So-net無料ブログ作成

セッティングの勉強になった日曜日でした [EPオンロード]

どうも、、。
まーー、かなり焦ったTB04くんのタミヤ選手権仕様です[ふらふら]

最後にTBくんを走らせたのは夏のタミグラ五反田大会前、Alettaさんとの合同練習以来でした。その時は、TBLM01S 16T仕様でギヤ比はタミチャレ6.6に合わせたものです。
ローパワーでそれなりのギヤ比でしたので、固めのリヤギヤデフ、フロントワンウェイでGT1仕様Aletta‘s TA07に挑みました。
その時感じたパワー不足やストレートの伸びに憧れて、10.5Tの購入を決めたのですが、実際に走らせたところそのじゃじゃ馬ぶりに驚きでした[がく~(落胆した顔)]

ピクピクマキマキの車を回収して、PITで熟考~。セッティング変更の方向性を考えます[あせあせ(飛び散る汗)]
先ずは「マキマキ」対策を優先させると考え、リヤ周りのセット変更を試みます。
何度かこのブログで紹介していますが、「マキマキ」の対策で有効とされているのが「ウェイトの追加」です。とにかくリヤに荷重を載せてグリップを稼ぐ方法ですね。
しかし、これまた何度も触れていますが、Haby Papaは好まない方法です。「軽さは武器!」と教えてくれたJackyさん(久しぶり~!!)の教訓を守りたいのですよ。
とはいっても、もともと軽量化はそれほど真面目にやっていませんので、これ以上重たくしたくない一心からのほうが強いですが、、。

そこで着目したのがリヤのロールです。これまではもっさり感を嫌って、ロールセンターを上げたセッティングでしたが、積極的に車をロールさせてタイヤグリップを稼ごうと考えました[ひらめき]
リヤアッパーアーム内側のスペーサーを取り外してキャンバー角を-1度に合わせて4,5周挙動を確認。
少し手ごたえを感じて、今度はアッパーアームを短くしてみます。
また4,5周走ってフィーリングを確認。やっぱりロールさせるほうが扱いやすくなりそうでした[ぴかぴか(新しい)]
試しに前後1段づつスプリングを柔らかくしてみて確認すると、

「ゴロン!」

今度はハイサイド~[がく~(落胆した顔)]、。
バッテリー1本消費するのに1時間半もかかっても全然楽しく走れません[たらーっ(汗)]
リヤのグリップ感は出てきたのですが、ピクピクハンドリング対策をしていないせいか車のバランスがメチャクチャのような気がして・・・・。

我慢して走りに専念することを考えましたが、変なプライドが許してくれないのでセットを続けました[パンチ]
試しにリヤのみM2ラジアルに変更して、数周走ってみると、

「もしかしてリヤグリップを追及するよりフロントを逃がしたほうが良いか?」

という考えが頭を過りました。
そこで、これまで変更した個所をすべて取説状態に戻しました。

「セットアップの迷宮から抜けるには基本にもどって」

が鉄則ですよね[exclamation×2]

デフだけはフロントリジット、リヤ900番にしましたが、アッパーアームポジションやダンパースプリングなど全てリセットしてみました。
(ちなみにここまでで4H消費しています。しかも3パックくらいしか走らせていません[もうやだ~(悲しい顔)]。)

タイヤは前後M2ラジアルにします。

んで、ここからフロントを逃がすセットを模索~[グッド(上向き矢印)]。時間も残り少なくなっていましたので気持ちよく走るセットというより、「とにかくアンダーステア」なセットを目標にしました。

時間を有効に使うために、アッパーアームセットは諦めて、スプリングの組み合わせによるフィーリングの変化を調べることにします。

前後ミディアム→フロントミディアム+リヤソフト→フロントハード*リヤソフト、、、等々数周走ってはスプリングチェンジを繰り返しました。

最終的にはフロントソフト+リヤハードが目標としていたフィーリングに近くなり(というかドアンダーになっちゃった!)、
タイヤによる影響がないか調べるため、TYPE-Aに変更して挙動も確認してみました。
その動きがこちら ↓



リヤはドッシリして曲がらない車に変貌~[あせあせ(飛び散る汗)]
ペースはまったく上がりませんが、落ち着いて走れるようになりました。







結局、ほぼTB04にかかりきりでしたが、改めてセッティングで車の特性を大きく変更できる楽しさを学んだ充実した6Hでしたね[揺れるハート]

