So-net無料ブログ作成
検索選択

CACTUS New BODY!! [ラジコンカー]

どーーも、

週末はお天気何とか持ちましたね~[揺れるハート]。Haby Papa自宅付近は日曜夕方に霧雨になりそうな雰囲気でしたが、夜まで何とか持ってくれたようです。
日曜ヒルトップに出撃された方々には直射日光にさらされる時間が少なくて良かったのではと思います。

さて週末のサーキット出撃は控えて自宅でゆっくり静養していたPapaですが、昼寝の合間に([わーい(嬉しい顔)])キムキムさんからご提供いただきましたCACTUS純正ボディの塗装をしていました[るんるん]
最近では市場に出回っていない貴重な純正ボディです。塗装ムラや使っていて剥げてくるなんてことがないように、オフ用ボディではあまりやっていなかった下地処理(ボディ塗装面をサンドペーパーで荒らしておく)を実施[ぴかぴか(新しい)]

ボディと一緒にお風呂に入って、念入りに洗います[あせあせ(飛び散る汗)]

いつも変わり映えしませんが、塗り分けを下書きして、

CACTUS160620 (1).JPG

マスキング完了~[グッド(上向き矢印)]

赤⇒シルバー⇒黒とそれぞれ3回づつ塗装して、塗装だけで1日仕事になりますね[exclamation×2]

で、ステッカーチューンまで完了し、在庫で持っていたリヤウイングもREDに仕上げて、

CACTUS160620 (2).JPG

完成~!!!

なかなか良いんじゃないですかね~。これならCACTUSくんを走らせていても、Papaってことがすぐわかりますね!

「Kobaさん、T港さん、これらな文句ないでしょう~(笑)!」

これまではKIT付属のプリントボディでしたから、コソッと後ろから近づいてインを刺す走りもできましたが、これからは後を走っているとバレチャウナ~[ダッシュ(走り出すさま)]
ま、しゃーないかーー、。


ということで、今後、CACTUSくんはこのボディで出撃します[揺れるハート]
来週は出撃できるかな~。
出撃できるにしてもOFFかな?GPSWでGP ONもやりたくなっていますから、HOCメンバーとも相談しなきゃね?!

Haby Papaが考えるヒルトップ RR仕様の2駆セットって?!(その2) [EP OFFセッティング]

どーも、どーも、

今日は暑くてエアコン使っちゃいましたよ[exclamation]
なんか水不足が深刻化しそうですし、夏本番が心配されちゃいますね~[バッド(下向き矢印)]

さて、RRモータ仕様の妄想セッティングその2です。
B-MAX2 RRモータ仕様を考えてみます。

とは言っても、B4の基本セットとあまり変わらないかな~。
以前のセッティングシートを見つけてみましたが、ダンパーセットはあまり変わり映えしていませんでした。

そのセッティングシートがこちら ↓

BMAX2_140125.jpg

季節が真冬なのでオイルが少し硬いくらいですね~。
だけど今思っても、このセットで完成したとは考えられません。
なんかしっくりいかない感じを強く印象に残っているんです。
たぶん、

「フロントガルサスアーム!!!」

が大きく影響している気がするんですよね~。
Haby Papa's B5Mはいまだにフロントガルサスアームでよく走るんですけど、B-MAX2は、、[ふらふら]

たぶんですけど、B-MAX2(特にVer2以降)はフロントガルアームとシャーシの硬さがトータルバランスを微妙に崩してしまっているじゃないかな~[バッド(下向き矢印)]
HamaさんのYZ足のB-MAX2は恐ろしいくらい走りましたから、そんな感じがしています。

言い換えれば、フロントガルサスアーム用のセッティングが決まればRR仕様は良い感じにまとまると思っています。
となると[ひらめき]、どこを攻めるべきか考えてみると、

「フロントダンパーピストン!」

かな~。
ガルアームはフロントに加わったキックバックがダイレクトに伝わらない(一歩遅れてくる?)ために今一つフィーリングが・・・。
ダンパーピストンをテーパーピストンにして「強い引きダンパー」で仕上げたら、一皮むけた走りになるかもです。

B-MAX2でダンパーピストンの違いだけを比較するテストしてみたいな~。誰かやらせてくれないかな~。

「Kidさん、B-MAX2はRRに仕様変更しない?」

あ、高2のラジ兄はやってくれることを信じて、今日は〆ますね~。

では!

