サスアームが破損[あせあせ(飛び散る汗)]完全に右がロックした状態になり、コントロールがチョー難しい状態に・・・。
力ずくで曲げるしかなくなって、順位を気にするレベルではありませんでした。
ほぼすべてのコーナーをドリフト状態でクリアぜざるを得ず、結局、予選順位を一つ上げたところでタイムアップ。

車はボロボロで次の日のツーリンググランプリに出場できる状態ではありませんでした。

ただ、閉会式後の抽選会では、

160312 (25) (768x1024).jpg
Tシャツ、ゲット!!」

珍しくクジ運は良い日だったみたいで、ステッカー以外の良い記念となりました。
帰宅途中、

160312 (26) (768x1024).jpg

壊れた車を治すべく、相模原TamTamに寄り道。
R16号が大渋滞だったので、閉店間際に駆け込み、一通りのパーツを入手して、夜なべで車を修理しようとしたら、

「シャーシ割れとるやん!(T△T)」

リヤサスホルダーの付け根が割れていて、修理不可能!
結局、2日目はキャンセルになってしまいました。。

・・・・・・・・・・・・・

やっぱり、タミヤ車は「青く」してくことが必要みたいです。

レースするなら「R仕様」のキットを初めから購入する方がベターなのかな~。

・・・・・・・・・・・・

結局、

DSC_0002 (1024x768).jpg
DSC_0001.JPG

「青い地獄に落ちちゃった!」

これだけ投資したからには、今後もタミグラ出場して、少しは良い結果を出さなくちゃです!
さあ、今週末は雨だし、レジャランで練習しますよ~[わーい(嬉しい顔)][exclamation×2]

今日もちょっとですが決勝風景写真はあるので、それを紹介して話を〆ますね。

では!

160312 (17) (1024x768).jpg
160312 (18) (1024x768).jpg
160312 (19) (1024x768).jpg
160312 (20) (1024x768).jpg

タミグラ横浜赤レンガ大会参戦記 予選激闘編 [EPオンロード]

やっと寒さが和らぎましたね~。しかしまたまた「週末土日とも雨」予報~[バッド(下向き矢印)]
どうなっちゃってんの?マジ、勘弁して~[もうやだ~(悲しい顔)]

またまた週末のお天気を嘆いていても仕方がないので、本題です[exclamation]
今日はタミグラ赤レンガ 予選編です。
大会としての予選はバギー2WD,4WD→フレッシュ→M→GTの順番でした。Mスポーツには90台を超えるエントリーでたぶん大会最大の激戦区となっていたと思います。

160312 (9) (768x1024).jpg

当然、下位となれば予選落ちが考えられますので、しっかり結果を要求されました。このクラスではライトチューン+ニッカド1600とGTチューン+リフェが選べますが、同じチームでもtet部長とさときち凶速王さんがライトチューンでPapaのみGTチューンを選択してレースに挑んでいます[ぴかぴか(新しい)]
前回のタミヤサーキットではライトチューン+ニッカドが断然有利でしたが、赤レンガでは路面条件のおかげでGTチューンでもなんとか戦える状態でした[るんるん]
Papaの予選1回目はタイヤをSラジアル+スタビと完全アスファルト仕様にしてしまったしくじりで、グリップが皆無[あせあせ(飛び散る汗)]
コーナーアンダーが出まくってしまったため、ヒート下位に撃沈しました[がく~(落胆した顔)]
当然、全体でも下位に低迷~。前回タミヤサーキット大会の悪夢がよみがえりましたね~[失恋]
ただ、1ヒート目のラスト2周はタイル路面でのスロットルワークのコツみたいなものがつかめたので、次につなげる手ごたえはつかめました。

予選2回目までのインターバルの間でのチームミーティング(かっこよく書いていますが、要は「雑談!」[たらーっ(汗)])でタイヤの情報交換を実施。
やはりMラジアルが良いとのことで、タイヤ交換を実施。更に少ないグリップを有効に使う手段(スタビセット)も聞いて、車のセットを少し変えて次に臨みました。

走り方のコツ(?)とタイヤ、車セットのおかげで予選二回目は動きが改善され、他車ともバトルできるようなりました。
さすがにヒートトップは無理でしたが、タイムアップをはたし、何とか決勝Bメインに滑り込むことに成功!

