So-net無料ブログ作成
検索選択

XV01T組み立て編(その2) [XV01T]

今日はHOCメンバーのAlettaさん、Gakuさん、Kidさんが京商カップ中京シリーズに参加しています[ぴかぴか(新しい)]
精鋭3名の活躍が期待されます[exclamation×2]

「3人、がんばれ~!!」



さてさて、本題の「XV01Tの組み立て編その2」です[キスマーク]

前編でギヤBOXまで紹介しましたが、そこまで組み立てちゃうと、後はサクサク進行しちゃいます。

XV01T (7).JPG

ステアリング周りを組み立てて、

XV01T (8).JPG

サスアームをサブアッシーします。
で、こだわりポイント[ひらめき]

フロントは1mmスペーサーを前サスマウントに挟んで、「前上がり」にしてあります。デュアルパーパスであっても本格オフロード走行も考えると、走破性を上げる基本セットとなるんじゃないかな~[るんるん]

XV01T (9).JPG

サスアームはなにも加工しなくてもスムーズに組めるところが、さすがTAMIYAですね[揺れるハート]

XV01T (10).JPG
XV01T (11).JPG

ギヤBOXを合体し、RRセクションも問題なく組めちゃいます。

XV01T (12).JPG

シャーシが完成して、

XV01T (14).JPG
XV01T (15).JPG

メカ積みです。

お気づきかもしれませんが、ESCもTAMIYA TBLE01Sです。
タミグラレギュに準拠してますから、ヤフオクで手に入れました[わーい(嬉しい顔)]

センサーケーブルがTAMIYAの350mmが必要なこととモーター延長コードを作らなければならないところですね~[ふらふら]
ダンパーや走行時、ケーブルが干渉しないように処理しなければならないので、じっくりメカレイアウトを検討する必要がありました。
防塵カバーのケーブル遠し穴も狭いので、14Gケーブルを使うとすっきりするかもしれません。
Paoaは手持ちの12ゲージケーブルで、カバーの穴を広げて対応しました[あせあせ(飛び散る汗)]

で、

XV01T (16).JPG

「完成!!」

組み立てには10Hくらい必要かな[exclamation&question]

RCキット組み立てに慣れている人であればもっと早く組めるでしょうけど、じっくりこだわって組むとこれくらいかかりますよね~。

あ、ダンパーはとりあえずピストンを2穴でオイルはキット標準(ハード)にしてあります。
更に、OPのスタビ(前後ソフト)を予め組み込んであったります。

ネットでXV01のセッティングを探してみましたが、ほぼオンロードセットでしたので、

「スタビは必須、足はハード!」

の情報がほとんどでした、、。

ま、自分でオフロードセットを模索するつもりでしたからいいんですけど!またヒルトップ走行の機会があれば、ゆっくりセッティングしてみたいと思っています。

チキチキバトルの合間だとムズカシイかもしれないので、バトルに参加しないで専念する必要があるかな[バッド(下向き矢印)]

いつになるかわかりませんが、XV01Tくん、いい題材になりそうです。

セッティングできたらまた紹介しますね!

では!!

TAMIYA XV01T組み立て編(その1) [XV01T]

Domo(どもっ),

オフロードシェイクダウンがかなり好感触でしたXV01Tくん[るんるん]

Haby Papaなりのこだわりを持って組み立てていたので、ちょこっと紹介しましょう[揺れるハート]

天下のTAMIYA RCキットですから、組み立て説明書通りに進行すれば、問題なく組めちゃうと思いますが、少し工夫を入れたいところもあるのですね~[あせあせ(飛び散る汗)]

先ずはデフ[ダッシュ(走り出すさま)]

XV01T (1).JPG

XV01Tは前後とも4ギヤデフですが、ギヤ本体やクロススパイダーはプラ製です。従ってバリ取りは入念に行います。また、オイル漏れを防ぐために、アクスル部分のOリングはデフグリスを塗っておきました。これやるのとやらないとでは、メンテサイクルが違ってきますね~。
Papa's TB04君はセッティングのため、頻繁にオイル交換していますけど、この下処理することで、メンテ前でも内部のオイル漏れはほとんど経験していませんよ!

で、ギヤオイルです。

XV01T (2).JPG

フロントは3万番、リヤはキット付属の900番としてみました。オフロードを走行する車は「前カキ!」が基本と考えている「RC親父」のHaby Papaですからね~。
「古い」セットと言われようが、これでいいんです[あせあせ(飛び散る汗)]

んで、

XV01T (3).JPG

ギヤケースが完成!
内部のカウンターギヤなんかには、モリブデン系グリスを薄く塗布してあるのはいつもの「こだわり」です、、。

さて、今回、一番のこだわりポイントが、

XV01T (4).JPG

カーボン強化ダンパーステーとサスマウント」

です。
これまでのTAMIYA車の経験を生かして、Papaが最も「弱い」と思われるところをあらかじめ対策しています。(ホントは「アルミパーツ」でしょうけど、お小遣い制のPapaには無理~[バッド(下向き矢印)]

特にサスマウントはキットのものは柔らかすぎで、オフロードのハードなキックバックに耐えられないと思っています。最低でもカーボ強化パーツは必要ではないでしょうか?
カーボン強化部品はリーズナブルなところも魅力ですしね[わーい(嬉しい顔)]

次のこだわりが、

XV01T (5).JPG

「ストック仕様のギヤ比」

64ピッチのギヤセットですが、ハイギヤードでファイナル5.2にセットしてあります。


で、ここからは足回りセクションに移っていきますが、次回(その2)で紹介します。

では、またね~!!