Haby Papaが考えるヒルトップ RR仕様の2駆セットって?!(その1) [EP OFFセッティング]

どーーも、

頼まれていませんが([あせあせ(飛び散る汗)])、我がEPオフロード ホームサーキットのヒルトップでRR仕様の2駆用セッティングを再考察したいと思います[揺れるハート]
とはいってもPapaが以前走行させていたアソシB4やヨコモB-MAX2 RR仕様を中心とした妄想ですので、最近のヒルトップRRブーム車 京商アルティマRB5にそのままあてはまるかどうかは定かではありません[exclamation&question]
ま、今回はB4を想定して妄想セットを考えてみます[るんるん]

RR2WD名車中の名車、アソシRC10B4で本格EPオフロードデビューしたPapaですが、この車でかなりのセッティングノウハウを学ばせていただきました。
B4って、(悪く言えば、)なんもしなくても良く走る車で、セットのハズレが少ないのが特徴でしたね~。しかし、ほんの少しの変化でも、ちゃんと結果を答えてくれる車でもあったのも事実です。
いまでも(MID車でも)重要なセッティングのポイントと言えますが、次の5つ

① 前後のダンパースプリング
② ダンパーオイル固さ
アッパーアーム長さ
④ ロールポイント
⑤ ボディ形状

を中心にいじっていけば、自分好みの車に近づいてくれますよね~[わーい(嬉しい顔)]
ただ、やみくもにこれらをいじっていくと、セッティングの迷宮に迷い込んでしまうので、いくつかのポイントは固定して考えるのが良いと思っています。
特に、RR車では①前後スプリングと②ダンパーオイル固さは次の状態を基本に考えて良いかと、、。

フロントはスタンダードボアorビックボアに関わらずスプリングはアソシブラウンで決まり!オイルは通年30番、夏場のみ35番で。
リヤもスタンダードorビックボアに関わらずスプリングはブラック基本。グリップが良い時はシルバー(ホワイト)に変更。オイルは25~27.5、30番を気温で決める。

RR 2駆はその武器であるリヤトラクションのためにアンダー傾向になりがちですよね。特に夏路面では顕著にアンダーステアが現れ、タイトターンは苦しくなります[バッド(下向き矢印)]
それを補うために、ブレーキングターンをしたりしますが、これは諸刃の剣、。失敗すると大きなタイムロスです。
曲がるようにするためにはグリップするタイヤチョイスっていう手もありますけど、リブタイヤでも思い通りに曲がってくれるのが理想~。
そのためにはフロントに如何にして荷重移動させてあげるかが勝負でしょう!
そうなると、おのずとスプリングは柔らかくセットして、ノーズダンプ速度コントロールはオイル固さで対応するって考えです[ぴかぴか(新しい)]
ヒルトップでバリバリ走らせていた諸先輩方のアドバイス そのまんまですが、数ある柔らかスプリングの中でもアソシブラウンが一番しっくりくる固さでした[ハートたち(複数ハート)]
このフロントスプリングに合せるリヤの固さが上記のチョイスなんですね~。特にビックボアになってから、いろいろなメーカーのスプリングを試しましたが、アソシブラックとホワイトに勝るものは見つけられませんでした。
ヒルトップでRRを走らせるなら、絶対、持っていて損しないと思います。

次に重要なのが、


・・・・・・・・・


「ボディ!」


と考えます!!

RR 2駆はボディ形状でその走りが全く変わります。
これも以前、B4でテストしましたが、フォーワードキャビンのボディとバックワードキャビンの運動性能の違いは思っている以上に大きいです!