次の機会にはこの状態から素直に曲がってくれるセットを見つけたいと思います。

「んーーー、RCカーのセットは奥深い!」

です。じゃ[exclamation]

久しぶりのEP ON、仕様変更したらもー大変! [厚木レジャーランドサーキット]

やーやー、どうも、どうも、、。

昨日、久しぶりにEP ONを走らせたHaby Papaです(\^○^/)。
EP ON定番の厚木レジャランは深夜帯を除けば時間制ですので、ゆっくり起きて10時過ぎに到着~[ぴかぴか(新しい)]
出足が遅かったので、コースは結構混雑気味[バッド(下向き矢印)]、。

161128 (2).JPG
161128 (3).JPG

そうそう、久々に行ったのでドリフトコースが1面増えているの知りませんでした。そのせいなんですかね~、PITもやっぱり混雑していて、通路側(目立つ場所?!)しかない状態、。

悩んでも仕方ないので、5番PITで6Hコースでチェックインしました。
PITはこんな感じ、

161128 (1).JPG

ライトスタンドを車から降ろすの忘れた[あせあせ(飛び散る汗)](笑)

さーーて、ただ走らせるのではなくなにかしらテーマをもってRCを楽しむPapaですのでこの日のテーマは、

161128 (4).JPG
161128 (5).JPG

「タミヤ選手権仕様(10.5T)TB04のセットを見直しましよう~」

です。そーなのですよ。TBLM02S 10.5Tを用意してあったのですね~。しかもギヤ比も極力レギュに合わせるため工夫してあったりします

通常、TB04はノーマル66Tスパーで一次減速比2.5ですよね~。タミヤ選手権、GT1クラスの指定ギヤ比は7.3です。
TA07を優遇してのギヤ比ですかね~。ノーマルですとTBはスパー66/ピニオン22でファイナル7.5となり長い直線の広いコースでは完全に不利~[パンチ]
レギュではタミヤ他車のスパーを使用しても良いとのことですので、いろいろチェックした結果、FF03用のスパー68Tが使えそうです[ひらめき]
そこで、早速、手持ちのFF03からスパーを剥ぎ取り、乗せられるか確認~。

ギヤボックスとのクリアランスは0.5mmくらいでミラクルフィットしました[揺れるハート]

そんな訳で、スパー68T/ピニオン23Tでファイナル7.391としてみました。これでもTA07のアドバンテージは揺るぎないかもしれませんが、まだましでしょ!
あ、FF03くんはちゃんと新品スパーを買ってきてあげて元通りにしてあります[わーい(嬉しい顔)]

とまあ、タミヤ車ユーザーでここまでTB04にこだわる人はもういないかもしれませんが、Papaとしては思い入れの強いマシンですからね~。
バランスが悪いといわれようが、なんだろうが、まだまだ最前線で戦える力を持ったマシンだと思うので、こだわっていきますよ~。



パワーソースがアップしたので、多少セットを変えなきゃな~なんて気軽に臨んだレジャラン走行。バッテリー充電インターバルでこいつ、

161128 (6).JPG

M05で暇潰そうって思っていました。しかーーーし、そんなお気楽な考えはTBの1パック目で粉々になりました[もうやだ~(悲しい顔)]

ホント、少しセットを変えるだけでしょって思っていたのですよ、。ところが、走り出すと、

「んげっ、全然走らん!!」

ハンドリングはピクピクで、リヤグリップは皆無のマキマキ状態[がく~(落胆した顔)]、、。
コースフェンスにブツケまくりでボディがボロボロになりそうです[もうやだ~(悲しい顔)]
4,5周でたまらずPITに引き上げちゃいました。

んで、ここからセッティングの迷宮をさまよう羽目になりました。



・・・・・・・・・・・・・



詳しくはまたまた次回です[exclamation×2]

BLITZ強化開始しました! [BLITZ]

どーも、、

11月だというのに雪降っちゃいましたね~。ホント最近は天気予報が良く当たります[グッド(上向き矢印)]
好ましくない予報は外れて欲しいのですけどね~[ふらふら]

そんなこんなで今週はヒルトップ出撃は無理と判断しましたが、予告した通り、BLITZくんの強化にはげんでいたWeek DAYでした[わーい(嬉しい顔)]

中古に入手した我がBLITZくん、足回りはそれなりにガタガタで以前から気になっていたポイントなんです。

そこで、

20161126 (1).JPG
20161126 (2).JPG

「アルミフロンサスマウントとアルミリヤハブ!!」

導入してみました~[揺れるハート]
いまさらこんな高価なパーツ入れて大丈夫?って思っている方々、ご安心ください!

