So-net無料ブログ作成

雨の週末はやっぱりレジャラン!ついでにタミグラ反省会~(2) [EPオンロード]

気合の連続更新です[あせあせ(飛び散る汗)]
今日も先週土曜のTB04レジャラン走行レポートを続けます[exclamation]
やっぱり仕様変更の影響は多々ある我がTB04くん。セッティング前後の動きを比較するため、定点でビデオ撮りしながら走行してみました。
セッティング前がこんな感じ↓



各コーナーはステア操作で無理やり抑え込んでいますし、ストレートでの挙動変化が激しいですね~[ふらふら]
楽に運転できるような状態ではありませんでした。

そこで前のスプリングをイエロー(色つき)に変更。前後ともイエローにしてみます。ちなみに変更前はフロント色つきブルーでした。
あ、なんで「色つき」ってあえて書いているかというと、タミヤのホワイトベースのショートスプリングと、全体色つきのショートスプリングでは若干レートが異なると思います。(個人的な意見ですけ、、。)
若干ですが「色つき」の方が固い気がします[ひらめき]
前を柔らかくしたのは、コーナリング中にフロントも逃がし気味にして前後のバランスを改善したかったためです[ぴかぴか(新しい)]
変更後は(少しだけですが)車が落ち着き始めました。
でもナーバスな一面は解決できていません[もうやだ~(悲しい顔)]。全体的にロールが少なく、タイヤの限界点を早めている印象でした。
そこで、前後スプリングをホワイトベースのイエローに変更~。

170916 (7).JPG
170916 (6).JPG

微妙な変更ですが、その少ない変化が好結果に結びつきます。大きく変えると「セッティング迷路」迷い込みますから!
Papa’s TB04くん、少しづつですが、好みの動きに近づきつつありました[ぴかぴか(新しい)]
それでもリヤの踏ん張りがイマイチです[バッド(下向き矢印)]。もう少しリヤをロールさせた方が良いのではと思って、今度はスタビを変更してみます。
ハード→ソフトと一気に変えてみましたが、これが失敗、。[失恋]
ロールして踏ん張る感じが全く無く、まるでドリフトみたいにお尻が滑りまくります。([もうやだ~(悲しい顔)]
すぐさまPITに戻ってリヤスタビをソフト→ミディアムに変更。
これでもリヤの踏ん張り感が不足気味でしたので、ダンパーを立ててみました。

結果こんな動きになりました。



最初よりは大分落ち着いていますが、まだまだですね~[バッド(下向き矢印)]
このパック後、もう一度セットを確認しようと思って走り出すと、壮絶な異音に見まわれた我がTB04くん。
マイタギヤが逝っちゃってました、。

170916 (8).JPG

スペアが1つしかなかったし、修理する時間もなく、この日はThe Endとなりました[たらーっ(汗)]
自宅に戻る際、相模原チャンプでマイタギヤを仕入れてその夜のうちに修理しましたが、デフ含め各ギヤにはしっかりグリスアップもしておきました。
少し静かになりましたよ!([わーい(嬉しい顔)]
修理・メンテ後、まじまじとTBくんを眺めていて、気になる点を思いついたのでメモっておきます。

① フロント、リヤ共アッパーアーム内側ポジションが低すぎ
② 前リバウンドが多く、リヤは逆にすくない。

アッパーアームポジションについては、タミヤツーリンググランプリ仕様時、とにかくスロットルオンで曲がるセッティングにしたのを忘れていました[がく~(落胆した顔)]
前後リバウンドは8月のタミグラの時からノーチェックでした、。[バッド(下向き矢印)]
次回、このあたりを試行錯誤すれば、レジャランでの基本セットはできそうです[揺れるハート]
ただ、すこしづつ変化させないと好みのポイントが決まらないと思うので、時間はかかりますね~[パンチ]
リヤのアッパーアームポジションをある程度決めたら、フロントの高さとのバランスを見極めて、リバウンドを決める感じかな[exclamation&question]


さて、次回はFF03の反省走行の様子をブログにしてみます。

じゃ[exclamation]

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

雨の週末はやっぱりレジャラン!ついでにタミグラ反省会~(1) [厚木レジャーランドサーキット]