20131118 (4).JPG

20131118 (6).JPG

上の写真も当時考察した空気の流れですが、ボディはダンパースプリングと同じようにセッティングツールと考えられます。
今のヒルトップRR軍団の方々、嘘だと思うかもしれませんが、是非ともフォーワードキャビンボディを試してみてください。目から鱗が落ちますよ~([わーい(嬉しい顔)])。


さて、残りの③ アッパーアーム長さ、④ロールポイントは 「セッティングの調味料」といえると思います。
アッパーアーム長さはフロント側で変化させると顕著にその違いを感じられますし、リヤアッパーアーム内側高さをいじることで、グリップ感の違いが変わってきます。
走りながらその都度調整して、その日のベストを探るのが

「セッティングの醍醐味!!」

って思うのですけど、、。
このところのヒルトップメンバー、この辺を細かくいじっている人少ないって思います[ふらふら]。走行バッテリーパック数を稼ぐのも良いですが、走らせ難いマシンでは辛くないですか?
余計なお世話ですし、各人の自由ですけど、RR車は少しセットいじるだけでも、走りは大きく変わると思いますよ。バッテリー充電している間にできるんだけどな~。


さて、B4だったらこのセットがこれからの時期っていうのが、

B4_130504.jpg

これかな~。
ま、だれか試してみてください。

次回は 高2のラジ兄 くんのためにB-MAX2 RRについて妄想を膨らませてみたいと思います。

B-MAX2のセットについてはHOCのtet名誉部長にも意見を聞く必要がありそうですけど、。
特にB4とフロントサスアームの違いを技術的に解説(補足)が必要かもしれません。

ということで、tetさん、ストレートアームとガルアームの違いを解説よろしく!
(最近、空モノついているから、この辺で陸にも興味を戻してもらわねばね~[わーい(嬉しい顔)]



では、またね!

新しいセットの「引き出し」をテストしてみました [EP OFFセッティング]

今日は「大作」ですよ~。最後までよろしく!!

さて、前回の日曜ヒルトップではアソシ2駆、4駆で新たな試みを模索してみました[るんるん]
下準備が2駆デフメンテだけでしたので、走行までに時間がかかりましたが、テスト結果データは満足できるものが得られたと思っています[揺れるハート]

先ずは4駆のテストから書いてみましょう。
かなり久しぶりにB44.3くんを走らせたのですが、前回の走行時、「足回りのセットが合っていない!」と強く印象に残っていました。
約1年前にみんなでバリバリ4駆バトル(いわゆる「4駆祭り」)をしていた時は、コースメンテにも励み、カサカサ路面ではありましたがギャップの少ないコース状態でした。
そんなこんなで、周回スピードも高いレベルでしたので、おのずと足回りのセットも「固め」になっていました。
しかし現在のヒルトップ路面はギャップも増え、「固い足」では車が落ち着いてくれません[バッド(下向き矢印)]
かと言って、スプリングを柔らかくしても反応が鈍く、大ジャンプ後のタイトターンでプッシュアンダーを感じる状態、、。

そこで、ダンパーセットをこれまでやってこなかった方法で試してみました[ひらめき]
アソシ車は今まではオイル固さとピストン穴径の変化がリニアに感じられる平面ピストンを愛用していましたが、今回テーパ―ピストンにチャレンジしてみました。

GEDC0001.JPG

ヨコモのテーパ―ピストンを使って、フロント用には2番を「伸び」重視で、リヤは3番「縮み」重視で組み立てて、ダンパーストロークも前後共これまでより0.5mm伸ばしてみました。
オイルはフロントYR325(300と350のブレンド)相当(?)とリヤYR300として、スプリングはFRアソシグリーン、RRアソシブラックです。
車高を前後21mm、タイヤは前PLホールショットM3、後ロッシX3000REDでコースイン。

リヤタイヤが路面に合っていなかったようで、前勝ち状態でしたが車の挙動がつかみやすく、ハンドルだけでなくスロットルでもコーナリングコントロールできました。
リヤタイヤをPLホールショットM3に変更したら、前後バランスもよくなり周回ペースもアップ。
かなり「ご機嫌な走り」ができるようになりました[わーい(嬉しい顔)]

