So-net無料ブログ作成
検索選択

明日、明後日はタミグラ 五反田TOCです。 [ご連絡]

いよいよですねぇ~[揺れるハート]

・・・・・・・・・・

なにが[exclamation&question]

・・・・・・・・・・

「2016年タミヤグランプリ東京大会!」

我がHOCの主要活動の一つであるレースが開催されます。
今年は土曜日が全日本選手権地方大会の位置づけで、代表権を掛けた戦いが繰り広げられます。
HOCからはAletta監督とエースさときちさんが出場予定~[グッド(上向き矢印)]
日曜日はまったりといつものタミヤグランプリで、Gakuさん、Haby Papaがエントリーしています。
Tet名誉部長、今大会は欠席です。ザンネンですねぇ~[バッド(下向き矢印)]。Kidさんも仕事の出張中らしく(あ、タミヤ車持っていなかったね?!)、、。
まあ、精鋭で戦いますよ[exclamation]
ということで、

160729 (1).JPG

バッテリーを準備しなくてはね~[ハートたち(複数ハート)]。当日は会場に充電器も持ち込み不可ですから、しっかり充電しとかないと[あせあせ(飛び散る汗)]
それと、

160729 (2).JPG

モーターを仕上げます[揺れるハート]
あ、モーターチューナーはヨコモに替えました!こっちの方が徐々に電圧を上げていけるのでスパークしにくく、ブラシとコミュに優しいと思ったから[わーい(嬉しい顔)]~。
仕上がり前後のモーター音はかなり違うんですよ!

そうそう、ポンダーステーもちゃんとしとかなきゃね!
ボディに穴をあけて留めることもできますけど、後々カッコ悪くなるので、。
お、そう言えば、ボディも2種類持って行こう!ガラッとセッティング変えたいときに使えるかもしれないからね~[ダッシュ(走り出すさま)]

あーー、忙しい[exclamation&question]



おまけです、。



Aletta’s TA07シェイクダウン(ホントの1パック目)ムービーです。まーー、よく走っていること[ダッシュ(走り出すさま)]
これでも曲がらないといって、セットアップしていったんですよ[たらーっ(汗)]
勝ち目ないね[あせあせ(飛び散る汗)]

強敵!TA-07!! [EPオンロード]

大変です!我がTB-04くんに強敵がまたまた出現してしまいました!

その名は、



・・・・・・・・・・



TAMIYA NEW EPツーリング



「TA-07 Pro!」



・・・・・・・・・・・



なにをいまさら慌てているかって?!(当然じゃって思われてるかも?)

前評判が良いのは知っていましたよっ。

でもね、まさかここまで扱いやすいとは、、。



ということで、



今日はHOCタミグラ前小規模合同テストでの感想です。


GEDC0003.JPG
GEDC0002.JPG
GEDC0004.JPG
DSC_0007.JPG


Aletta’s TA-07を少しやらせてもらいビックリしました。また、相手10.5TでPapa’s TBは16Tなので負けるのを承知でバトルに挑みましたが、もてあそばれる始末、、。

いやータミヤさん、これでタミグラでのギヤ比まで優遇されているTA-07にどう勝負を挑めというのですかね~。



「反則的に良いマシンですよ!」



とにかくハンドリングが素直ですし曲がります。さらにワンベルトの恩恵なのか、蹴り出しも良いのでピックアップが素晴らしい!

セッティングが最初は「取説セットではイマイチ」といっていたAlettaさんですが、それでもPapa’s TBより曲がっていましたからね~。

まあ、TBくんは練習用ラフェラーリボディでMNスリックタイヤでしたから当然と言っちゃ当然ですが、その後、タイヤはNM-Cに変更し、Alettaさんからライキリボディを借りた状態でも、セットの進んできたGT5仕様TA-07は速かったです。



週末のタミグラ、TA-07が活躍するのは決まりですね!

Papaは大人しくMシャーシでワイワイ遊ばしていただきます。そのために1600SPバッテリー目覚まし走行させておきましたからね~。

あ、Mは少しセットもいじってみました。

ちょっと「目から鱗」の部分もあったりして、少し手ごたえが持てたかな?!