「なんと、千円でおつりがくる~!」

なんですね~[るんるん]。今、非常にお買い得なセール中だったです。
サスピンも新品に交換して、ガタ取りもばっちりです。
なんかすごく走るマシンになった感じがしています。次の走行が楽しみなんですけど、、。


・・・・・・・・・・・


明日も雨、、。


・・・・・・・・・・・


(悲)


・・・・・・・・・・・


しゃーない[exclamation×2]

「明日はレジャランだ!」


ひさしぶりにEPオンで楽しんできまーーーーーす[あせあせ(飛び散る汗)]


11月なのに~?! [空モノ]

どーも、Haby Papaです。

まーーー、困りますね~[ふらふら]
まだ11月なのに雪降りそうです[あせあせ(飛び散る汗)]

しかも週末に近い木曜ですよ~。
積雪となったら、この週末のヒルトップ出撃は絶望的です[もうやだ~(悲しい顔)]

下手するとオンロードコースも厳しいかも[たらーっ(汗)]

そうなると、


・・・・・・・・・・・・・・


これか?



・・・・・・・・・・・・・・



そう!




これ!



Haby Papaのヘリコレクション.JPG



やっぱ、最近はこれかな~[揺れるハート]


室内タミグラ練習で、レジャランなんてことも考えられますが、晴れたら「空モノ」が楽しいのですよ[exclamation]


このところ、ヒルトップで練習したりしています。



やっぱホビーの王様か?

ヒルトップ仲間の皆さん、空モノもいいよ!

BLITZの強化始めました(笑) [BLITZ]

どうも、どうも、、。



この週末は土曜が雨だったせいか日曜日の交通量すこし多かった気がしたHaby Papaです(^○^)。
さて、当のPapaさんは土曜に定期通院したため、今週はがっちりしたRC出撃は見合わせるつもりで、夜な夜なとある計画を進行させていました。

それは、



「我がBLITZくんの強化!」



です。SC5MやSC6に勝負を挑むには戦闘力不足が否めない我がBLITZくん。さすがに型遅れを感じざるを得ない今日この頃です。

それでも自作スタビやらダンパーのエアレーション化など手を加えているのですが、コーナリングの「もっさり」感がなかなか払拭できていません。
周囲は「速いよ!」って言ってくれていますけど、Papa的には納得していないのですよね~。

よって、手始めに、


IMGA0014.JPG
IMGA0015.JPG
IMGA0016.JPG

「ダンパー、アソシにしてみました~(\^○^/)」


やっぱりスムーズな足動作の要、ダンパーは慣れ親しんでいるアソシに限るかな~って思った[揺れるハート]

元々、バギー用の予備を1組持ってたので、シリンダーとシャフトをトラック用に交換[exclamation×2]
RRのセッティング用にスプリングを緑、白、グレーを取り揃えてみました。



ダンパーの不安はなくなったので、次に以下の強化を考えています。


1)前後サスマウント、サスピンとサスアームの交換
2)リヤのボールデフ化
3)ボディ交換
4)サーボのハイトルク化


とにかく足回りをリフレッシュしてガタをなくし、曖昧さを払拭させたいと考えています[るんるん]

ボールデフ化もトラクション抜けを嫌ってのことですかね~。サーボは今搭載しているものよりも更にハイトルクにすることで、路面キックバックに負けないハンドリングを得たいためです。
スピードも担保できるハイボルテージサーボ化を考えていまーーーす。


少し大人な強化策ですけど、楽しく走らせるための投資と考えて、

やっちまおう!