ちなみに今回のダンパーセットは予備で持っていたダンパーで組んでみたので、以前のセットも試してみましたが、断然今回セットがよかったです[ぴかぴか(新しい)]
テーパ―ピストンダンパーは状態管理が難しいですが、かなり武器になりうることが判りました。


次に2駆です。
4駆と同じくダンパーメンテしてからの走行でしたが、セットの変更はしていません。
で、今回のテストは、

「RRショートアッパーアーム!」

です。
今まではRRアッパーアームは「挙動の安定化」を狙って「長め」が基本で、ロールセンターを上げてのセットが基本でした。
しかし4駆同様、路面変化に追従できていない気がしていて、より「動く足」の必要性を感じていました。
特に駐車場からお立ち台までにコーナーは車の「バタつき」がタイムロスとなっていて、このポイントが攻略できれば、バトルで更に優位に立てます。
(Haby Papaは「お店前コーナー」で他車とのアドバンテージを強く感じていますけどね[exclamation]

そこで思いついたのが、「RRショートアッパーアーム」です。
オンロードではショートサスアーム化で運動性を上げ、コーナリング特性の向上効果が得られますが、オフロードではどうなるのか試してみたくなりました。

先ずはタイヤ側外側+マウント側内側で内側高さ3mmの(いつもの)セットで走行~。
まあ、いつもの挙動でしたね~。決して悪くはありませんが、駐車場前は「バタバタ」します。
そこで、

GEDC0002.JPG

タイヤ側内側+マウント側外側、内側高さ2.5mmに変更~。
そのインプレは、

「んーー、良く足が動くね~。駐車場前は良いんじゃない!」

って感じ。ギャップで車が持って行かれる感じが少なくなり、スロットルを開けられます。S字ジャンプまでの車速が上がったので、飛び過ぎてお店前コーナーアプローチが苦しくなってしまうくらいでした。
ところがお店前コーナーはすこし「巻き」やすくなちゃったかな~[バッド(下向き矢印)]。ロールポイントを上げて対策すべく内側シムを3mm→3.5mmと少しづつ変えてみましたが、最初の2.5mmがもっとも挙動がつかみやすかったです。
お店前コーナーはこの日最もグリップ感が良かったブロッケイドM3にタイヤチェンジしたら、まあまあ良くなったので「良し」としちゃいました[あせあせ(飛び散る汗)]

マシンを高2のラジ兄に託して、動きを確認しましたが、全体的に良くなってきたと感じています。
その時のムービーがこちら ↓



高2のラジ兄、初めて([exclamation&question])の2駆にしては良く走ってましたね~。ホント、腕もいいですね~。今度、B-MAX2でレーシング2WDデビュー予定ですけど、かなり手ごわい好敵手になりそうですね[ダッシュ(走り出すさま)]
そうそうB-MAX2は最初、RRで慣れることをお勧めしました。夏場はMIDですとリヤグリップの薄さに悶絶しますからねー。RRでスピードとレーシングバギーセッティングに慣れたらMIDに変更したりすれば良いと思います。判らないことがあったら、周りにドシドシ相談してくださいね~[るんるん]


さて、我がB5Mくん、あとはリヤキャンバーとダンパー取り付け角度で更に味付けして、少しだけリヤウェイト積んであげれば良いかな~って考えています。
4駆はリヤデフをメンテして少し固めのセットを考えていますよ~。

まあ、K1さんからもらった秘蔵のPLホールショットM2を履いてチキチキバトルに参加すれば、RRモーター軍団も「ひとひねり」なんですけど!([わーい(嬉しい顔)]

とまあ、やっぱりアソシは良く走ることを再実感した1日でした!

次回、これまで紹介したB4やB-MAX2 RR仕様のセッテイングを振り返ってみたいと思います。最近のヒルトップRRブームに役立てられたらいいかな?!
リクエストがあれば、セッティングシートも再掲載しよっかな?

ヒルトップRR軍団の方々、再掲載して欲しい?