セット出し前の07走行とライキリを被った07を少し紹介しておきます。







では!

創意工夫で楽しむのもRCの醍醐味です!(その2) [BLITZ]

はてさて、もったいぶらせのHaby Papaです([わーい(嬉しい顔)]
今日は誰もが思いつくことを、さも自慢げにブログにしちゃおうと思っています([パンチ])。

BLITZノーマルダンパーのプチ改造方法を紹介しまーーす[るんるん]

BLITZのノーマルダンパーはダイヤプラムキャッププラダ―とも呼ばれたりする)を使用する定容量タイプ(プレッシャータイプ)です。このタイプはオンロードでメジャーなタイプですよね~。
Papaが考える定容量タイプの特徴は、

① 前後左右共に動きが揃えやすい。(同じ固さのダンパーが作りやすい)
② ダンパーの固さを細かく調整できる。

などが考えられます。特にダンパーの固さはオイル番手だけでなく、ダイヤフラム本体の固さやエア室と呼ばれるダイヤフラムの上にスポンジやOリングを入れることで非常に細かく調整できるところが最大のメリットかな~[あせあせ(飛び散る汗)]
引きダンパーの場合、最初にどれくらいシャフトを引き込んでおくかで、その強さをコントロールできるところも魅力的ですよね[exclamation]
路面が全体的に安定していて、車の速度やロール動作の入力を主にコントロールするようなオンロードに適していると言えますかね~。

ではエアレーションはどうなのか?
エアレーションダンパーはダンパーオイル室内に少しの空気を混ぜることでその動作がコントロールされます。つまりはオイル量と混入する空気量をきちんと調整しないと、「効き」がばらばらになるリスクがあります。
でもこのリスクを担保してもオフロードシーンで好んで使われる理由はその動作性能といえるでしょう?!

とにかく動き出しが安定していてギャップ吸収性が高く、荒れた路面に適した効果が得られるのがエアレーションですね[揺れるハート]

エアレーションダンパーの一般的な組み方はオイルを目一杯シリンダー,キャップに注入し、シャフトを目一杯戻した状態で、余分なオイルを抜きだしてキャップを締める方法ですかね~。
ワークスドライバーなんかはダンパー慣らし(シャフトを上下させて、予めエアを混入し固さを揃える)しますけど、Papaはこのまま走らせて調整します。
1パック走らせたらオイル抜きビスをもう一度緩めて、中の空気量を調整します。ダンパーの動きが変わったかな~って思ったら、オイル抜きビスを緩めて空気を抜いてやったりします。
さらって書いていますけど、これって結構ノウハウだったりします[exclamation&question]
細目にオイル交換しない方は徐々にダンパー内空気量が増えているので、だんだん動きがばらばらになったりするんですよ[ダッシュ(走り出すさま)]
跳ねが強くなったな~って思ってきたら、ビスを緩めるだけでも、動きが変わると思います。

「引き」もしないし、「押し」もしないダンパーがいい状態のエアレーションと信じて止まないHaby Papaです(笑)。

といった感じで、エアレーション化したいBLITZノーマルダンパー、
必要な部品は、

160722 (1).JPG
これと、

160722 (2).JPG
これだけ、、。

キャップ内部に入れるダイヤフラムの代わりにOリングでキャップとシリンダーの密閉性を確保して、

160722 (3).JPG

キャップにオイル抜き用穴を加工するだけ!あとはいつものようにダンパーを組み、ビスで穴を塞いでっと。超簡単~[ぴかぴか(新しい)]
今回、ダンパーピストンはアソシのテフロンピストンに変更してあります。
更に、KyoshoのV oneダンパースプリングリングを組み合わせて、ビックボア用スプリングを使えるようにしました。
で、完成したのが、

160721 (3).JPG
昨日紹介したこれ!