京商ULTIMA SC6 RTRの戦闘力~!! [EP OFFセッティング]

さて、Haby PapaまたまたEP 2WDのB5M 1台を中心に走らせた日曜ですが、この日のメインテーマは

「キムキム号のSC6!」

でした。
はじめにキムキム号のジオメトリーとダンパーをチェックすると、

「うーーん、良くこれで走っていたのね~」

と思っちゃうほどでした[がく~(落胆した顔)]。特にFRダンパーはOリングを5枚も入れてストローク規制されており、リバウンドが皆無の状態、。キャンバー角などもバラバラで車高も30mm以上ありました。

ご本人曰く、

「曲がらい!」

そうで、車を見て納得した感じ[たらーっ(汗)]、、。

SCやレーシングトラックはタイヤが太いので、バギーに比べてフロント勝ちな傾向であるとPapaは感じています。しかも大柄なボディのため、ロールも多く、後曲がりになりやすく、セッティングが出ていないとコーナリング初期がナーバスで且つ後アンダーな走らせ難い車になり易いのではと思います。

フロント勝ちを防ぐ手段としてリバウンドストロークを短くするのが有効ですが、やりすぎるとアンダーが強くなり、ホント、「曲がらない!」クルマになるんですよね~、。

そこで、ダンパーセットを前後とも見直しました。

5つも入っていたOリングは2つにしてストローク22mmにしてみました。これでもかなり少な目なリバウンドストロークですので、まだアンダーになると予想されます。しかし一気に変更するとどこが有効なセットなのか分からなくなるので、まずはこの程度としてみました。

FRはYR350、RRはYR300オイルでダンパーをつくり、スプリングはノーマルだと車高が低く取れないため、バギー用でフロントタミヤイエロー、リヤアソシブルーです。

タイヤはキムキムさん手持ちですみません、なんだったか忘れました!!
そうそう、予めキムキムさんが1.4mmのスタビをRRに取り付けていましたが、調整が、、。[ふらふら]

スタビは左右のサスアームが追従するようにしないと本来の性能が発揮されません。調整ネジの締め込みはガタがないだけでなく、スムーズに動くまでじっくり仕上げることが肝心です。

そんなこんなで、10時過ぎまでかかって車の初期セットを行い、走ってのセット出しに移行しました。
しかしーーー、駆動系トラブルと路面にマッチしたタイヤチョイスに苦しみ、セットを煮詰めるまでに至らずじまい、、。

日が暮れることになって、まともに走り出した感じで、完全不完全燃焼に終わりました[あせあせ(飛び散る汗)]

それでも、横目でセッティングを見て、参考にされていた おはよウナギさんのSC6のSC5M勢とのバトルを見ていると、やっぱりアルティマSC6 RTRの戦闘力の高さに感心させられましたね~。

キムキム号をもう少し触ってセットを出したいです。

Papaの妄想完成セットはこんな感じ

SC6 SETUP.jpg

ポイントは

1)フロントダンパーはノーマルよりも2mmストローク規制させて、スプリングはリテーナーを薄いものにしてノーマルとする。
2)リヤのスタビは2mmでダンパースプリングはノーマルより1段ソフトなもの
3)ボディは前下がりにセットして、パラシュート効果を極力ゼロに
4)フロントアッパーアームは内側でシムゼロとして、曲がりこみのセットに余裕を持たせる。

ですかね[パンチ]

だれはSC6でこのセッティング試してみてくれないかな~。

それでは、SCバトルの様子をムービーにしてあるのでそれを紹介して本日の〆としましょう



ではね~!!

日曜は終日、メガピン路面ヒルトップでした!2駆のセットも決まりつつあります!! [ヒルトップ]

どうも、どうも、、。

最近、ブログが遅れがちのHaby Papaです。仕事やらなんやらで忙しいのですよ~[あせあせ(飛び散る汗)]



さーて、この間の日曜日も絶好のRC日和でしたね~。PapaはFRCのレース出場も頭に過りましたが、ホームコースであるヒルトップに出撃することにしました[るんるん]

我がB5Mくんのセッティングを進めたいという気持ちもありましたが、キムキムさんが出撃することを知り、どうしても試してみたいことがあったためです。

それは、



「京商ULTIMA SC6 RTRの戦闘力を見極めたい!」



です。

最近、ヒルトップで今更ながらに流行しているSCトラックで勢力を二分しているアソシSC5Mと京商ULTIMA SC6 RTRです。SC5Mがよく走るのは予想通りなのですが、SC6がかなり良い動きをしているのですよね~[ぴかぴか(新しい)]

おはよウナギさんのSC6はアソシ勢に負けず劣らずの走りを見せてくれています。正直、RB6 RTRの印象が悪かったので意外なのですが、SC6の快走はそんな色眼鏡で見ていたPapaを大いに反省させるものでした[たらーっ(汗)]

そこでふつふつと湧き上がって切るのが、



「セッティングしてみたい!」



という気持ち、。

そんな訳でキムキム号のセッティングに手を挙げてみました~[わーい(嬉しい顔)]