日曜ヒルトップ、RB5軍団襲来!desu [ヒルトップ]

この土日は関東地方ではお天気に恵まれて良かったですね!
タミヤ掛川サーキットではリニューアル記念タミヤグランプリが、FRCでは月例レースも開催されてヒルトップゆかりの猛者が活躍されました。
HOCさときちさんは完全アウェイの中、タミグラGT3 Aメイン進出達成お見事です[ぴかぴか(新しい)]
次回のタミグラではHaby Papaも負けてられないですね~。

さて、当のPapaは前日夜の予告通り、ヒルトップに出撃してきましたのでその様子をアップします[るんるん]

昨日は少し気合を入れて起床し、朝、7時半過ぎにはヒルトップ現地入りしたのですが、、。

既に4名到着してお店前ピットは満席状態[exclamation&question]
皆さん、ハヤイネー。

何とかお立ち台前席を確保して、

160612 (1).JPG

アソシの2台を準備します。
そうです!久々のB5M君とB44.3君の出撃で、双方とも2016夏セットを模索します([わーい(嬉しい顔)])。
なので、ダンパーメンテ及びセッティング変更から開始したPapaなのでした[ふらふら]

単にオイル交換だけでなく、Oリング及びピストン、ストロークまで再調整したので、2台のダンパーセットをするまでかなりの時間を消費しちゃいました[もうやだ~(悲しい顔)]

今回もかなり乾いた路面のヒルトップ、

160612 (2).JPG
160612 (3).JPG

そんな路面でも皆さんチャッチャト準備してバリバリ走らせている中、黙々と作業し続け、車高やアライメント調整完了したのが10時半くらいでした[がく~(落胆した顔)]
ま、久々にヒルトップでご一緒することになったHamaさんは、

160612 (4).JPG

1パック目、トリム調整時点で、しっかり車を壊してくれていたのでPapaと同じくらいの実質走行スタートだったけどね~([わーい(嬉しい顔)])。
(しかし、昨日のHamaさん、笑いの神が舞い降りていたようで、要所要所で笑させてもらいました!!)

んでもって、昨日のヒルトップ、最近では考えられないような台数のRB5が走るサーキットと化していました。

なんせ、

「2WD出走50%がRB5!」

となってましたからね~。

昨今のEPバギーはMIDが主流ですよねー。既報のようにHaby PapaはB5M、Kidさん B-MAX2、Hamaさん KF2とMIDでしたが、他のメンバーはRR車、しかもRR車5台中4台がRB5でした[パンチ]
ちょっと前のヒルトップは同じ車種の2WDを探すのが一苦労なサーキットでしたが、昨日はRB5が主流となる事態に発展[あせあせ(飛び散る汗)]
ここにきての大人気車種になってしまっています。
ヒルトップのTeam CACUTSだったキムキムさんでさえRB5に手を出すことに、、。

あ、そういえばキムキムさん、

「CACTUSボディ、サンキューでーす。」

今度、CACTUSくんの出撃時はウル○ラカラーボディをお見せしますね~。


・・・・・・・・・・


話を元に戻してっと、

フォーワードキャビンじゃないボディを搭載したRB5が4台も走っている姿を目撃すると、

「7,8年前にタイムスリップ?」

って感じちゃいますね。しかも結構、「速い」からビックリです[ダッシュ(走り出すさま)]
しっかりセットが出れば、かなり手ごわい軍団になりそうな予感?!

「今のうちに出る芽を摘んでおかねば!」

と思い、真面目にチキチキバトルしたHaby Papaでした~。

さて、Papaの2台の調子はどうだったかというと、

「予定通りのテスト結果を得られました!」

詳細は例のごとく、次回以降に持ち越しますが([たらーっ(汗)])、2WD、4WDともテストは順調に実施でき、予想通りに結果が得られました。
昨日のテスト結果を基に、細かいところを煮詰めていけば、