どーも、
この週末、台風に翻弄されましたね~[ふらふら]。各地で冠水や倒木などがあったようです。台風により被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

さて雨の週末は恒例の出撃先である厚木レジャーランドでEP ONを楽しんできたPapaさんです[わーい(嬉しい顔)]
出撃の主目的はタミチャレ仕様に変更したTB04くんのインプレとセットの方向を探るためでしたが、8月の五反田で惨敗したFF03の反省会も実施。
どちらかというとFF03主体になっちゃいましたが、2台体制で遊んできました[るんるん]
Weekdayと同じ時間に起床して、8時半前には現地入りしていたPapaさん、グリップコースでは2台、受付前ドリフトコースに2台と少し寂しい感じでしたが先客の方々もいらっしゃいました。

170916 (3).JPG

前述したように当初はTB主体のつもりでしたので、PITもこんな感じに、。

170916 (2).JPG

厚木レジャランではPITエリアの照明があまり充実していないと感じているPapaさん、。電気スタンドは必須です[ぴかぴか(新しい)]
ホントはLED照明の方が良いですが、お小遣いに余裕がないので、白熱球スタンドを愛用しています。
LiFeバッテリーを2本充電済で用意してきたPapaさんです。早速。TB04の走行準備に取り掛かります。

ここで、Papaさん‘sポイント[exclamation×2]
初めてTAMIYAのブラシレスESCをお使いになる方、初期セットアップ(ハイポイント設定)を行う前に(ESC電源と入れる前に)プロポ側のレスポンス設定は全てノーマルに戻したほうが良いと思います。
プロポメーカーによって違いがあるかもしれませんが、Papaさん愛用のKOではレスポンスモードを上げると消費電力もアップするみたいです。
フツーのメーカー製ESCなら要求された電力をバッテリーより供給可能ですけど、タミヤESCはそうではなさそうです[失恋]
ESCからの電力供給不足でステアリングサーボが動かなかったり、下手するとESC本体を破損する可能性が考えれます[がく~(落胆した顔)]
よってPapaさんはタミヤブラシレスシステムを使用するときは全てノーマルモードにしてあります。そのため使用するサーボはノーマルモードでも十分な性能が確保できるスペックのものを使っています[ひらめき]

プロポの設定を変更した後、ESCにバッテリーをつなぎ、ハイポイント設定してメカの準備完了。
続いて簡単にアライメントチェックです。
今回、様子見のため、車高は前後5mm、キャンバーも前後-1°で1日統一させました[あせあせ(飛び散る汗)]

タイヤは前後MNラジアルで1パック目の走行スタート[exclamation]
走り出して直ぐに、

「やべー、まったくタイヤが喰ってくれない!」

ほぼ新品のMNラジアルでしたが、スロットルオンでマキマキ、じわーって握ってもフロントが逃げまくって強アンダーでとても走れたもんではありませんでした[バッド(下向き矢印)]
このままではセッティングもできないと判断し、早々にPITへ引き上げます。背に腹は替えられないのでタイヤチェンジです。
たぶん今でもレジャラン最強タイヤはパナレーサーだと思いますが、タミヤ製タイヤも捨てたもんじゃないですよ。MN TYPE CやM2ラジアルなんかはタミグラ仕様車には十分ですね~[揺れるハート]
Papaさんも少し使い込んだM2ラジアルに変更して車の状態を確認することにしました。
バッテリーは変更せずにこの日2回目の周回テストではタイヤを変えたのおかげで、車は少し落ち着きを取り戻してくれました。
ところが今度は少しきつめのオーバーステアに悩まされます。初期フロントの切れ込みは申し分ないのですが、コーナリング後半のリヤがバタつき、しっくりしません[ふらふら]
といかくスロットルオンでお尻が振れるのでナーバスなイメージが強く、思い切った加速ができませんでした[もうやだ~(悲しい顔)]
タミグラツーリンググランプリ用にセッティングしたままですからね~。モーターパワーが格段に上がっているのリヤの踏ん張りが不足しているのと、全体的なスプリングバランスが悪いと判断、。
で、マッチしたスプリングとダンパー角度を中心にセットを模索開始しました。

・・・・・・・・・・・

つづく[あせあせ(飛び散る汗)]

