So-net無料ブログ作成
ヒルトップ ブログトップ
前の10件 | -

今週もヒルトップでEP OFFでした! [ヒルトップ]

やー、やー、とうも、どーも、。

この10月の連休、土曜は少し生憎の天候でしたが、昨日からはお天気にも恵まれ、レジャーやショッピングなんかを楽しんでいらっしゃる方も多いかと思いまます[黒ハート]
土曜からお休みの方は3連休、「ウ○ギ」等は3連続RC出撃しているんですよね~。
Papaさんは通常出勤の月曜ですから、この週末もいつもと同じなんですよ~[失恋]
ホント、ラジコン三昧できる輩は、

「ウラメシイ~(笑)!」

さて、日曜はホームコースであるヒルトップで(結果的に)コースメンテとSCトラックを中心にEP OFFを楽しんできました。

Papaさん自宅付近ではですが、先週金曜からの雨は土曜明け方にはすっかり止んで、朝から少し風が強く吹いていました。
(これまでの経験で)雨上がりでも風が吹くとヒルトップの路面は回復が早くやや乾燥することが多かったので、土曜昼間には翌日のヒルトップ出撃をLINE連絡入れていました。
で、朝7時半に現地入りしてみて、ビックリ!!

「巨大な水たまりが・・・・、。」


・・・・・・・・・・


予想を大きく外して、コースのところどころを雨水が多く残っていました[もうやだ~(悲しい顔)]
ただし、そんな中、ヒルトップのお父さんとKidさんが懸命の排水作業中~[ぴかぴか(新しい)]
PapaさんもPIT席に荷物の搬入もしないで、排水作業に参加[あせあせ(飛び散る汗)]
スポンジで水を吸出しバケツに溜めて排水溝に捨てるという地道な作業を続けること約1時間。
大方の水抜きを終えた後、Kidさんと二人でぬかるんだところに土を入れたりとコースメンテに2時間を費やして何とか走行可能なところまで持っていきました[ちっ(怒った顔)]

171008 (1).JPG
171008 (2).JPG

メインストレート以外はかなり状況が改善されましたが、ストレートの水がなかなか引きません[バッド(下向き矢印)]
土を入れても、次第に水が浮き上がってきます[もうやだ~(悲しい顔)]
泥団子を覚悟すれば10時過ぎには走行できましたが、流石のPapaさんもストレートの水浮が酷いので心が折れかかってしまいました[たらーっ(汗)]
このころにはウナギさん、Kowataさん、横ちゃん、T港さんが集結~。
そこで、Papaさん、最終手段に踏み切ります[ダッシュ(走り出すさま)]
お立ち台前にはかなり土が乗った厚手のカーペットが引いてありました。
このカーペットをストレートに移設を決断し、皆さんに手伝っていただいてなんとか設置!

いやー重かった!

でもおかげでその後は水浮を気にすることなく、しかも入念なコースメンテのおかげで、メガグリップ路面を楽しめちゃったから「良し」としましょう!

モディファイ2WD、ストック2WD、4駆、SCトラックが入り乱れてチキチキバトルが勃発し、夏場では考えられないような路面グリップの中、EPオフを楽しみました。
みんなのバトルはこんな感じです。(ホノボノバトル~!)



日没近くにまで楽しめた日曜ヒルトップでした[揺れるハート]

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

初秋のヒルトップは2駆4駆トラック入り乱れてチキチキバトルモードでした! (2) [ヒルトップ]

恒例の続編です[ダッシュ(走り出すさま)]

さてデフ変更によってどれくらい挙動が変化したか、B44.3の走行テストですが、一気に性格が変わりました。
それは、

「どアンダー!!」

です。予想以上に曲がらず、新水道前S字からのお店前低速区間が苦しいことこの上ない[がく~(落胆した顔)]、。
AKA IMPUCTのグリップ感も強烈でしたが、操作していて悶絶するくらいです[たらーっ(汗)]
たまらずPIT INしてセッティングを変更します[ぴかぴか(新しい)]

これまでFRのアッパーアームは最長でシムレスでしたが、アッパーデッキ側の取り付けを外にして1mmのシムを追加。
B44系の車をお持ちの方はこれで判ると思いますが、持っていない方への解説しましょう[ひらめき]
アソシB44系の車はアッパーアームをアッパーカーボンデッキから吊り下げるような形で固定されます。
よってアッパーアームに角度をつけたい場合はピロボール下にシムを追加していくことになりますが、追加するシム厚さに非常に敏感で少しの量で激変します。
今回、この変更だけで車の挙動が一気にニュートラルな方向に変化しました。
Papa好みのスロットル操作でパワースライドさせながらコーナーをクリアするセットまでは突き詰められませんでしたが、この日のチキチキバトルでもそこそこ走れたので折を見て煮詰めていくつもりです。

B64やXB4が各サーキットで暴れまくっていると思いますが、B44.3もまだまだ捨てたもんじゃないですよ~[揺れるハート]
熟成された部分が多く、Papaさんは非常に気にっている車です。初代→グレイシール→B44.3と乗り継いできているので、車の性格も熟知できていますからね~[わーい(嬉しい顔)]
B44系をヒルトップで走らせていて、セットに困ったらいつでも声変えてくださいませ。
あ、ヒルトップに出現している時にね[あせあせ(飛び散る汗)]最近はONが多いから、レアキャラになっちゃったかな[exclamation&question]