「2016ヒルトップ用Papaセット」

も完成できそうです。
特に2WDはヒルトップルーキー、RAGE使いの「高2のラジコン」に操縦してもらい、挙動を客観的に観測できたので得るものが多かったです。
その様子は次回のブログにてムービーで紹介します。
ルーキー、高2ラジ兄いはEPレーシング2WDバギー初体験だったんじゃないかな~。
それでもかなりのペースで周回させていましたから、腕もさることながらマシンも良かったのではと自負しています[揺れるハート]

さて、我が2駆、4駆マシンのセッティングについては次回紹介するとして、走行風景写真を少し掲載して〆ましょう。

では!
160612 (5).JPG
160612 (6).JPG
160612 (7).JPG
160612 (8).JPG
160612 (9).JPG
160612 (10).JPG
160612 (11).JPG

1週遅れましたが、ヒルトップでテストです [ご連絡]

ご連絡でーす。

埼玉の若林モケイで開催されるタミチャレに挑戦しようか迷っていましたが、キムキムさんにヒルトップに誘われてしまったので、

「ヒルトップ、出撃します!」

です。

で、久々に、

160611.JPG

アソシで出走します。

目的は1週遅れの「RR足」テストです。
最終目標は、

「駐車場前コーナーの攻略!!」

です。
荒れた路面での滑らかなRR足の動きを出してみたいと思います。

あ、4WDもやりますよ!
ダンパーセットを見直してみたいと思っています。

ご一緒される方、

「マジ、真剣に走らせますので、夜・露・死・苦 \(^○^)/」

結局、レジャランEP ONでした~(その2) [厚木レジャーランドサーキット]

さて、関東で梅雨入りした日曜日[バッド(下向き矢印)]、新カーペット路面でのMシャーシジャダー問題の現状解決策を棚上げしてツーリングの走行に移ったHaby Papaですが、走行開始直後、メカトラブルに見舞われてしまいました[もうやだ~(悲しい顔)]

PITテーブル上ではモーターも回転しステアリング操作もきくのですが、コースインした途端、ステアリングが動かなくなったり、ESCがエラーを出したりでまともに動いてくれませんでした[失恋]
モーターとESCのセットアップを繰り返したり、送受信機のバインドをやり直したり、サーボのコネクター接触状態を確認したりしてもコースインした途端に再発、。

PITテーブル上は全く問題ないんです。コースインするとダメ[がく~(落胆した顔)]・・・・、。

少し焦りながら[あせあせ(飛び散る汗)]、悶絶すること1Hくらい。試しにボディをつけないでコースインしてみると、

「お、ちゃんと動く!!」

で、ボディを再度つけてコースインすると、

「あれ、ダメだ、。」

といった具合。
じーっとマシンを観察して、あることに気が付きました。

「もしかしてセンサーケーブルが悪さしている?」

試しにセンサーケーブルを交換してみると、

「あーーっ、ちゃんと動くじゃん!!」

どうやらセンサーケーブルが半断線していて、その影響がBNC電源にもいってしまいサーボの動きまで影響したみたいです[パンチ]
モーターが動かないだけなら直ぐ解かったことですが、サーボにまで影響したため、この不具合を発見するのに時間を有してしまいまいました[たらーっ(汗)]

問題解決したら、走りまくります[わーい(嬉しい顔)]。かなり使い込んだタミチャレ指定タイヤで走ったのですが、

160605 (6).JPG

とどめを刺すくらいに([たらーっ(汗)])。
こんな状態でも走行後を触ってみると、「ねちゃっ」とした感触でしたので結構走れちゃいましたね~[揺れるハート]
喰わない時は全くダメですが、この日は良かったみたいです。
このタイヤで走れると懐にやさしいんですよね~。オトーサンのお財布事情を助けてくれるタイヤなので、できればこれで走りたいです[るんるん]
ま、タミグラベースのギヤ比とモーターパワーであれば、なんとかなるのも事実ですが、、。

あっといまに6Hが過ぎて帰宅の途につこうと思ったら、Kobaさんからメッセージが入っているのに気づきました。
Kobaさん、チャンプスタジアムの午後コースで走っているとのこと。
帰り道の途中でしたので、寄ってみることにしました。