日曜のヒルトップは先週金曜に降った雨の影響が残り、朝一はかなりぬかるんだ路面状況でした。

コースはこんな感じ。

161113(1).JPG

161113(2).JPG

土曜日は走行不能だったみたいですね、。

いつもの席にPITを広げて、

161113(3).JPG

先ずはコースメンテから開始しました。コース全体を見渡して特にストレートエンドと駐車場前コーナーの荒れ方が酷かったため、一度路面を削り掘って均しました。水たまりが残った部分は、ボロカーペットで吸水して路面状況が改善するまで少し待機です[ふらふら]

この日、最初はPapaやおはよウナギさん等5名でしたが、キムキムさん、Hamaさん、SUZUZさん、横ちゃん、T港さん等々いつものメンバーがそろってにぎやかな1日になりました。

私Haby Papaはキムキム号を見ながら走行マシンはB5Mに専念です。

んで、タイヤはフロント PL スクラブス M3、リヤ HBメガバイトピンクと決めて、タイヤ交換なしで車のセットを煮詰めることにします。

先週の課題であったスプリング変更による動きの改善を見極めるためです[ダッシュ(走り出すさま)]



このところスプリングの変更することが少なくなったPapaですが、「跳ねる」車をスプリング変更なしでコントロールするには限界がありますね~。

我がB5M君はFRアソシホワイト+RRアソシグリーンでほぼ固定していたので、前後1づつ柔らかいレートのスプリングを用意し、現在の最適な組み合わせを調べてみることにしました。

やり方としては、

現状(FR白、RR緑)→後ろのみ変更(FR白、RR黒)→前後変更(FR緑、RR黒)

と1パックづつ交換・走行して確認します[ひらめき]

本来でしたら路面状況を時間とともに変わってしまい、厳密な比較ができくなるのを嫌って1パック中4,5周走って、交換・比較すべきですが、この間の日曜は安定した路面でしたので、じっくり走って比較しました。

(高2のラジ兄~、ここポイントだよ~!路面が変わってしまうと、セットを変えたことによる動きの変化なのか、路面影響なのか解らなくなるから、短いタームで変更して確認するのが重要ですよ~!)



結果としては、FRホワイト+RRブラックが最も好印象で、先週満足できなかった駐車場前からお立ち台にかけての動きがかなり改善されました[揺れるハート]

ただし、Papaの得意とするコーナーであるお店前でミスることが多く、少しスリッピーな路面でのハンドリングバランスが若干悪いようです[たらーっ(汗)]

大ジャンプ後のヘアピンではパワースライドもできる足回り(Papaのフィーリングではニュートラルに近い弱弱アンダー)だったので、RRのセットはこれで暫く様子をみて、今後はFRタイヤのトー角を中心にもうひと煮立ちさせるつもりです。

ここにきてトー角に注目している理由は、

① これまであまり着目していなかったポイントである
② ヒルトップのお店前コーナーはタイヤチョイスだけでは攻略できない
③ FRアッパーアームのセット変更では、現状、イメージ通りに曲がれているコーナーにも影響してしまう

の3つですかね~。車の直進安定性にかかわるポイントですが、これまではほぼトー角ゼロで調整していたので、変更がどうコーナリング特性に影響してくるか興味津々です[るんるん]

妄想セットですが、少しだけトーイン側にして直進性を上げることで、コーナー出口の「マキ」を抑えられるのではって思っています。

本来なら「マキ」が出る場合、リヤ荷重をアップさせるため、ウェイトを乗せるのが最もスタンダードな対策ですが、他のコーナーが苦しくなるのが見え見えですのでね~。



このところ、ご一緒できていない高2のラジ兄くんが熱心にこのブログを見てくれているみたいですので、ちょっとしたポイントでも紹介していこうと思っています。

少しでも参考になればよいですがね~。

特に限られたタイヤでその日の路面に合わせていくテクニックは「コントロールタイヤ制」のあるレースに参加しているPapaにとってもスキルアップにつながるので、

今後は朝一にチョイスしたタイヤは終日変更しないで、セッティングでどこまで走れるかを集中的にテストして行こうと思っています。



明日以降は、キムキムさんのアルティマSC6のセッティングをブログにしていくつもりです[るんるん]



では[exclamation×2]

お天気の良い日はこれですか~?! [空モノ]

ナイス秋晴れ~[揺れるハート]