さて、4駆だけに専念していたかというとそうではなく、ストック化したB5Mで周りとのチキチキバトルも楽しませていただきました[ハートたち(複数ハート)]
B5Mくんはいつもと変わらず安定した走りをみせてくれていて、周りのストック仕様車に負けてはいなかったと思います[るんるん]

そうそう、最近のヒルトップ、一気にストック熱が爆発し、皆さん、ストック仕様車を作って走らせています。
新たにCACTUSを仕入れてストックにしたIWAさんやPapaと同じくB5MをストックにしたKowataさん等、その操作しやすさや一発ミスが命取りになる緊張感を楽しまれています。

そんな2駆4駆入り乱れたバトルの様子をビデオに収めたので紹介しておきますね~[キスマーク]



今日は短くこんな感じで、。

じゃ[exclamation×2]
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

初秋のヒルトップは2駆4駆トラック入り乱れてチキチキバトルモードでした!(1) [ヒルトップ]

とうも、どーも、。
この4,5日で、すっかり秋モードになりましたね~[ひらめき]。朝夕は肌寒さを感じるようになりました。
10月衣替えの季節を迎え、Papaさんも衣類を秋冬に置き換え始めています[ぴかぴか(新しい)]
しかもこの土日はお天気にも恵まれ、我がホームコース、ヒルトップでは常連さんや新顔さんでEPオフロードを満喫していましたね~[わーい(嬉しい顔)]
かくいうPapaさんも日曜日に出撃してきました[るんるん]

当日の朝はホントは少し朝寝坊したかったですが気合で起きて、7時過ぎに現地入りしました[あせあせ(飛び散る汗)]
サーキットに1番乗りして、いつもの席にPITを構えます。

171001 (3).JPG

中央にB44.3くんを鎮座させ、脇にストック化したB5Mでバギー2台体制です。
何故B44.3が真ん中なのかは後ほど説明します[たらーっ(汗)]

LINE連絡によると前日の土曜もそうでしたが、この日の路面も十分に水分を含んだシットリ状態。

171001 (1).JPG
171001 (2).JPG

これらの情報をヒルトップ仲間にLINE連絡し、この日、ご一緒される方々を待つこと10分、2日連チャンとなるナベ一派とおはよウナギさんが登場~[黒ハート]
更にKowataさん、キムキムさんと続々集結しだします。
一通り、朝のご挨拶を済ませたPapaさん、おもむろにB44.3君を分解開始[ダッシュ(走り出すさま)]
この日の大きな目的を、

「B44.3のデフセット見直し!」

としていたんですね~[わーい(嬉しい顔)]
このところEPオフで4駆を走らせることがかなり少なくなっていて、いつデフオイルを変えたか忘れるくらい放置気味でした[ふらふら]
先日のGP走行反省で定期的なメンテ(テコ入れ)が重要と再認識したので、デフセッティング変更かねたメンテナンスを実行しました。

フロント→リヤ→センターとデフをバラシてオイル交換しながら各部をチェック、グリスアップを実施します。
で、Papaさんのセレクトしたデフセットは、

フロント:6千→1万
リヤ:4千→5千
センター:3万→5万

と全体的に固くして「前に出る」セットとしてみます。
今までは「ゴリコリ曲がる」セッティングで、Papa以外の人が操るにはかなり難しいクルマでした[がく~(落胆した顔)]
今回デフを固くし基本アンダーステアセットにしてみることにします。
ちなみにデフオイル交換時、Papaさんはバスコーク(シリコン系目止め剤)を使ってシール性を高めています。

171001 (4).JPG

こうすることで、オイル漏れが非常に少なくなり、長時間性能を維持できます[ひらめき]
GPでも紹介しましたよね~。ホント、やるとやらないとでは結果がかなり違ってきますよ~。
ちなみにですが、B44くんのメンテ前デフはほとんどオイルもでもなく、性能維持していましたよ!

さて、なんだかんだしながら全てのデフオイル交換及びメンテナンスが終了したのが10時前くらい、。
早速、どんな挙動を示すのか試してみました[ぴかぴか(新しい)]
このころの路面はカーペットが乾いてきたものの、土部分はまだ良好な水分量です。
そこでチョイスしたのが、

「前後 AKA IMPACT ソフト」

です。新品のPL ホールショット M3の在庫もありましたが、未組立でしたので、前回良好なグリップを見せてくれたインパクトにしてみます。
参考までですが、インナーはモールドです。
んで、走り出してみると、、。


・・・・・・・・・・・


つづく[どんっ(衝撃)]

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

久々のブログ更新!やっと出撃できました~ [ヒルトップ]