完成したダンパーですが、かなり好感触な仕上がりになっています。車に着けた感じも、

160722 (4).JPG
160722 (5).JPG
160722 (6).JPG
160722 (7).JPG

ダンパー長さもいいんじゃないですかね~[るんるん]
次回のヒルトップ走行がかなり楽しみです。
でもその前に、

「タミグラ五反田大会!」

です。HOCの皆さんと合同テストしなくてはね[どんっ(衝撃)]
頑張るぞー[exclamation×2]

創意工夫で楽しむのもRCの醍醐味です!(その1) [BLITZ]

またまた、新プロジェクト BLITZネタです[たらーっ(汗)]

日曜ヒルトップでのBLITZシェイクダウンはかなりの手ごたえを得られた結果となりましたが、既報の通り、

「ダンパーとタイヤ」

が課題として残りました。
この課題を克服すべく、夜な夜なネットサーフィンしていますけど・・・・・、。
タイヤはネエ~[バッド(下向き矢印)]投資するしかないですよね~。ヘタなタイヤで我慢して走ると、面白くなくなるし車をぶつけて壊したりします。
結果的には無駄遣いが増えちゃうので、ここはちゃんとしたものを揃えるべきと判断しました。

んで、

・・・・・・・・・・・・

ポチッタ[揺れるハート]

160721 (1).JPG

「HB メガバイトSC Pink!!(FRにはパンサースイッチSC クレイにしちゃった!)

ヒルトップで走るには、これっきゃないですね~[るんるん]。かなり乾いた路面では苦しくなるかもしれませんが、どれか1つ選べと言ったらこのチョイスしか考えられません。
あと、ついでに、

160721 (2).JPG

厳選した予備パーツも買っておきました。SCはボディのおかげで車の破損はかなり少ないと聞いていますが、やはり最低限の補修パーツは持っておきたいですから。
これでタイヤ問題は改善に向かいましたが、もう一つの課題を安易に解決する投資は二の足を踏んだHaby Papaです[あせあせ(飛び散る汗)]

SC用エアレーションビックボアダンパーを前後揃えたら諭吉さん2人くらいPapaのお財布から出て行ってしまいます[がく~(落胆した顔)]
さすがにそれは無理ですし、せっかく中古で投資を抑えた意味がなくなっちゃう[どんっ(衝撃)]
ヤフオクで中古を探してみましたがまったくヒットしません。出てくるのは怪しいサードパーティーメーカーのダンパーです。

でも飛びつく訳にはいけません[ダッシュ(走り出すさま)]RCパーツの安物買いはよくよく評判を確かめないとダメなんですよ。
身近なところではキムキムさんが先週末にAmazon ESCを2つも燃やしていますし、だいぶ昔にPapaも同じくダンパーで痛い目に遭っています。

ではどうするか?

・・・・・・・・・・・

「創意工夫でこの課題を克服!!」

160721 (3).JPG

ノーマルダンパーをエアレーションに改造~[わーい(嬉しい顔)]
+ビックボア用スプリング使用可能にしてみました。
これ、なかなか良い感じのダンパーが出来上がっています。チョットした工作技術とワンコインの費用で出来るんですよ[ハートたち(複数ハート)]
そのやり方は、

「次号を待て!(笑)」

こうご期待!では!

やっべー、SCって超楽しい~! [ヒルトップ]

いやーー、日曜はこれまた久々のヒルトップ出撃でしたが、超楽しく過ごせました~[わーい(嬉しい顔)]

とにかく、新プロジェクト、BLITZは、

「超絶!楽しい!!」

クルマでした。今日はそのシェイクダウンの様子をブログにしておきますよ~[グッド(上向き矢印)]

では、本題!