いやー、前回のタミヤサーキット大会では予選落ちでしたからね~。自分としては良くできた予選結果を得られましたね~。
tet部長のタミグラ知識のおかげでもあります。

「サンキュー、tetさん!!」

続いてGTツーリングです。
さすがに4WDですので、Mよりペースは良かったですが、タイヤ問題にぶつかりました。これまで「良い」とされていた「タイプC」タイヤが全く喰ってくれませんでした[バッド(下向き矢印)]
練習走行2分間の印象ですが、Papa的には横も縦も感触が悪く、とても予選で走り切る自信が持てませんでした。
予選に入る前のチームミーティング(雑談)[ダッシュ(走り出すさま)]でPapaは「冒険」に出ることに!

160312 (10) (1024x768).jpg
タイヤを「ミディアムナローラジアル」(いわゆるタミチャレタイヤ)に変更~[るんるん]

なんとなくですが、この日の気温と路面状態からいって「タイプC」は柔らかすぎるのではと判断しました。少しでも路面温度が上がってくれればコンパウンドで喰う形ができそうですが、寒すぎてその領域まで到達できないのではと考えた次第。
コンパウンドで喰わせるスリックよりもパターンで喰わせた方が良いかなって思っちゃいました[exclamation&question]

走行前のバッテリーチェックを忘れてドタバタした予選1回目でしたが、このタイヤチョイスは正解[わーい(嬉しい顔)]だったようで、練習走行時より格段に走らせやすくなりました。
しかーーし、ストレートの伸びが他車に比べいまひとつ。
これも後に判明しましたが、モーター進角調整をしくじっていて、レギュより100以上下回った状態で走っていたのは秘密です[ふらふら]、。

おかげで他車に絡まれた後、フェンスにハードヒットして、右後ろのサスアームがホルダーから外れるといったトラブルに見舞われ、なんとかリタイヤせずに走り切りましたが、ヒート下位に沈没[パンチ]
PIT戻って修理しようとしましたが、予備パーツの入ったBOXを忘れてきていることに気が付き、チームメイトも心配してくれて代替えとなるパーツを探してくれましたが、適合するものは見つからず、。

「万事休す!」

と思われましたが、コース上に転がっていたドックボーンを何とか発見[ひらめき]3mmの両ネジとピロボールでなんとか復旧させることに成功しました。
更に前後のキャンバー角を見直しと車高を前後1mmづつ上げて予選2回目を向えました。
急造した代替えサスピンのせいか、左右の曲がり方が極端に変わってしまい、本部前最終コーナーで毎回「マキマキ」でしたが、これまたヒート上位で終えることができました。

結果、

「GTもBメインに滑り込み~」

となって予選終了しました。
しかしドタバタ予選でしたね。ムービー撮ってブログに乗せようと思っていたのですが、撮影している時間が全くなかった、。
やっぱりレース車両はケチっちゃダメなのかな~。
タミヤの車両は作りやすくするため、ノーマルですと樹脂が柔らかいのですよね~。そんな柔らかプラ部品でできたサスアームマウントですから、少し強めのショックで変形してサスピンが曲がっていないにもかかわらず抜けちゃうんですね~。
オフ車のDB-01で経験した不具合を忘れていました。サスアームマウントはMUSTでアルミ化が必要ですね~。

ドタバタした予選風をtetさんがムービー記録してくれていました。
是非ともtetさんのブログで見てやってください。
Tetさんのブログはこちら
 ↓
http://tetrc.blog.fc2.com/

ちょっとですが写真はあるので、それを紹介して今日の話を〆ます。
次回「タミグラ横浜赤レンガ大会参戦記 決勝撃沈編?」につづく。

160312 (11) (1024x768).jpg
160312 (12) (1024x768).jpg
160312 (13) (1024x768).jpg

では!