いやー、どうも、どーも、、。久々のブログ更新です[あせあせ(飛び散る汗)]
つい最近までHOCの仲間内にも報告していませんでしたが、じつは、8月最終週、持病が悪化して入院しちゃってました、、。[もうやだ~(悲しい顔)]
Papaさん、胆石持ちだったんですね~[バッド(下向き矢印)]。タレントのD川氏も最近Papaさんと同じ症状で入院されたみたいですが、胆石は発症するとそれはそれは凄い激痛なんですよ~。
去年から症状が爆発してしまいっていて、何度か病院のお世話になっています。
昨年から通っている病院の主治医から処方された薬のおかげか、胆のうにたまっていた無数の石は溶け落ちたみたいなのですが、今回、その残骸が胆管を詰まらせてしまい、またまた内視鏡手術を受ける羽目になってしまいました[がく~(落胆した顔)]
しかも今回、運悪くお世話になっていた病院での施術ができず、T大付属病院に転院しなければならなかったのですが、ここがまた・・・・・、。
金儲け主義というか患者の立場を理解していないというか、。[パンチ]
つくづく元の病院の良さを痛感させられました。
「セカンドオピニオン」というんでしたっけ?!近場だからだとか、たまたま最初がそこだったからとかいう理由で他と比較しないと損しますね~[ひらめき]
そんなこんなで最悪の2017年8月が過ぎ去ったのですが、おかげでRC出撃がまったくできていませんでした([もうやだ~(悲しい顔)])。
退院後は少しづつ体調を取り戻していき、やっとこの週末にRC出撃再開できました。

ホントは京商カップ 中京大会もだんだん近づいてきていますし、GPゴムツーリングのセットアップと運転スキルを磨かなければならないのですが、。
この週末はのんびりできるところを選んでの出撃でした。
え、どこでかって?

・・・・・・・・・・

そう!

「超久々にヒルトップ!!」

170909 (2).JPG
170909 (3).JPG

です。やっぱりRC再開はホームコースでホノボノと走るのが一番かと思って!
しかも、B5Mをストック仕様にしちゃった。

170909 (1).JPG
170909 (4).JPG

実は最近目の上のタンコブ化してきている「おはよウナギ」氏がEP OFF 2WDをストック仕様に変更したとの情報が入り、
ここは同じ仕様にして(叩きつぶす)チキチキバトルを楽しむべく、変更しようと思ったのです[わーい(嬉しい顔)]
もともとヒルトップストック仕様先駆者のPapaさんですので、その変更は至って簡単でした。
とりあえずモーターはTrinity D3.0でスパー69T、ピニオン36Tとしてみました[ひらめき]
様子見の1パックでモーター温度を確認してみましたが、56℃とまだまだ余裕綽々でしたね~。
しかし、久々のヒルトップですが、コースは全くと言って変化なし、、。[失恋]
流石に物足りなさ感がハンパなかった!
この日は朝から走っていたのはKowataさんとPapaの2人きりでしたので、思い切ってやっちゃった!

・・・・・・・・・・

なにを?

・・・・・・・・・・

「コース、一部改修しました!」



大ジャンプ後のエリアが少しだぶついていたので、水道まわりを利用して、新S字コーナーを作ってみました[るんるん]
この改修によって、以下のドライビングスキルが要求されるようになりました。
① 飛距離を合せて大ジャンプをクリア
② 大ジャンプ後の速度調整したヘアピンコーナー処理
③ 新S字へのアプローチ速度調整
④ 新S字のインべた走行

いずれもうまく処理できないと他車にパスされてしまいます。要するに今回の変更でパッシングポイントが増えていますね~[ぴかぴか(新しい)]
特に新S字(「水道S字」と命名しましょう!)はインべたで走らないと確実に抜かれます!PapaもKowataさんにここでやられました。
また、水道S字に入る「お立ち台前コーナー」もアウトーインーアウトのコース取りしっかりやらないと、ブチ抜かれるポイントですね~。
セッティングもより曲がる方向に変更が必要ですね~。Papaもダンパーセットを変更しました。

170909 (5).JPG

これまでより若干柔らかめにしています。具体的にはフロント オイル350→300 スプリング アソシホワイト、リヤ オイル300→250 スプリング アソシブラックです。
リヤについては腰砕けを押さえるため、ピストンを1.7mm×2 → 1.6mm×2にして動き出しをおさえてみました。
ちなみに全体的に柔らかくした理由は、ピッチング動作を積極的に取り入れたかったからです[ひらめき]
少しのブレーキングで前後の荷重移動が誘発できれば、フロントタイヤグリップアップが期待できますからね~。
もしもこれでロールが増えすぎてしまったら、前後アッパーアーム高さを変更してロールポイントを上げてあげるつもりでしたが、その変更は不要でした。
ただし、少しテクニカルなったので、最初のギヤ比ですと加速感が今一つで、少々モタツキを感じてしまいました。
そこで、ピニオンを一気に下げます。
36T→30Tにしてこの日は対応~。ホントは33T位がベストと考えられましたが、生憎手持ちがありません。
お店で買っても良かったですが、大勢でバトルする訳でもなく、まったり走らせるには丁度良いので、30Tで我慢しちゃった[ふらふら]
16時くらいにKowataさんも引き上げたので、Papaさんも16:30頃には撤収~。
一日まったりと楽しませていただきました。

翌日は多くのヒルトップ仲間が新レイアウトを楽しんでくれたようです。
少しテクニカル過ぎて敬遠されるかなーって思ったのですが、ま、良かったかな?!