日曜はかなり大勢でワイワイEPオフを楽しめた1日でした。
総勢何人だったのかな~?とにかく駐車場がイッパイになって車が溢れたくらいでしたからね[がく~(落胆した顔)]

気合を入れて6:30には自宅を出発したHaby Papaです。7時過ぎには現地入りして当然1番乗りと思いきや、

「Kidさん、既にPITできてる!!」

・・・・・・・・・・・

早過ぎです([もうやだ~(悲しい顔)])。

・・・・・・・・・・・

気を取り直して、。

朝一はいつ泣き出しておかしくないくらいのどんよりしたくもり空、。日差しは期待できないと思いつつ、いつもの席にPITを構えました。

160719 (1).jpg

RCバックの中にはCACTUSくんとB44.3が控えていましたが、テーブルには出さずBLITZオンリーです。

そして恒例の路面チェック[exclamation]

160719 (2).jpg
160719 (3).jpg

前日のLINE情報通り、いわゆる「ペタペタ路面」でした。
こんな路面はかなり久しぶりでしたね~。この頃は真冬でも乾いた路面ばかりだったので、、。
日曜の路面でEPバギーを走らせるなら

「フロントタイヤはHBフルスロットピンク、リヤはHBメガバイトピンクでしょ!」

といった感じです。リヤなんかはパンサースイッチクレイでもオッケーですよね~[揺れるハート]

まあ、Papa’s BLITZはノーマルタイヤしかなかったので悩む必要はなく、いつもの通り、ダンパーから妄想セット開始しました。

程なく、SC5Mを携えたHamaさん登場して、俄然、SCのやる気が増えて準備に精を出しました。
中古入手したままのダンパーは中のオイル番手も不明でしたので、Oリングも交換しFR325番、RR300番で組みなおしました。
徐々に人が増え出し、なんだかんだお話ししていたら9時過ぎちゃったので、車高やキャンバーを簡単に合わせただけで記念すべき1パック目の走行開始~[るんるん]
その印象は、

「車が大きいので挙動がつかみやすく、運転が楽ですね~。だけどタイヤが喰わね~。」

といった感じ、、。
タイヤ以外はまずまずの感触でした。
13.5Tのモーターパワーでもモディファイバギーと張り合えるトップスピードでしたが、若干モーターがヒート気味かなと感じたので、先ずはピニオンから見直すことに。
我がBLITZちゃん、スパー88Tでピニオン18Tと結構ローギヤ―でしたが、更にピニオンを2枚落として16Tに変更~[ひらめき]
このギヤ比でもモディファイと張り合えるくらいでしたので、LRP FLOWとHW QR13.5Tの組み合わせはかなり良いですね[exclamation×2]
ご一緒したHamaちゃん、T港さんからは驚愕の声が聞こえるくらいでした。

タイヤはT港さんからSC用メガピンをお借りできたので、RRに装着してみました。
SCメガピンもヒルトップでは有効ですね!RRグリップが格段に良くなり、アンダーステアを強く感じる始末です。
前述の通りフロントのタイヤはノーマルとしていたので、車のセットを大幅に見直していきました。

定番のフロントアッパーアームやらリヤアッパーアーム長さをいじったり、とにかく細かくセットを変更してみました。
ダンパーもノーマルのプラシリンダー(しかもプレッシャータイプ!?)に限界を感じたので、アソシバギー用を無理やりつけてセッティングしてみました。
夕方にはある程度のセットが決まってくれて、モディファイバギーと互角(?)に戦えるくらいになったかな~。

まあ、日曜の路面は近年まれにみる好条件だったので、いつもの夏路面で再セットしてみないことには、ダメですけどね、。
そのためにも、

「SC用のエアレーションビックボアダンパーとタイヤ数種」

は必須ですかね~。
今月は無理だな~。少しづつ買い揃えますかね!([わーい(嬉しい顔)]

さて、チョットですがご一緒した皆さんの走行風景をスマホカメラで抑えたので紹介しておきますよ~。

160719 (5).jpg
160719 (6).jpg
160719 (7).jpg
160719 (8).jpg
160719 (9).jpg
160719 (10).jpg