タミグラ横浜赤レンガ大会参戦記その1 [EPオンロード]

行ってきましたよ~[exclamation×2]

そう3/13,14はタミグラ横浜赤レンガ大会でした。
初日はOFF 2WD,4WDとフレッシュ、そしてHaby Papaが参加したMスポーツとGTツーリングの5クラスが開催され、翌日はツーリング、ジュニア、ダンプ、親子バギー、レーシングピックアップのレースで熱戦が繰り広げられました[揺れるハート]

当初、Papaは土日共参加予定でしたが、とあるアクシデント[失恋]で日曜はキャンセルになってしまったのをはじめに書いておきます[もうやだ~(悲しい顔)]

なので土曜のMスポーツとGTツーリングに絞ってブログにしてみます。

土曜の朝はまた早かった~[わーい(嬉しい顔)]
会場に一番近い駐車場を確保するために、4時半に起床。赤レンガには6時には到着していました[あせあせ(飛び散る汗)]
丁度タミヤスタッフの方々がコース設営の真っ最中でした。
この日は真冬の寒さが戻ってしまった生憎のお天気でしたので、少しでも風よけと思って、赤レンガ倉庫前にPITスペースを陣取り、この日ご一緒のチームメイト、さときちさんとtetさんを待ちました。
で、少しするとコースが完成~。

160312 (1) (1024x768).jpg

更にどんどん参加者が集まって、

160312 (2) (1024x768).jpg

PapaもPITテーブルを広げてマシン準備に取り掛かりました。
あ、このブログでは公開していませんでしたが、GTRボディはこんな感じで仕上がっています。
160312 (3) (1024x768).jpg

そしておなじみM05用レースボディ
160312 (4) (1024x768).jpg

PITはこんな感じでしたよ~。
160312 (5) (1024x768).jpg
160312 (6) (1024x768).jpg

そしてさときち、tet両名は隣にレジャー感覚PITを設営~[わーい(嬉しい顔)]
160312 (7) (1024x768).jpg
160312 (8) (1024x768).jpg

車検が開始されると同時に練習走行も開始~。
Papaたちは車検前に練習走行を済ませることにして、先ずはコースと路面感覚を確かめました。

・・・・・・・・・

練習走行後、

・・・・・・・・・

「全然グリップしない!」

・・・・・・・・・

「ドリドリだ~。」

・・・・・・・・・

「予想以上に苦戦するかも・・、。」

と感じてPITに戻ってきたのを記憶しています。

そう、波乱の幕開けでしたーーーっ[exclamation&question]

つづく、、

久しぶりのヒルトップ。4駆、これまた納得いかん!編 [ヒルトップ]

もうすぐ春かな~。今日あたりからは暖かい日が続くみたいですが、「日曜はまた雨」予報~[バッド(下向き矢印)]

お天気さん、どうせならウィークデーが崩れてくださいよ~。日曜の雨はマジ、勘弁して~[もうやだ~(悲しい顔)]


週末のお天気を嘆いていても仕方がないので、本題です!

先週土曜ヒルトップ走行で2駆同様、「納得いかなかった」だったB44.3君。

曲り方は申し分ないのですが、ジャンプした後の跳ね返りが、。



この日のタイヤは前後、ホールショットM3(前後共モールドインナー)でした。全体的なグリップが高い4駆では特に不満はありませんでした[キスマーク]

まあ、もう少しリヤがどっしりしたグリップでも良いですが、コントロールできないレベルではないので、「良し」としていいレベルでしたね~。



この日ご一緒したKidさんのB-MAX4やTakeさんのZX5 FSとチキチキバトルしたのですが、コーナリングはアドバンテージがあったと思います。

しかし、安定感がイマイチ、、。特に小ジャンプ後、車が落ち着かないこと極まりない[たらーっ(汗)]