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

TB04くん、大幅仕様変更~! [EPオンロード]

またまた週末のお天気が[バッド(下向き矢印)]、。台風17号、何故に進路を曲げちゃいますかね~。なにも日本縦断するようなコースを通らなくても良いものを、、。
3連休で1日でも天気が良かったら、しばらく活動休止していたKobaさんも復活したからヒルトップでマッタリバトルを楽しみたかった、、。
今日の昼過ぎまでは明日の夕方までは大丈夫そうだったから、AlettaさんとSRTを企画していましたがね~[失恋]
この分だとこの週末のお外でのRC活動は無理です[パンチ]

・・・・・・・・・

室内か~、

・・・・・・・・・

レジャランだな~、

・・・・・・・・・



・・・・・・・・・

170915 (1).JPG
170915 (2).JPG

「TB04くん、大幅仕様変更~!」

しちゃった[あせあせ(飛び散る汗)]
タミグラツーリンググランプリ仕様からタミチャレGT仕様に変更してみました[わーい(嬉しい顔)]
TB04のタミグラ ツーリンググランプリ仕様ですと、やっぱりその車重がネックですね~。ギヤ比もかなり厳しいですから、TB04での参戦メリットがやっぱり感じられません。
GTチューンやライトチューン指定時代は勝負できましたが、今のレギュは厳しすぎですね、、。[ふらふら]
ということで、再びブラシレス化に踏み切った次第。
手持ちのモーターがTBLM01S 16Tであったので、タミチャレレギュに合わせた車にしてみました。
キット標準スパー66Tと23Tピニオンを使ってギヤ比も6.6:1に変更~[ぴかぴか(新しい)]
今のところレース参加の予定はありませんが、この仕様で暫く走ってみて、納得いくセットができたらイエサブや大宮TamTamなんかのタミチャレに参加してみよっかな~[るんるん]

あ、今度、GPSWのEPタイムでも走らせてみたいと思います。
ギヤ比をいじればタミグラ選手権STクラスの練習もできそうですしね~。
とにかく厚木レジャランでセッティングを煮詰めてみたいと思います[ひらめき]。タイヤもタミチャレに合わせてMNラジアル一択にするつもりですから、お財布にも優しいですしね~。

さて、マジで次の週末はGP出撃したいのでインファーノGTやR4のメンテもしなければ[ダッシュ(走り出すさま)]

じゃ[exclamation×2]


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

EP OFF STOCKの魅力とその他モロモロ [EP OFFセッティング]

さて、Papa’s B5Mはストックでも快走してくれましたが、肝心のウナギ号との(ドツキアイ&叩きつぶす)チキチキバトルは生憎予定が合わずこの週末では実現できませんでした[ふらふら]
でも、たまたま遊びにきてくれたKidさんにPapa’s Stock B5Mを運転してもらいましたが、そのイージーさを再認識してもらったので良しとしましょうね[わーい(嬉しい顔)]

何度もこのブログで紹介していますが、EP OFF 2駆のストック仕様はドライビングスキル向上にうってつけです。
ローパワーではありますが、周回速度はモディファイとそれほど遜色なく、我がホームコースのヒルトップでは混走バトルも可能です[ハートたち(複数ハート)]
ただしモディファイ2WDとのバトルに混ざるためには、そのコースのレコードラインを確実にトレースが必要で、繊細なハンドルさばきやスロットル操作を要求されます[あせあせ(飛び散る汗)]
モーターパワーが期待できないので、如何にトラクションを抜かないで走るかが要求されますし、ほんの少しのコース取りミスが命取りになります。
そのため、操作しやすい車つくりが重要で、セッティングスキルも磨かれますね~[ぴかぴか(新しい)]
Papaさん、今でもEP OFFのスキルアップしたいなら「ストック」を真面目にやるべきと思っています。
レースで勝つにはマシンやバッテリー、モーター等常に最新スペックが必要でやたらお金がかかってしまいがちですが、身内でバトルを楽しんだり黙々と練習するなら追加投資も少なく、とにかく車が壊れないと思います[ひらめき]
走行時間も長いので、少ないバッテリー本数でも大丈夫!。いっぱい走りたい人向けですね。
ちなみにヒルトップ名物「大ジャンプ」をクリアするにはモーターパワーが必要と勘違いされやすいですが、まったく必要ないですね~。
参考までに以前、PapaさんがチャレンジしたタミヤXV01Tでのムービーを再掲載しておきますが、ガッツリ飛べちゃっています[るんるん]