ということで、久々にヒルトップでRC再始動したPapaでした~[揺れるハート]

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この週末はヒルトップ見学~。そこで気づいたタイヤチョイスについて [ヒルトップ]

どーーーーも、、。

はっきりしない天候でなんとなくダウン気味のHaby Papaです、。[ふらふら]
この週末は土曜がRC出撃に適した日でしたけど、HOC チームGPの面々は都合がつかず未出撃でした[バッド(下向き矢印)]
Papaさんとしても土曜午前中に重要任務をこなす関係と何とも言えぬ疲労感から本格的なRC出撃は見合わせました。
その代りと言っちゃなんですけど、

170626 (1).JPG
170626 (2).JPG
170626 (3).JPG

空モノのお気に入り2機と共にヒルトップに見学に行ってきました[わーい(嬉しい顔)]
まあ、おはよウナギさんに貸していたTAMIYAのニッカドバッテリーを返してもらう用事がてらでしたけどね~。
土曜ヒルトップは翌日の天候を心配してか結構多くの方がEPバギーを楽しまれていましたね~[るんるん]
Papaが見学しに行った時間帯は、ヒルトップのオジサンが入念な水巻きしていたので、日蔭になる駐車場前は比較的良好な路面状態でしたけど、お店前なんかは少しダスティーだったかな?

そんな路面状態だったせいか、皆さん4駆主体で走行されていました。
でもね~[バッド(下向き矢印)]、Papaから言わせると皆さんのタイヤチョイスに問題ありかな~。
4駆にボウタイやキャリバー、クライムファイターを履いて走らせている方が多く、路面状態を悪化させる要因になっていると見ましたね~[パンチ]

本格的な夏路面でもなかったですし、埃の下は固く締まった路面でしたから、マイクロピン系で固いコンパウンドのタイヤの方が良かったと思います[たらーっ(汗)]
ボウタイやキャリバーは冬の凍結路面が乾き、路面全体はフカフカの時に使うと良いですね~。
今の時期から夏場にかけては、HBのギガバイトレッドやPL Tazer、定番のPL ホールショットの方が安定したグリップが得られます。[ぴかぴか(新しい)]
AKAのIMPACTなんかも良いです[ひらめき]

2駆も同じ考え方で良いはずです。かなり乾いていて風がある日なんかはTAMIYAのKコンパウンドがバッチリの時もありますから、ピンハイトの高いタイヤを用意するより、固いコンパウンドのタイヤを探したほうが良いと思います[揺れるハート]
ま、ホールショットに回帰するのが一番手っ取り早いですけど、、。

さて、見学ついでにムービー撮影してきたので、ウナギさんの2駆走行を紹介して今日のブログを〆ましょう[グッド(上向き矢印)]



じゃ[exclamation×2]

2017GW ヒルトップに出撃です! [ヒルトップ]

どーも、

2017年のGWも後半期間に入ってきました[揺れるハート]
昨日の高速道路は下り線渋滞が凄かったみたいですね[2]
そんな中、PapaさんはAlettaさんを誘ってヒルトップに出撃してきました[わーい(嬉しい顔)]
Alettaさん、実に2年ぶりのヒルトップでしたね~。GP ONへのカツカツが凄すぎです[あせあせ(飛び散る汗)]

実は前日、とある事情で市街へ電車で出かけていて、お天気も良かったのでバスも使わず歩いて駅まで往復[ぴかぴか(新しい)]
少しだけですが良い運動になったので心地よい疲労感が残っており、「朝起きられるかな?」って思っていたのですが、しっかり起きれちゃいました[るんるん]
いつものように7時くらいに現地入りしましたが、なんと、

「んげっ!3番手!!」
既にKowataさんとSUSUZX5さんがPITを広げていらっしゃる!!!
お二人とも早過ぎです、、。
五月晴れの日光が良く当たる席にPITを構えて、

20170503 (3).JPG

恒例の路面チェック、

20170503 (1).JPG
20170503 (2).JPG

まあまあの状態でしたね。先着のお二人がしっかり水巻きされてましたから、、。
あ、PIT写真でお判りのように、この日はデザゲとBLITZ君の出走予定のPapaでした。
タイヤチョイスは、

DT-02   FR:Jコン リップスグリーン RR:PL ブロッケイドM3
BLITZ   FR:HB メガバイトピンク   RR:PL ブロッケイドSC M3

です。お天気もよく、路面が乾いてくることを予想してのチョイスです。
走行準備しているところ、程なくして、キムキムさん、タケさんが登場し、Alettaさんも到着。
少し遅れて山さんも久々、静岡からGW帰省を利用してヒルトップに来てくれました~[るんるん]
そうそう、Papaさんにビックなお土産アリガトさんです[exclamation]
GW後半に予定しているGPテストで試させてもらいますね~[黒ハート]

Papaのこの日のメニューは、

「DTくんのESC再セットアップ!」

でした。
とにかくフィーリングがいまひとつのTBLE01S ESCです。ブレーキやデットバンドなど一度タミヤ出荷時状態にリセットして、もう一度一つづつセッティングしてみることにしました。
8時くらいからキャンバーや車高、トーインを再確認して前回セットのまま走行スタート。
数周、これまでのフィーリングを確かめた後、ESCをリセットして再度走行フィーリングを確かめます。
少し走って、ブレーキ設定を変更してまた走り、ブレーキフィーリングを調整しました。
その後、デットバンド(前進→ブレーキ→バックに入るタイミング調整)を変更してできる限り好みの設定に仕上げてみました。
この間、実にバッテリー1パックしか使っていません。少し追い充電しましたが短時間で集中して実施することで、微妙な変化をつかみやすいし納得いくセッティングができますね[ひらめき]
10時くらいにはDTくんのテストメニューは完了しちゃった[たらーっ(汗)]
んで、早々にDTは終了となりました。