Papaに限らず、ジャンプ着地は「ストっ」って感じでヤンワリと車が動いてくれるのが理想でしょう。

まあ、車速をかなり落とせばそんな感じで走れますが、バトルとなればそれなりのスピードが出ていますので多少は車が跳ねても仕方がないのかもしれません。

しかーーし、ヒルトップの小ジャンプは飛んだあと直ぐにコーナリング姿勢に移らなければならないところにあるので、着地後の「跳ね」は致命的[ふらふら]

B44.3君はドタバタしまくって、とてもスムーズに走ってくれているとは言えず、。

そんな走りですから、他車と接触してフロントサスアームを折るといったことになったし。



160228 (7).JPG



あまりにドタバタするので、モーターパワーも落としたくなって、



160228 (6).JPG



急遽7.5T→8.5Tに変更~[るんるん]

それでもあまりドタバタは収まらず、「モヤモヤ」しながら走行終了となりました[がく~(落胆した顔)]

CACTUSくんのセット変更が忙しくて、B44.3くんまで手が回らなかったのも事実ですが、こんな動きしているようじゃダメっすね~。

お立ち台下からの挙動チェックではフロント側はそれなりの動きをしてくれていたので、リヤ側を根本的に見直す必要が有りそうです。

具体的には、



① リヤダンパーセットをアソシ1.6mm×2穴→ヨコモ1.3mm×4穴でオイル300にしてみる。

② スプリングはタミヤ レッド→ アソシ グリーンorブラックに変更

③ 上記、セットでロール過多だったらリヤバルク側シムを全て抜く

④ それでもダメならダンパーを立てる

⑤ 更に必要であればリバウンドを伸ばす



といった「変更」をしてみたいですね。あ、もしかしたらモールドインナータイヤも影響しているかもしれませんから、HBメガピンにリヤタイヤを戻してみるのも手かもしれませんね~[ひらめき]

これらの変更してみて、リヤが落ち着いてきたら、フロントを併せていく感じかな。「曲り方」をスポイルしたくないので、リヤのアッパーアーム長さを1段短くした方が良いかもしれませんね~。

1日とは言わず半日くらいはみっちりセットが必要かな~。まあ、いつも同じセットで走っちゃうとつまらないし、路面や季節によってセットを変更していくのがEPバギーのだいご味ですね。

それではちょっとですがTakeさんZX5 FSのムービーがあるので、それを紹介して今日の話を〆ます。



あ、今週末はEP ONの最終調整のつもりですよ~!

今週は土曜出撃は難しいので、日曜レジャランかな?

では!

久しぶりのヒルトップ。2駆、四苦八苦編 [ヒルトップ]

年度末です、。日本企業特有かもしれませんが、「仕事のまとめ」と「振り返り」で忙しくなりますね~[ふらふら]
あ、さらに花粉も飛ぶ時期になりました。とはいってもHaby Papaは花粉症ではございません。
ヒルトップ名物の杉の木近くでも、まーーーーったく問題なく、くしゃみすら出ません(\(^▽^)/)

つまらない自慢してもしゃーないので、本題です!
先週土曜ヒルトップ走行でも「いまひとつ」だったCACTUSちゃん[バッド(下向き矢印)]
現場で実施したセットアップを振り返りながら、次の走行時の対策を練ってみたいと思います。