今日は良いお天気でしたね~。この1週間、仕事がメチャメチャ忙しく、その疲れがドットでていまいました。
(久々に10時くらいまで惰眠を貪っちゃった^ ^;)

そんなこんなでダラダラと1日無駄に過ごしそうだったので、奮起してお外にGo~[ダッシュ(走り出すさま)]

こいつ、

DSC_0001.JPG

の練習のため、近くの公園広場に行ってみました。

DSC_0003.JPG

3セルLIPOバッテリー 2本分、ホバリング練習してみましたよ[わーい(嬉しい顔)]

お供には、

DSC_0004.JPG

「ALIGN T-REX 450!!」

も2パックほど飛ばしてみました。

ヘリは慣れているので、それほど気を使わないで飛ばせるのですが、Droneの方は、とにかく離陸が難しいのですよ[バッド(下向き矢印)]
少し浮いてくれれば、後はエルロンの操作をゆっくりあてれば問題なく上空に留めていられるのですが、少し浮かせるまでがまだまだ練習が必要ですね~[ふらふら]

きれいな空撮ができるようになるまでには、もう少し練習が必要ですね[あせあせ(飛び散る汗)]

ヒルトップ仲間にも空モノを楽しむ方がいらっしゃるので、HOCに続き、

「ヒルトップ エアー倶楽部!!!」
略して「HAC」

でも立ち上げようかな~[黒ハート]

年2,3回の合同フライトするだけでも楽しそうですよね~

tetさん、Kidさん、キムキムさん、どう?

小さいギャップとタイヤチョイスに悩む路面でセットを見直しました~ [EP OFFセッティング]

さて、久々にEP 2WDバギー1台に絞って走らせた日曜ですが、小さなギャップが数多く目立つようになったコース路面と中途半端な乾き方でタイヤチョイスがかなり難しかったです[たらーっ(汗)]

朝方9時半くらいまではしっとりしたいつものHB メガピンがしっかりグリップする路面でしたが、10時くらいには路面状況が一転しだしました。

そうそう、朝方のコースはこんな感じ

161106 (3).JPG
161106 (4).JPG

終日曇り空ならメガピンだけで走れそうな路面ですよね~[ぴかぴか(新しい)]
しかし、日が差してくると、ところどころ埃は少ないですが乾き始めます。
これまでメガピンが喰わなくなると、PL ブロッケイドM3でよかったのですけど、それはかなり埃っぽくなるからです。一昨日のように路面に埃が少なくそれでも乾いた感じになってくると、ブロッケイドのピンハイトですとグリップ感がいまいちなんですよ[バッド(下向き矢印)]

Papaも手持ちのタイヤを総動員させます[ダッシュ(走り出すさま)]

PLホールM3→ロッシX2000ピンク→ロッシX3000レッド→AKA インパクトソフトと2,3周走っては交換してグリップ感を探りましたがどれもイマイチ[ふらふら]、。

こんな時、良いのがJコンのバーコードブルーなんですが、生憎かなり山の減ったものしかありませんでした。それでも背に腹は代えられないので試しに履いてみました。

「んーー、やっぱりバーコードブルーでした!」

と思われるくらいのグリップ感[揺れるハート]。ほぼスリックになりつつある山でもしっかり路面を捉えてくれます。しかし、山が無いので横のグリップは若干苦しい印象でした[バッド(下向き矢印)]


「新品組んで持ってこよう!」


と心に決めつつ、車の挙動を確認することにします。

路面メンテナンスがこのところされていないこのところのヒルトップ、小さなギャップがかなり目立つようになり、特に、ストレートエンドと駐車場前コーナー出口で足を取られるような動きのB5Mくんでした。

そこで、RRダンパーのセットを変更することにします。

161106 (7).JPG

1.6mm×2穴、YR300オイルでアソシグリーンスプリングで組んであったのですが、ピストンを1.7mm×2穴にします。

狙いは足の動きだしを良くして、ギャップ走破性の向上です。
オイルも250番化を考えましたが、それでは動きが速くなりすぎると思い、そのままYR300としました。

変更前に比べ、良くはなりましたが、いまひとつ車の“跳ね”が気になります。速度を上げるとピョンピョン飛び跳ねる感じでHaby Papaの狙った足の動きになっていません。
理想の動きは、スロットルを開けても車が上下することなくスピードが乗っていく感じです。