モーターは17.5Tブラシレスでギヤ比を6くらいにしてありますけど、タイヤはキット標準でしたし、バッテリーもヨレヨレ状態のものです。
一旦、モディファイ仕様で慣れてしまうと17.5Tの非力さと速度感の違いから物足りなさを感じて、ストック2WDをやりたがらない人もいらっしゃります[失恋]
しかし、そんな先入観だけで敬遠するのはかなり損しているとPapaさんは思いますよ~。
絶対的スピードが確保できないところを、コーナリングやコース取りで対抗しなければならない等、やってみるとその奥深さが感じられると思います。
ご一緒したKowataさんにも強力に勧めておいたから、そのうち試してもらえるかな?!([わーい(嬉しい顔)]

ところで、話は変わりますが、久々にヒルトップで走ってみて、路面が変わったと強く感じました[たらーっ(汗)]
朝方の十分水分が残った路面状態でもド定番であったHB メガバイト ピンク タイヤが思った以上にグリップしてくれませんでした。
Papaの使用したのはほぼ新品状態だったのに、トラクションが良くないのです[バッド(下向き矢印)]
これもストック2WDで走ったからこそのインプレだと思いますが、モーターパワーで誤魔化されないストックであるからこそ、タイヤのグリップ感をしっかりフィードバックしてくれます。
わずか1パックでメガピンタイヤに見切りをつけて、PL ホールショットに変更しましたが、明らかにグリップ感が向上しました[グッド(上向き矢印)]
この日はしばらくホールショットで走りましたが、もう少しグリップを確保したかったので、AKA インパクト ソフトに変更してみると、

「バリグリップ!!」

と叫びたくなるくらい、マッチしてくれました[黒ハート]
AKAインパクトは条件がそろうとバリ喰いしてくれましたが、今回のように午後になっても良かったと感じたことはあまりありません。
ヒルトップでは乾くか乾かないかギリギリの路面でマッチする印象のタイヤで、使用する時間帯が限られてしまうような感じでしたが、今回は違った[あせあせ(飛び散る汗)]
明らかに路面(土質)が変化したと思います。
たぶん、コース表面が乾燥⇔湿潤を繰り返すうちに、以前の粘土質的な性質がなくなってしまったのではと思います。
新しい土を入れている訳もなく、ビックレイアウトチェンジで路面を掘り起こしていませんからね~[バッド(下向き矢印)]
ヒルトップ定番と思われていたメガピンやブロッケイドが喰わない部類のタイヤになってしまっています。
これからは一般的なホールショットやTazer、AKAインパクトが再び重宝されるタイヤになる気がしているHaby Papaでした。

じゃ[exclamation×2]


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

久々のブログ更新!やっと出撃できました~ [ヒルトップ]

いやー、どうも、どーも、、。久々のブログ更新です[あせあせ(飛び散る汗)]
つい最近までHOCの仲間内にも報告していませんでしたが、じつは、8月最終週、持病が悪化して入院しちゃってました、、。[もうやだ~(悲しい顔)]
Papaさん、胆石持ちだったんですね~[バッド(下向き矢印)]。タレントのD川氏も最近Papaさんと同じ症状で入院されたみたいですが、胆石は発症するとそれはそれは凄い激痛なんですよ~。
去年から症状が爆発してしまいっていて、何度か病院のお世話になっています。
昨年から通っている病院の主治医から処方された薬のおかげか、胆のうにたまっていた無数の石は溶け落ちたみたいなのですが、今回、その残骸が胆管を詰まらせてしまい、またまた内視鏡手術を受ける羽目になってしまいました[がく~(落胆した顔)]
しかも今回、運悪くお世話になっていた病院での施術ができず、T大付属病院に転院しなければならなかったのですが、ここがまた・・・・・、。
金儲け主義というか患者の立場を理解していないというか、。[パンチ]
つくづく元の病院の良さを痛感させられました。
「セカンドオピニオン」というんでしたっけ?!近場だからだとか、たまたま最初がそこだったからとかいう理由で他と比較しないと損しますね~[ひらめき]
そんなこんなで最悪の2017年8月が過ぎ去ったのですが、おかげでRC出撃がまったくできていませんでした([もうやだ~(悲しい顔)])。
退院後は少しづつ体調を取り戻していき、やっとこの週末にRC出撃再開できました。

ホントは京商カップ 中京大会もだんだん近づいてきていますし、GPゴムツーリングのセットアップと運転スキルを磨かなければならないのですが、。
この週末はのんびりできるところを選んでの出撃でした。
え、どこでかって?