160605 (7).JPG
160605 (8).JPG

Kobaさんの他には、K1さん、Jackyさん、タケさんがいらっしゃったので走行ムービーをとってみましたよ~
(もっと長いデータがあるのですが、なんか壊れちゃっているので現在修復を試みています。[あせあせ(飛び散る汗)]



みなさん、ストレートエンドのジャンプに苦戦していましたね~。結構、いやらしいジャンプですね。私はちょっと敬遠したくなっちゃいます[バッド(下向き矢印)]

とまあ、結構充実した日曜を過ごしたHaby Papaでした。
さ、空物の練習しよっと[exclamation×2]
なんかtetさん、空一途になってきているから負けてられないしねっ[exclamation]

でも、tetさん、

「HOCの活動も忘れずに!!」

お願いしますよ!

結局、レジャランEP ONでした~(その1) [厚木レジャーランドサーキット]

いよいよ今年も梅雨時期になってしまいましたね[ふらふら]
ヒルトップをEPオフロード ホームコースとしているHaby Papaには少しつらい時期になってしまいます。
特に最近のヒルトップ、新主のタケさんと裏主のKidさんのおかげで週末はかなり新規ファンの方々増えて、チキチキバトルが盛り上がってきたところでした[るんるん]
とはいってもこの時期にしっかり降雨してくれないと夏の水不足やらでまたまた困ってしまうので、ちょっとだけ我慢ですね~[パンチ]
勝手な思いを書けば、月~木はしっかり雨降りで、金~日が「曇り時々晴れ」なんてことになってくれると、最高の路面と気候条件でEPバギーを楽しめるのですけど[あせあせ(飛び散る汗)]・・・、。


さて、昨日はやっぱりお天気に勝てず、朝からしっかり雨模様、。デフメンテしたB5M君の出番は持越しになりました[もうやだ~(悲しい顔)]
しかしながら出撃のお許しを得ていたPapaとしてはRCカー走行を楽しむべくEPオンロードのホームコースである厚木レジャランに行くことに。
9時チョット前に現地入りして、6Hコースで受付しました。

あ、ここで業務連絡っす。

「レジャランのRCエリア、大幅リニューアルしたよ~!」

スペースなんちゃらっていうアトラクションマシンが無くなり、オンロードコースがその分WC側に移動~。
さらにドリフトコースがオンロードコースの手前に並んで併設されました。

160605 (3).JPG
160605 (4).JPG
160605 (5).JPG

ピットエリアはオンロード+ドリフト併用となって、

160605 (2).JPG

こんな感じ。昨日の午前中はほぼ満席に近い形になってましたね~。
2,3年前はオンロードコースとドリフトコースが並んであった時がありましたが、その時は間にピットエリアがあったと記憶しています。
今回のような「ホントにお隣同士」ではなかったかな~。

しかも、

「コース内土足禁止!!」

となりました。昨日はこの辺が徹底されていなくて、土足のままコース内に立ち入る人もいましたけどね~[たらーっ(汗)]
マナーの良い方はきちんと守っていたので、Papaもしっかりこのルールを守らせていただきました[キスマーク]

しかし今回のコース移設+お隣同士ですが、オンロードコースからドリフトコースに車が飛び込むアクシデント対策が必要ですね~。
オンロードコースは現在時計回りでドリフトコースは反時計回りですから、ストレートでブレーキミスやオーバースピード、コーナリングハイサイドを起こすとドリフトコースに車が飛び込みます。下手するとぶつけてドリフト車を壊すなんてことにもなりかねないですね。昨日も何台かドリフトコース内に突っ込んだ車を見かけましたので、コース間にネットを設置するか、オンロードコースを反時計回りに変更する等の工夫と対策が必要ではないでしょうか?