さてこの日はSUSUZX5さん筆頭にタケさん、キムキムさんと4WDの出走が多くAlettaさんも2年間ダンパーオイルを熟成させたXB4を引っ張り出してくるなど、

「プチ4駆祭り!!」

になっていました。
となったらPapaもB44.3くんを引っ張り出す以外にありませんよね~。このころには最近良くヒルトップにいらっしゃるようになったSs木さんもB-MAX4で登場し、コース上は4駆一色になっていました。
セッティング途中でカメラを向けた途端にグダグダになったキムキム号がこちら↓



2年間ダンパーメンテしていない([パンチ]) AlettaさんのXB4を少しやらせてもらいましたが、

「恐ろしく曲がる!!」

やっぱりXB4は素晴らしい車です[ハートたち(複数ハート)]。新型B64の原型になったことが良く理解出来ましたね[exclamation&question]
我がB44.3くんもご一緒した他の方々の4駆よりもかなり曲がるセッティングになっていますが、このXB4には負けますね~[バッド(下向き矢印)]。いやーー、感心した[あせあせ(飛び散る汗)]

久々登場のAlettaさん、最初は当時から変わったヒルトップの(マニアックな?!)コースレイアウトに当惑していましたが、次第に慣れて、高いアベレージ速度で周回していました。デュランゴ2WDも健在ですし、たまにはEP OFFも良いかなって思ってくれたかしら[exclamation&question]
まあ、HOC布教活動もできたし良かったかな[わーい(嬉しい顔)]
ということで、

「祝!キムキム+Kowata、HOC入会!!」

キムキムさんは次回HOC合同練習参加予定ですし、Kowataさんもだいぶ興味を持ってくれましたらからね~[揺れるハート]
戦力(人手ともいう?!)が増強されれば、これまた楽しくなっちゃいます!

さあ、いよいよ京商カップ関東大会に向けて加速しますよ!!

次回は「GPSW合同練習」です!HOCメンバー集合!!

必死の排水作業~。その後シッカリ走りました!! [ヒルトップ]

さて、日曜ヒルトップに勇んで出撃したPapaさん、コース上の水たまりに茫然となっているところに、F本一派のKさん登場。
二人顔見合わせながら少し茫然として、排水ポンプを回すことから取りかかりました[ダッシュ(走り出すさま)]

PIT下及び駐車場前排水ポンプを回して、地下水を抜きます。
そのうちにF本さん、なべさんも揃って登場し、ヒルトップのオジサンも巻き込んで5名で必死の排水作業を開始~[パンチ]
ポンプで水たまりの水を抜きながら、スポンジで水をくみ出すという地道な作業すること2時間半!

20170423 (4).JPG
20170423 (5).JPG

9時半くらいにはここまで排水を完了させたところにキムキム登場!

「おせーっ!」

とPapaに愚痴を浴びせられながらもF本さんとじゃれ合うキムキムさん、。憎めない人です~[ぴかぴか(新しい)]
10時半くらいには走行できるまで路面が回復し、Papaさん改めてPITを設営します。

20170423 (7).JPG

ホントはSCも走らせるつもりで車に積んでありましたが、路面状態を考えると2WDバギー一本に絞ったほうが良いと考え、B5Mくんのみ走行準備します。
思い起こせばB5Mくんも走らせるのは3か月ぶりくらい、。[ふらふら]
しばらくDTくんに注力していましたからね~[わーい(嬉しい顔)]。そろそろお疲れ気味のショートリポを充電して、11時くらいに走行開始しました。
ちなみにこのころはここまで路面回復しています。

20170423 (8).JPG
20170423 (9).JPG

セレクトしたタイヤはFR AKA 3リブ、RR AKA インパクトです。
本来なら水分たっぷりの路面ですとPL スクエアファジーM3や定番メガピン(5部山)がベストですが、こんな時ぐらいしかAKAの出番はないですから在庫処分の感覚です[ひらめき]
Papaより先に走っていたF本さんの情報ですと、リブタイヤですと曲がらないとのとこ。一応、交換用としてHBフルスロットPINKも準備しておきました。

1パック目、リヤのグリップ感は申し分なしですが、お店前はまったく曲がりません。
バッテリー半分消費した時点でPIT INしてタイヤ交換を実施。

2パック以降はFR HBフルスロットPINKでガッツリ曲がってくれました[揺れるハート]

夕方近くなると路面がだんだん乾いてきたので、FRタイヤを再びAKA 3リブに変更。
曲がり方が若干アンダーを感じたのでFRスプリングをTAMIYA イエロー→アソシ ホワイトに変更して、周りの4駆や2駆とのチキチキバトルを楽しみました。

またセッティングアドバイスにも励まさせていただきました。
RT5からはじまりB-MAX4までいろいろ見させてもらいましたが、基本的なジオメトリーを治すだけで、かなり走らせやすくなったみたいです。