・・・・・・・・・・

そう!

「超久々にヒルトップ!!」

170909 (2).JPG
170909 (3).JPG

です。やっぱりRC再開はホームコースでホノボノと走るのが一番かと思って!
しかも、B5Mをストック仕様にしちゃった。

170909 (1).JPG
170909 (4).JPG

実は最近目の上のタンコブ化してきている「おはよウナギ」氏がEP OFF 2WDをストック仕様に変更したとの情報が入り、
ここは同じ仕様にして(叩きつぶす)チキチキバトルを楽しむべく、変更しようと思ったのです[わーい(嬉しい顔)]
もともとヒルトップストック仕様先駆者のPapaさんですので、その変更は至って簡単でした。
とりあえずモーターはTrinity D3.0でスパー69T、ピニオン36Tとしてみました[ひらめき]
様子見の1パックでモーター温度を確認してみましたが、56℃とまだまだ余裕綽々でしたね~。
しかし、久々のヒルトップですが、コースは全くと言って変化なし、、。[失恋]
流石に物足りなさ感がハンパなかった!
この日は朝から走っていたのはKowataさんとPapaの2人きりでしたので、思い切ってやっちゃった!

・・・・・・・・・・

なにを?

・・・・・・・・・・

「コース、一部改修しました!」



大ジャンプ後のエリアが少しだぶついていたので、水道まわりを利用して、新S字コーナーを作ってみました[るんるん]
この改修によって、以下のドライビングスキルが要求されるようになりました。
① 飛距離を合せて大ジャンプをクリア
② 大ジャンプ後の速度調整したヘアピンコーナー処理
③ 新S字へのアプローチ速度調整
④ 新S字のインべた走行

いずれもうまく処理できないと他車にパスされてしまいます。要するに今回の変更でパッシングポイントが増えていますね~[ぴかぴか(新しい)]
特に新S字(「水道S字」と命名しましょう!)はインべたで走らないと確実に抜かれます!PapaもKowataさんにここでやられました。
また、水道S字に入る「お立ち台前コーナー」もアウトーインーアウトのコース取りしっかりやらないと、ブチ抜かれるポイントですね~。
セッティングもより曲がる方向に変更が必要ですね~。Papaもダンパーセットを変更しました。

170909 (5).JPG

これまでより若干柔らかめにしています。具体的にはフロント オイル350→300 スプリング アソシホワイト、リヤ オイル300→250 スプリング アソシブラックです。
リヤについては腰砕けを押さえるため、ピストンを1.7mm×2 → 1.6mm×2にして動き出しをおさえてみました。
ちなみに全体的に柔らかくした理由は、ピッチング動作を積極的に取り入れたかったからです[ひらめき]
少しのブレーキングで前後の荷重移動が誘発できれば、フロントタイヤグリップアップが期待できますからね~。
もしもこれでロールが増えすぎてしまったら、前後アッパーアーム高さを変更してロールポイントを上げてあげるつもりでしたが、その変更は不要でした。
ただし、少しテクニカルなったので、最初のギヤ比ですと加速感が今一つで、少々モタツキを感じてしまいました。
そこで、ピニオンを一気に下げます。
36T→30Tにしてこの日は対応~。ホントは33T位がベストと考えられましたが、生憎手持ちがありません。
お店で買っても良かったですが、大勢でバトルする訳でもなく、まったり走らせるには丁度良いので、30Tで我慢しちゃった[ふらふら]
16時くらいにKowataさんも引き上げたので、Papaさんも16:30頃には撤収~。
一日まったりと楽しませていただきました。

翌日は多くのヒルトップ仲間が新レイアウトを楽しんでくれたようです。
少しテクニカル過ぎて敬遠されるかなーって思ったのですが、ま、良かったかな?!