ESC変更と共に実施したレイアウト変更の影響はどうだったかというと、正直、あまり大きな変化は感じられませんでした[たらーっ(汗)]
ほんの少しだけ高速コーナーの挙動が「RR車のような感じ」が深まったかな~って思えるくらいで、劇的なRR荷重の増加は感じられず、。
この日最初のタイヤチョイスは、FR PLスクラブスM3、RR PLブロッケイドM3でしたが、半パックで車を回収する羽目に、。
フロントが喰い過ぎる上に白カーペット上でのリヤグリップが皆無でした[もうやだ~(悲しい顔)]
早々にフロントをAKA 3リブ、リヤをPL スクエアファジーR3に変更~。フロントピーキーは改善されましたが、リヤのグリップはあまり良くありません[パンチ]
かなりカーペットが乾いていましたし、大ジャンプ後のヘアピンも乾燥していたので、夏用タイヤのロッシ X2000ピンクを持ち出しましたが、これもダメ[ちっ(怒った顔)]
Kidさん情報でPL ホールショットM3もダメとのことでしたので、もしやと思って、Papaはめったに使用しないAKAのインパクト ソフトに交換~。
12月頃のHBメガピンやPLブロッケイドM3に比べちゃいけないのかもしれませんが、ようやく走れるグリップが確保できました。
結局、

160228 (8).JPG

こんな感じにタイヤチョイスの迷宮に入り込み、本格的なESCセットと車のセッテイング変更はお昼頃から始める羽目に、。
この日の走行が終わるころに気づきましたが、このところのヒルトップは路面温度が低く、スーパーソフトやM4くらいのコンパウンドタイヤが良いみたいです[ダッシュ(走り出すさま)]
これは以前、Alettaさんも言っていましたが、オフも路面温度を気にするべきみたいです。特にカサカサのカーペットが多いのでパターンというよりタイヤの柔らかさがグリップにつながる気がします。
昨年12月ころはまだ暖かい日が続いていましたし、夕方は水分が上がってきたのでゴム質でグリップが確保されていたのでしょう。
この日も風があり、決して路面温度は高くなかったと思います。
PL Tazer M4あたりを使うとバッチリとグリップしてくれる気がしています[ぴかぴか(新しい)]

使えるタイヤが分ったところで、前述したESC絡みの悶絶を解消すべく、先ずはESC設定を変更しました。
とにかく直ぐにブレーキに入るのを嫌って、ニュートラルレンジをナロー6からワイド12に変更。
それでもフィーリング改善されずドラグ及イニシャルブレーキを0→25%へ。この変更は極力ブレーキを使用しないドライビングスタイルにすることで、唐突なバック動作を防止する目的でした。そして更にMAXブレーキも50→37.5%まで落としちゃいました。
この変更で、当然、「曲がる車」にしていかないとラップが稼げません。そこで、

160228 (25).JPG

フロントアッパーアームセットを変更。タイヤ側を内側にしてアーム長さを短くします。更にダンパーステー側のシムも2→0mmとして1段、積極的に「曲げる」セットにしてみました。
更に、リヤ側も同様にタイヤ側を内側にして、2mm高くしています。

160228 (24).JPG

リヤのキャンバー変化を早くすりことで、ロールを誘発させやすくする目的です。このためリヤダンパーも一段寝かせてみました。
この変更で少しのブレーキングをきっかけに車がハンドルを切った分だけ曲がってくるようになりましたが、この日のTakeさんアルティマRB5(RR仕様)を追いかけるのが精いっぱいでした。余裕をもってチキチキバトルできるといった状態ではありませんでしたね~。
やっぱりESCのバックをキャンセルして、ある程度ブレーキが使えた方がよいですかね~。まあ、路面温度が上がってくれば、グリップを期待できるタイヤがあるので、もう少しESCのセットと一緒に車を変えてみようかな~。

151212 (19).JPG

こいつを投入する必要もあるのかな?!

そう、
「アルミアッパーリンケージマウント!」

まあ、こうして「悶絶する」つもりで購入したCACTUSくんですので、目的は達成しつつあるのかもしれません。
次回はもっと大きくセットを変えてみるつもりです。あ、セットアップシートは納得いった結果を得てからまとめますので、今日はお預けですね~[わーい(嬉しい顔)]
それでは!(「4駆、これまた納得いかん!編」に続く!!)