「走らせにくいな~」って思ったり、「なんで周りの車は速く走れるのかな?」なんて思ったら相談に乗りますよ~。[わーい(嬉しい顔)]
ちょっとしたことで改善できたりするので、一人で悶々とするより、聞いてくださいね[ハートたち(複数ハート)]
あと、F本さんにPapaのB5Mを見られて、ちょっとびっくりされちゃいました。

「ホント、ノーマルのままなんですね!」

ってね!そうなのですよ~[るんるん]。素性のよいB5Mくん、まったくオプションを入れずに走らせ続けているPapaさんなんです[exclamation×2]
ジオメトリーを自分好みにするのと、こまめなメンテ、ダンパーセットでフルオプマシンに対抗できるんですね~[揺れるハート]

お金をかけなくても、ちゃんと車を作りこめば走るのですよ[どんっ(衝撃)]


・・・・・・・・・・・・・・


ま、いろいろなカテゴリーに手を出していて、OP導入まで手が回らないのがホントのところですけどね~[わーい(嬉しい顔)]

そうそう、キムキムさん、レーザーを面白4駆にコンバートしてきました。
いまや完全にレア車の、

「アザラシ レッドシール!!」

です。
いまどき珍しいカーボンシャシーで激軽な車をうまく操っていました。
ちこっとムービー撮影させてもらったので〆に紹介しちゃいますね~。



んじゃっ[exclamation]

久々にヒルトップ出撃です!しかし朝は大変でした!! [ヒルトップ]

あと1週間で大型連休に突入しますね~[黒ハート]
ウキウキワクワクしてくる反面、計画的な出費を心掛けておかないとお休み後に地獄をみると思っているPapaさんです[あせあせ(飛び散る汗)]

さてさてこの週末、ついに「京商カップ2017」が発表されました[ダッシュ(走り出すさま)]
初戦が関東大会GPSWで5月末開催ですね~。我がHOCもしっかり準備開始です[exclamation]
昨年度で終了したDRXクラスの代わりにPLAZMA LMクラスがチーム戦に昇格。しかも予選からドライバー交代を義務づけ、予選時間も15分となっています。
さらにESC、ギヤ比とも一択ですし、19.5Tなる専用モータを発表されていますので、かなりガチガチなレギュレーションになっていますね~[ぴかぴか(新しい)]

PLAZMA LMを持っていないPapaとしては、興味ないかというとそうではなく、実はかなり魅かれるレギュだったりします[ハートたち(複数ハート)]
だって、こうなってくるとドライバースキルとチームワークが試されるわけですし、我がHOCにはレース用車つくりとバッテリー管理のエキスパート「Aletta様」がいらっしゃる[揺れるハート]

チームとしてはピュアテンGPに注力される思いますが、新メンバー「おはよウナギ」さんもPLAZMAは持っているとのこと。このクラスにエントリーしてもたのしそうですよね~[るんるん]

まあ、PapaさんはインファーノGT2クラスで遊ばせていただければ良いのですけど、ご依頼がございましたら考えちゃいますよ[exclamation](なんてね~)

あ、そう言えば、ウナギさん、

20170423 (6).jpg

「チャ○プ 4月例レース、SCクラス2位入賞おめでとーー!」

やるね~[パンチ]。これでHOC EP実力者の一員ですね!誰かさんたち(サト&Papa)と違って初心者クラスを荒らすことなく、実力者の中で勝ち取った結果です[exclamation×2]
お見事です[揺れるハート]
その実力を今度はONのレースで貸してくださいね!


さて、そんな京商カップ話で盛り上がったHOC LINEトークとウナギ結果はひとまずこれで終わりにして、この週末の話を書きましょう!
ちょっとした事情で今週は「GP一休み」としましたPapaさん、。
で、久々(なんと2か月ぶり(汗;))に我がホームコースのヒルトップに足を運びました。
いやー、こんなに間を開けたのはこれまであったかな~。なんだかんだで2か月ぶりになっちゃった[exclamation&question]
気にはなっていたので、KobaさんのブログやLINEグループトークで状況は把握していましたが、実際に足をはこんで走らせるまでには至っていませんでしたね~。
そこで、先週金曜くらいからお天気予報をチェックやご一緒できる方の情報を入手していました。
当初、土曜出撃をIWAさんにお誘い受けましたが、予報によると土曜午後はお天気下り坂、、。[ふらふら]
雨の心配しながらは嫌でしたので、日曜出撃を決意。IWAさんやKidさんなんかは強行出撃したみたいですがどうだったのかな?

予報通り、Papaの自宅付近は土曜14:00くらいから空が泣き出してしまいましたからね~。[もうやだ~(悲しい顔)]
結構夜遅くまでしっかりした雨でしたので、翌日のコースコンディションを心配しながら日曜の朝を迎えました。[ひらめき]

気になってしまったコースコンディションを確認すべく、7時過ぎには現地入りしたPapaさん、
コース状態をみて、

・・・・・・・・・・・・・・・・・

20170423 (1).JPG
20170423 (2).JPG
20170423 (3).JPG

「絶句!!!!!!」

コース全体を覆うような水たまり、、。
さあ、どうするPapaさん、撤退か[exclamation&question]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つづく、、。[あせあせ(飛び散る汗)]


2月最後の日曜ヒルトップ、タミヤ車で大盛況~ [ヒルトップ]

先週末はまたまた快晴で、行楽日和でしたね~。
少し忙しくてブログ更新サボってました[たらーっ(汗)]
さて予告通り、Haby Papaは日曜日にヒルトップでEPオフロードを楽しんできました!