「厚木レジャラン様、この提案いかが?」


さて前置きが長くなりましたが、昨日のPITはこんな感じ

160605 (1).JPG

端っこしか空席が無かったので、薄暗いPITになっちゃった。おじさんには堪える暗さです[もうやだ~(悲しい顔)]
走行はMシャーシを中心にタミグラ仕様車をマッタリ走らせました。
この夏のタミグラ、MシャーシはFLチューン+NiCD(or ライトチューン+LiFe)が新レギュに指定されています。そこでPapaとしてはXV01Tで余った540モーターを活用すべく540+NiCDで走り込みを実施してみました。その感想は、

コーナー立ち上がりが、、。」

予想以上にコーナリングでもたつきます[バッド(下向き矢印)]。直線部の伸びは十分あったので、モーターパワーとギヤ比は良い感じでした。しかしカーペットが新しくなった(?)せいか、コーナリング中のジャダーが多く感じられ、スムーズに旋回してくれません。
デフを緩めて対応してみると、直線部の伸びが無くなります[ふらふら]。あまりジオメトリーを変えたくなかったので、フロントのダンパーを寝かせてみたりしましたが、改善する気配が感じらせませんでした。
かなりフロント勝ちになっているみたいで、リヤが滑る感覚もあったり、、。
路面の影響で前後のバランスがいまひとつくるってしまったようです。フロントを逃がすセットも考えましたが、FFではロスになるだけと思って変更せず[失恋]
ガマンの走行になってしまいましたが、多分、あるアイテムを投入すれば一発解決のような気がしています。
それは、

「Mシャーシ用ダブルカルダンユニバーサルシャフト!!!」

このパーツ、早くOP設定してくれませんかね~。多少高くてもレース思考のラジバカは即買いだと思うのですけど。

「ねーー、さときちさん!!」

最新「Ver2 R」を買えないお小遣い制オトーサン達は単品で必要最低限のオプションを厳選する必要があるんです。ま、そのうちにフルオプ仕様になってるんですけど[あせあせ(飛び散る汗)]

結局、もやもや感が残ったままMシャーシ走行に見切りをつけてツーリングに専念すべく、準備開始~。




・・・・・・・




長くなってきたので次回につづく、。

ヒルトップ出撃に向けての準備でしたが、、。 [ご連絡]

いよいよ今年も梅雨入りですかね~[バッド(下向き矢印)]
明日の天気が非常に怪しいです[もうやだ~(悲しい顔)]

今日は、明日、ヒルトップで久々にB5Mを走らせようと思ってデフメンテをしていました[揺れるハート]

実は前回のヒルトップ出撃後、あるセッティング方法を思いつき、試す機会をうかがっていました。


何故、CACTUSじゃなくてB5Mで試すかって?


・・・・・


やっぱり、

「安定感と信頼性はアソシですね~。」

他車へのフィードバックするにしても、安心のB5Mでトライするのが一番です。
どんなセッティングかは、今は、

「秘密!!」

です。
万全の状態でセッティングしたかったので、デフメンテしようと思っていた矢先、Kidさんの出撃情報を聞きつけて早速準備開始しました[わーい(嬉しい顔)]

まずは、

160604 (1).JPG

ギヤボックスを降ろして、

160604 (2).JPG
160604 (3).JPG

デフを取り出します。当然、デフボールは新品に交換です。
お小遣い制のHaby Papaですから「セラ玉」なんてブルジョアなアイテムは使えません。ヨコモの安いボールで十分です。メンテ毎に新品交換しやすいお手頃価格ですしね!

で、恒例の

160604 (4).JPG
160604 (5).JPG

「デフプレートを磨きます!」

EPレーシングではおなじみですけど、PapaはEP OFFロードでも必ず実施しています。
だって、

「スルスルが長持ち~!」

なんです。当然、スルスル感も別格ですね~[るんるん]。Kidさんに触らせてみたいくらいです。

「今度触ってみる?Kidさん?!」

で、

160604 (6).JPG

たっぷりグリスアップして、

160604 (7).JPG
160604 (8).JPG

メンテ完了~。

160604 (9).JPG

8.5Tモーターにスパー80T、ピニオン21Tにしてみました。
これで現地で走らせながらダンパーをメンテ、セット変更すれば万全と思っていたら、

「あれ、明日の天気怪しくねっ!」

明日出撃できるのか~?