ということで、久々にヒルトップでRC再始動したPapaでした~[揺れるハート]

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017タミグラ五反田大会、ツーリングもぱっとしない結果でした、。 [タミグラ参戦記]

昨日からやっと夏らしい気温になったかな?!
夏の長雨から抜き出た昨日はHaby PapaファミリーはDeNAのナイター観戦で盛り上がりました[揺れるハート]
ニュースでも話題なりましたが、史上初の3連発ホームランで逆転サヨナラの試合を生で見ていましたからね~。
ホント、サイコーの試合でした[わーい(嬉しい顔)]

さて、2017タミグラ五反田大会参戦記続きは「ツーリンググランプリ編」です[あせあせ(飛び散る汗)]
FFと比べ、さすがに4駆ですので練習走行からそれほど「走らない」とは思わなかった我がTB04くん。
練習走行時、他車にくらべストレートが伸びるのは確認できて少し安堵しました。これもモーターメンテのおかげですね~。
実はレジャラン練習時、FLチューンを使いまくったのが気になっていて、前日までに、

DSC_0032.JPG
「新品投入!」

してしまったHaby Papaさん、。当然、「入念な慣らし」をしてきたわけで、かなりの手ごたえを感じさせてもらいました。
更にツーリングは予選1回目から新品のM2ラジアルを投入しました。
で予選1回目、
FFと同様、後列でしたが、直線速度に自信があったので全開スタート!
一気にトップに立ち、第一コーナーインをついたら、後続にドテッパラに突っ込まれ、スピン、、。[もうやだ~(悲しい顔)]
運悪くパイロン上で亀の子になりいきなりのドンケツ落ち、、。[バッド(下向き矢印)]
更にマーシャルがもたついてくれて(気づいてくれなかった)、いきなり周回遅れになりました[パンチ]
完全に捨てヒートになってしまい、その後は練習走行化したPapaさん。
ただ、セッティングは完璧で、スロットル全開でも、自由自在にハンドリングできるので、他車の動向を見ながらラインを変えて走る練習ができました。

ただ後がなくなってしまったので、インターバルはモーターメンテやバッテリー管理を確実に実施して2回目の予選に挑むことにしました。
このインターバルで余計なことしたPapaさん!

チーム員のおはよウナギさん、TT02Sが走っていないので、マシンセッティングを変えようとしていました。
ただ、その変更内容聞いたら、少し的外れだったのでたまらずマシンを奪い取り、Papaのセッティングを処方しちゃった[ダッシュ(走り出すさま)]
具体的には前後のリバウンドがメチャクチャ大きかったので、フロントをほぼゼロにしてリヤは約2mmとしました。
更に寝かし気味のダンパーを2段立ててセットして、前後キャンバーは-1度に統一。
ステアリングアッカーマンを適正化するため、ステア側に2mmシムを追加してバンプインを押さえてみました。

そして迎えた予選2回目[ぴかぴか(新しい)]
前列スタート且つモーターアドバンテージのおかげで序盤からトップ争いに加わりました。
しかしまたまた周回遅れに絡まれて[ふらふら]、レース中盤は下位に沈んでしまいました、。
その後、持ち直して何とかヒート2位で終了。ただし、タイムはぱっとせずです。
その後2ヒート後に行われたウナギさんの予選2回目は終わってみればPapaより好タイムをマークしていましたね~[ちっ(怒った顔)]
ホント、

「余計なセッティングしなければよかった、、。(笑)」

結局2人ともCメインで決勝を迎えることになり、ウナギ号はヒートポールです。
決勝は前を走る車のブロック(サイドアタック)に苦しめられ、なかなかウナギ号を捉えられず、ウナギさんも最後の最後で力尽き、Cメイン2位で終わり、Papaは3,4番手(結果は確認していません。)でこの日のレースを終えました[失恋]

クルマ的にはかなり良かったですが、運が今一つだったようです。
魚雷化する他車をうまくかわすには、練習不足だったかな~[たらーっ(汗)]
チームメイトのさときちさんからは、

「TB04はツーリングでは重過ぎのため、勝つには厳しい!」

って言われちゃいましたが、愛着もあるので、暫くはTBでタミグラリベンジを誓うPapaなのでした!