日曜は大勢の方がバギーを楽しみに来られ、ピットが満席となる大盛況でした[ハートたち(複数ハート)]
特に今回はTAMIYA製EPバギーが数多くみられ、ホノボノムード満載の1日でしたね~。

ヒルトップ常連のおはよウナギさんはブルジョアDT-02で、KiriuさんはB-MAXダンパーやカーボンダンパーステーで強化されたDT-03を走らせておられましたし、横ちゃんも4駆がDB-01だったりします[ぴかぴか(新しい)]
また、お仲間で来られた方々(親子連れ様ご一行)はDTやTT-02Bやらで楽しんでおられました。
Papa含め7台くらいいたんじゃないですかね~。タミヤ車がこれほど多く見られたのは久々ですね~[揺れるハート]

この日もゆういちさんやKidさんを抑えて1番のりしたPapaさん、いつもの席に陣取ります。PITはこんなかんじ↓

IMGA0004.JPG

DT君は前日までにアライメントチェックまで終わらせて、走り出すのを待つまで。中央に鎮座したのはこのところ、セッティングをサボっていたBLITZくんといった体制です。

コースはこんな感じ、

IMGA0002.JPG
IMGA0003.JPG

少し冷え込んだ朝でしたが、霜はありませんでした。
とにかくカサカサ路面です。
Kidさん、ゆういちさんとでコースメンテして走行準備にかかります[るんるん]
走り出しは8時過ぎくらいにゆういちさんが先頭を切ります。
Papaも負けじと、DTのセットを確認しました。

先報していますが、この日のDTくん、アッカーマンの改善状態と粘土デフの効果確認がメインです。
走り出して直ぐに気づきたい点がデフの効果。
蹴り出しが良く、ギャップでの唐突な抜けもかなり改善されていました。
更にシケインやお店前コーナーもほぼほぼ弱アンダーなステアリングです。
走り出し5分で、

「この日のDTセット確認終了~」

となりました([わーい(嬉しい顔)])。

ただですね~、デフの効果は期待以上で、これまであまり気にならなかったESCのブレーキフィーリングを顕著に車に反映してしまうようになりました[バッド(下向き矢印)]
DTくんに積んであるESCはTAMIYA TBLE01Sです。このESC、(巷で有名な特性?!)

「ブレーキがガツンと効き過ぎる!」

というオンロードでも使用しても少し扱いにくく感じるところなんですね~[たらーっ(汗)]。直線からのタイトターン、大ジャンプアプローチのところで車の姿勢が乱れ、運転しづらいことこの上ない[パンチ]

ESCの設定だけでは好みのフィーリングにならず、プロポ側でいろいろ調整してみましたが納得いく結果にはなりませんでした。
そんなこんなで、悶々と走っていると、直線で前足をひっかけてまたまたフロントダンパーステー一体型サスホルダーを壊し、PITイン[がく~(落胆した顔)]
予備に交換して走り出したら今度は右アクスルが折れ、これまた予備に交換したら左アクスルが折れるというアクシデントが重なりジ・エンド[exclamation×2][もうやだ~(悲しい顔)]
予備パーツがなくなって早々と走行終了となってしまいました。

実はESCのブレーキフィーリング、Papaのこだわりポイントなんです[あせあせ(飛び散る汗)]。これまでNOVAKだったりHW系やG-ForceのESCを使用した経験がありますが、LRPのESC特性に勝ると思ったものがありません。
ブースト・ターボを使用しないPapaにとって、リニアに吹け上がり、操作量に比例して効いてくれるブレーキング特性をもったLRPのESCがBESTチョイスと感じてしまいます。
バックレスが多いLRPのESCですが、それでも使いたいと思っちゃうのは、Papaのお手手にあったフィーリングを感じさせてくれるLRPのESCですね~[揺れるハート]

「DTもLRPに変更しようかしら?!」

さて、早々に終了してしまったDTちゃんですが、その後はBLITZくんと久々B44.3くんを登場させて夕方までオフロード走行を楽しませていただきました。
特にBLITZくん、かなり特殊なダンパーセットにしたら思いのほかよくなった[exclamation&question]

このレポートは(いつものように)次回につづく、、。



日曜ヒルトップ、DTはちょっとバージョンアップです! [ヒルトップ]

どーーも、、。

先週の金曜日はものすごい風でしたね~[がく~(落胆した顔)]。「春一番」となった風ですが、通年、あんなに強く吹き荒れましたっけ?
なんか例年になく強く感じたHaby Papaです[あせあせ(飛び散る汗)]
翌土曜もその影響が残り、少し強めの風が吹いていましたし、、。風が強いと「空モノ」の練習ができないのが困り事だったりします[バッド(下向き矢印)]
少しの時間も練習になるので、週末は穏やかであってほしいと思うワガママPapaですね~(^ ^;)