そんなわけで、車を再度観察します。

夏場対策でRRアッパーアームを短くしていたことに気づき、リヤ足を穏やかに動かす目的でリヤバルク側を内側に変更してアームを長くしました。
それでも問題は解決できずリヤのトーインを0.5度ほど強めてみました。
直進安定性を高めて、タイヤの横グリップ不足を補ってみました。
この変更で、多少の跳ねでもハンドリングを取られることは少なくなり、狙ったラインをトレースしやすくなりました。
しかし、まだまだ満足できる車の挙動ではありません。スプリングも変更を考えましたが日没が近く、この日は諦めてダンパー取り付け角度を変更して、少しでも柔らかくしてみました。

とまあ、少し不完全燃焼だった感がありますが、Kobaさんとの緊張感のあるバトルの中でしか気がつかない課題も見えてきたので有意義な1日でしたよ~。



まとめると、

1)メガピン、ブロッケイドは万能じゃないことの再認識
2)Jコンセプト バーコード ブルーはやっぱりこれからの時期でもヒルトップ走行には必須のタイヤ
3)埃の少ないバンピーな路面対策セットが必要(スプリング変更を視野に)
4)リヤトーインを強めることで、横グリップ不足を補うセットもアリ

ですね!



SCトラックで気軽に走らせるのも良いですが、緊張感のあるバトルはまた楽しいです。
久々にEPオフのレースもでてみようっかな~。

ね、Kobaさん!!

そうそう、おはよウナギKIRIさんのSCが珍事を起こしたのでしっかり写真を収めさせていただきました~[わーい(嬉しい顔)]

それがこちら ↓

161106 (6).JPG

やるね[わーい(嬉しい顔)][exclamation×2]

では、今日もこの辺で!

2016秋のヒルトップ2駆バトルデーでした! [ヒルトップ]

いやー、この週末はホント絶好のRC日和でしたね~[揺れるハート]
Haby Papaは土曜日に用事がってHOCのGP練習には参加できませんでしたが、昨日はホームコース ヒルトップでEP OFFを楽しんできました[るんるん]

前日に夜、翌朝6時に起床するつもりでスマホのタイマーセットをしたのですが、布団の引力([exclamation&question])に負けて6時半頃までグズグズする始末、、。
なんとか起きることに成功し、一路ヒルトップに向かいました。

このところヒルトップ仲間で恒例になっている前日の「行きます予告」でPapaは

「日曜日は2駆に専念!」

の宣言をしていました。

すっかりSCにハマっていたHaby Papaですが、久しぶりにKobaさんとご一緒できることをブログで知り、息詰まる2駆バトルをしたくなった次第!
なんせKobaさん、FRCやチャンプのレースに出場しまくっていますから、チキチキバトルをする相手としては申し分ない腕の持ち主です。
ここは胸を借りて、「アタリ稽古!」するっきゃないでしょう!

と言う訳で上記の宣言に至ったのでした。



7時半過ぎに現地入りしたPapa。またまたKidさんが既にPITを広げて充電準備中~。

いつもの席にPITを構えます。

161106 (1).JPG

お気づきですよね~

161106 (2).JPG

またまた「空モノ」持っていきましたよ~。

Papaが一番お気軽に飛ばせるヘリだと思っているナインイーグルのSolo Pro 228です。この機体はスタビ式ですので挙動がユッタリしていますし、非常にバランスが良いので飛ばしやすさは一級品です。初中級レベルにはピッタリの機体ですね~[わーい(嬉しい顔)]。本格的にヘリを飛ばしてみたい方にお勧めしたいのですけど、生産中止されてしまったのは非常に残念です[バッド(下向き矢印)]

あ、調子に乗ってKidさんの上に落してしまって御免なさい!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


本題に戻りましょう!

この日、ヒルトップに集まったメンバーは総勢12名くらいでしたね~。宣言通り、2駆に専念したPapaですが、周りもそれに付き合ってくれたのかな~。SCや4駆を走らせる人もいましたが、まさに、


「2016秋の陣、2駆バトルデー!!」


となりました。B5M勢にYZ2とアルティマが挑む形でしたかね~。難しい路面でしたが、バトルが楽しい1日になりました。

その様子がこちら ↓



Papaもタイヤチョイスに悩みながら、少しでも優位に立つべく、セットを大きく変更していくことになりました。

その様子はまた次回に[あせあせ(飛び散る汗)]

今日はここまで[ダッシュ(走り出すさま)]

では[exclamation×2]