来週からは「タミグラに集中!」です。

あ、業務連絡でーーす。
高2のラジ兄くん、B-MAX2の走り、LINE動画で見ましたよ~。
良い感じではありましたが、いくつか余計なお世話のアドバイス!?です[あせあせ(飛び散る汗)]
① ブレーキングが少し遅いです。落とすべきところはしっかり落としてあげないとその次の動作が厳しくなっていましたよ~。
② ハンドルの切り方が大きすぎかな?切り過ぎて慌ててカウンター充てるところもあったので、ガバ切りしないように!
③ やっぱり少しサスが固いかもしれません。お小遣い貯めてダンパースプリング変更しよう!
こんど一緒に走る機会があったら、セッティング手伝うよ~。一緒に遊ぼうね[揺れるハート]



では[exclamation×2]

新プロジェクト発動!その名は‘BLITZ’!! [ラジコンカー]

お待たせしました[exclamation](誰も待っていないか?!)
極秘裏に動いていた新プロジェクトを発表する機会が来ましたよ~[わーい(嬉しい顔)]

そのプロジェクトの名は、

DSC_0029.JPG

Project BLITZ!!」

だーーーーっ[ダッシュ(走り出すさま)]

・・・・・・・・・・・

何故?いまさらかって[exclamation&question]

・・・・・・・・・・・

「だって、今、ヒルトップではSCトラックブームが到来しているから?!」

・・・・・・・・・・・

巷ではレースも増えてきた感があるSCトラックですが、我が愛しのホームコース・ヒルトップではかなり少数派でした。
しかしこのところのKidさんによるヒルトップユーザーマシマシ活動により、SCトラックを走らせる方が徐々に増え、
T港氏によるSC布教にはまったHamaちゃんがSC5Mを購入~[揺れるハート]
新主TakeさんもRB6SCを持っていることから、一大ムーブメントが到来してしまったのです!

そんな流れに乗らない訳にはいかないHaby Papaですので、ネットでいろいろ物色(価格・性能等の評判調査)を実施。
お小遣い制のオヤジにピッタリはまったのが、

「HPI BLITZの中古!」

でした。なんせ、「ノーマルでもそこそこ走るし壊れない!」が決めて!!
少ない投資で最大限の効果を得られると踏んだ結果、入手を決断してしまったのでーーす[あせあせ(飛び散る汗)]

あ、このチョイスの理由には

「RRモーター仕様~」

っていうのもあります。Midばかりじゃつまらないですもんね~。それにヒルトップではRRの優位性も最近のRB5活躍が一役買っています。

さて、晴れてPapa’s SCとなったBLITZくんですが、結構良い仕様になっているんですよ!

ステアリングサーボは巨大トルクを誇るSAVOX SA-1283SG、ESCはLRP FLOWコンペティション、そしてHW QUICRUN 13.5Tモーターと充実していました。
SANWA MX-3Xの送受信機もセットされていましたが、そこはPapa愛用のKOに変更済。
とりあえず超どノーマルのままシェイクダウンです。

で、満を持して、

「ヒルトップ出撃だ――――――!」

実は昨日、ヒルトップでのシェイクダウンも済ませていちゃったりしまーーす。

その様子は、

「次回を待て!」

またまた入退院しちゃってました。 [ご連絡]

ひさびさの更新です。

日が空いたのはですね~、

「また、胆石が暴れちゃいました!」

・・・・・・

参りましたよ~、。
6月末の金曜日、会社で仕事していたらまたミゾウチあたりが痛み出し、

「ゲ、激痛~!!」

と我慢できない痛みが襲ってきちゃいました。
同僚に家まで送ってもらって、その後、タクシー病院に、。
診察しているうちに痛みが消えて、帰ろうとしたら、

「膵炎で入院です!」

お医者さんに言われて、そのまま絶食・抗生物質治療開始されちゃいました。(T△T)

・・・・・・・・・

そして日が経ち、

ようやく退院できました。
今度は胆管までステントが入っちゃった、、。


胆石、甘く見ちゃいけない怖い病気です!


またしばらくは大人しくしていなきゃね~。


でも、



でも、、



あれが、、、



そう!


「タミグラ東京 五反田大会!」


が今月末開催なんですよね~。


これだけは外せないので、




DSC_0016.JPG



準備開始~。


さあ、体調含めてしっかり準備しヨット!