そんな風の強い週末でしたが、我がホームコースのヒルトップではEPバギーファンがしっかり走りこんでいました[ダッシュ(走り出すさま)]
土曜は多くのファンで賑わったみたいですが、昨日の日曜は7名と少し寂しかったかな?!
まあ、PapaとしてはしっかりDTのセットを進めてきたので「楽しい1日」でしたけどね[わーい(嬉しい顔)]

昨日朝一のコース状況はこんな感じ↓

170219 (1).JPG
170219 (2).JPG
170219 (3).JPG

これまた通年でしたら霜で半日走れないことが多いのですけど、今シーズンはほとんどないですね~[ぴかぴか(新しい)]
霜がないと朝からしっかり走りこめますが、日中はカサカサでダスティー且つ固い路面になるのでタイヤチョイスがかなり難しくなっています[ふらふら]

ヒルトップで鉄板だったタイヤチョイス、

朝一はメガピン→日中、ブロッケイド→夕方、メガピン

がまったくダメ、。

最近は、

朝一 ブロッケイド→日中、ボウタイやキャリバー→夕方、水気が少しでてきたらブロッケイドで水気がないなら日中タイヤのまま

なんてローテーションになっているのでは[exclamation&question]
そんなこんなで、Papaも朝一からブロッケイドをチョイスしています。
あ、恒例のPIT写真を忘れてましたね!

170219 (4).JPG

写真には写っていませんが、日曜はDTの他に久々、BLITZ君も少しだけ走らせました。
この2週間はDTくんに手いっぱいですが、BLITZくんも手をかけてあげないとダメですね[バッド(下向き矢印)]
クルマの動きがダメダメでした。DTがそろそろひと段落つきそうなので、次回以降、真面目に再セットアップに取り込もうかな[ダッシュ(走り出すさま)]

さて、この日もメインだったDT-02くん。(ヒルトップ仲間では「ワニ」とも呼ばれていますが、、。)
走行開始前に先週の破損個所修理と弱点克服のためのOP投入します。
シェイクダウンを終えて、サーキット走行での弱点が徐々に見えてきました。
噂では聞いていましたが、Papaが再認識した弱点は、

① サスピンが抜けてくる
② アッパーリンケージ等の脆弱さ
③ フロントダンパーステーの剛性不足

ですね[パンチ]
入門車ゆえの定めなのか、ネジ式のサスピンは走行の振動で簡単に緩んでしまします[たらーっ(汗)]
メーカーであるTAMIYAもその辺は認識していて、Eリング固定のサスピンをオプションとして販売していますが、簡単かつ安価な対策方法を考えてみました。
それは、

「サスアームの瞬間接着剤コーティング」

です。
ネジこまれる部分に予め瞬間接着剤を染み込ませた綿棒で内側をコーティングします。
DTのサスアームはナイロン樹脂たいですね。とにかく柔らかいです。たぶん目の粗いネジだと喰いこみがすくなくてゆるんじゃうじゃないかな[exclamation&question]
そこで、瞬間接着剤で固くしておいてネジ切部の強度を少し増しておくのが目的です。
サスピンを組み込むときにネジになっている部分に少量のネジロック剤をつけておくと更に良いですね~。
この処理をした部分はかなりハードな走りでも今のところ緩みは見られません[揺れるハート]
やってなかった部分は緩んでしまったので、慌てて処理したことは秘密ですが、、。

次にフロントダンパーステーの剛性不足対策ですが、これも有名かな?!
左右をパワーバーで結んであげるだけです。
Papaはターンバックルロッドを使いましたが、長いネジの頭を落として余ったピロボールセットで結んであげるだけでも良いですね。
これもやらないとフロントダンパーステーを折ってしまします。
170219 (9).JPG
(実はPapaもやっていなかったので折れてしまったのもヒミツです!)
(おはよウナギさん、スペアありがと~!)

で、3点挙げたラストの「リンケージロッドの脆弱さ」ですが、1日サーキット走行しただけで、

170219 (6).JPG

こんな結果になっています[バッド(下向き矢印)]
とにかくロッド剛性は「皆無」と言って良いでしょう。こればっかりは「創意工夫」で何ともなりません。
そこで、

170219 (5).JPG

「2つ目の純正オプション投入~」

です。
先週の「六角ハブ化」につづき、「投資」してしまいましたが、これはイタシカタないかな[ふらふら]~。
ジャンプセクションがあるオフロードサーキットでしっかり走るためには純正のロッド剛性は・・・・・、。
でも、これさえあれば安心してサーキットが走れますので買って損はしないですね[キスマーク]
まあ、これまでの投資金額合わせても実際のところ¥3,000以下ですから、車本体のキット価格に追加しても¥1万強くらいです。
コストパフォーマンスはかなり優れています。

さて、クルマが万全になったところでこの日の走行開始しました。
そして「3つのセッティング変更」で更に戦闘力がアップしたDTくんです。
その詳細は例の如く、次のブログで紹介します。
RRダンパーセットの方法は必見ですよ~[ハートたち(複数ハート)]
効果絶大でしたからね[わーい(嬉しい顔)]


ということで次回もこうご期待[exclamation×2]


前の10件 | - ヒルトップ ブログトップ