予選風景のムービーをYoutubeにあげてあるので、紹介しておきましょう~[黒ハート]








Fin(笑)!!
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017タミグラ五反田大会は惨敗でした、。 [タミグラ参戦記]

今年の夏は天候不順な日々が続いています。ここ関東で8月に入ってから朝からスカッと晴れた日が無いですね~[バッド(下向き矢印)]
Haby Papaのように屋外で楽しむ趣味を持つ方には、せっかくの夏休みも完全不完全燃焼でした[失恋]

さてかなり遅れてしまいましたが、タミグラ五反田大会の結果報告をしたいと思います[どんっ(衝撃)]
少しブログ再開のご連絡時に触れていましたが、今年の五反田大会は、

「FF、ツーリング共に惨敗、、。」

だったりします[ふらふら]
2回に渡って少し詳しく結果報告しましょう。
で、今回はFFからっ[exclamation]

Papaさんが参加した8/11は朝から小雨がふり、少し肌寒い日でした。
前日夜に車にRCバックや折畳みテーブルなどを積んでいたので、小雨降る朝でも困惑することなく5時半過ぎには自宅出発し、下道で一路五反田TOCへ向かいました。
途中のコンビニで朝・昼用のパンを入手して、のんびり向かうこと1時間半、。7時過ぎには五反田TOC付近に到着し、安価でTOCビルに近いコインパーキングを探しました。
しかしながら近くて安いパーキングは既に満車、、。結局、通年利用しているパーキングに落ち着くことに[たらーっ(汗)]、。
少し早い時間でしたので、車内で朝食をとりながらしばし休憩~[ぴかぴか(新しい)]。チーム員のおはよウナギさんには7時半の現地入りを宣言していたのでね~。
宣言通り、7時半にはタミグラフリーク列をなしているTOCビル横に並びます。やっぱり生憎の小雨模様で、傘を差しながら会場待ちでした。

DSC_0033.JPG

7時50分頃にはウナギさんも合流し、8時予定通り会場開始~[るんるん]
今年は壁際にウナギさんと陣取り、レース準備を開始しました。

170811 (4).JPG

PIT設営後、直ぐに練習素行開始時間になります。
今年のコースレイアウトは昨年に比べ、少しテクニカルになっていましたね~。Papa的には何の問題もないレイアウトでしたが、後にこのレイアウトがレースに大きく影響してきました。

170811 (1).JPG
170811 (2).JPG
170811 (3).JPG

さて、FFの練習走行にむけてこの日Papaさんのチョイスしたタイヤは、TYPE-Cの中古でした。
考えていた作戦は、「予選1回目は中古Cタイヤで挑み、その結果次第で2回目以降新品投入」でしたが、練習走行でその目論見は一気に崩れました。
理由は、

「予想以上に、路面グリップが悪い!」

と感じたからで、とにかく中古Cではズルズルです、。[がく~(落胆した顔)]
とにかく開会式以降の予選1回目に向けて、作戦の立て直しとセッティング変更を余儀なくされました。
10時過ぎにようやく開会式を迎え、

170811 (5).JPG
170811 (8).JPG
170811 (7).JPG

FFの予選1回目の準備開始。新品Cタイヤの投入を考えましたが、車のセッティング確認を重要視して、あえて温存することに。
(ここから歯車が狂いだしました、。)ほぼ新品のGP-Aします。
予想以上のローグリップのため、足回りを柔らかくして積極的にロールを取り入れるようにしました。
具体的には、
・前後ダンパースプリングを一段柔らかくする変更
・リヤスタビを取り外し
・前後リバウンド量アップ
としました。

予選1回目、
後列スタートでしたので、直後の混乱を避ける意味で、スロットルを調整しながら走り出しました。
序盤の混乱をうまく避けて、2,3周するうちに2番手につけます[わーい(嬉しい顔)]
この時はタイヤグリップもまずまずで、丁寧なコーナリングを心掛けていたら前方がパイロンで転び、ごっちゃん1番手に浮上[ひらめき]
ところが、直後にタイヤグリップが落ち始めました、。[がく~(落胆した顔)]
前後ともズルズルで、各コーナーでハーフスピンを連発。結局、5位まで順位を落として1回目の予選を終えました。[バッド(下向き矢印)]
完全なタイヤチョイスミスでした、。Papaのロールを多く取り入れたセッティングでは冷えた状態ではフツーに走れたGP-Aですが、後半はダメダメでしたね~。

そして迎えた予選2回目、タイヤは温存してあったTYPE-C新品に変更してセッティングは1回目のまま挑みました。
今度はグリップも良好で序盤からトップ争いに加わりました。が、しかし、今度はコーナーを攻めすぎて、パイロンに乗り上げ転倒~[パンチ]
中盤は周回遅れの車にサイドアタックを喰らって撃沈、、。
結局いいところなく終了してしまった。

クルマは良く走っていたのですがね~。残念だったのが周回遅れの処理ですね~[失恋]
コーナーでうまくインをついて抜きにかかったのに、全然かまわずぶつけてくるのは少しいただけないですね~。
ま、これが「タミグラ民度」なのですが、特に今回の大会では目立ったかな~。
抜かれたくない気持ちも判りますが、ブツケテまでブロックするのは・・・・。
今回のコースレイアウト、インフィールドではコース取りで差が出やすかったので、ラインが交差しやすかったのも大きく影響したかな~。
結果、Papaさん2回とも結果が出せず、僅差で予選落ちとなってしまいました、、。[もうやだ~(悲しい顔)]



つづく、、


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

近況~ [ご連絡]

ブログ更新できていませんでした、。
8/11のタミグラ五反田大会に参加して、その後、お盆帰省したのですが、帰省したその夜に風邪を発症、。
薬で何とか熱を下げた隙に帰宅したのですが、その後、またまた発熱[もうやだ~(悲しい顔)]
やっとのことで、今日、外出できるまで回復しました。

なので、タミグラ五反田大会結果報告する機会を失ってしまいました~[失恋]

ま、おいおい、ブログにします。

ということで、簡単に近況報告でした。
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

FF03もタミグラ前のセット最終チェックしていました! [EPオンロード]

今日は灼熱の1日でした。台風一過でフェーン現象が発生したのですか(?)、堪える暑さがここ関東を襲いましたね~[がく~(落胆した顔)]
熱中症予防のために事務所内でも水分補給を欠かさなかったHaby Papaです[あせあせ(飛び散る汗)]
今週末となったタミグラ五反田大会ですが、Papaさんは明後日の11日に参加する予定なんですね~[揺れるハート]
あまり触れていませんでしたが、今大会、Papaさんの本命は「FFグランプリ」だったりします。

昨年の五反田大会で極秘裏にFFを入手・セッティングしていたのですが、大会後もチョコチョコとFFを走らせていました。
FFって結構癖のある走りで、インボードサスであることも相まって、Papa好みなんですよ[ハートたち(複数ハート)]
サスアーム等TB04くんと同じだったりするので予備パーツを統合できますし、タイヤも個別にそろえる必要もないことから維持費も有利[るんるん]
GPの本格活動再開に伴ってMシャーシは手放しましたが、FFはそんな理由からコレクションから外れることはありませんでした。
それにタミグラでのFFグランプリレギュもPapaの都合にマッチしていますしね~[わーい(嬉しい顔)]
で、今回もFFグランプリ中心でツーリングはサブなんです。

Papa’s FF03は以前紹介したように、厳選されたOPパーツを中古でそろえて組み込んだもので、タミグラで他の方々持ち込むような「青い車」ではありません[あせあせ(飛び散る汗)]
なのでセッティングポイントも限られていますね~。よってセッティングはアッパーアームポジションや、ダンパーの固さ等細かいところをいじっています。
今回のレースに向けて注視したセッティングは、

「ローグリップ時のロール量」

です。
前にも書いていますが、日ごろタミグラ車を走らせている厚木レジャランはタミグラ本番路面よりハイグリップであると思います。
レジャランで好走したセッティングで本番を迎えると、意外にアンダーで困惑したりします[ふらふら]
FFは特にリヤがすっぽ抜けやすいので、初期がアンダーでコーナー後半はマキマキなんてこともありますね~。
こんな挙動が出ちゃうと、レースどころではありません。これを押さえるためにはリヤロールを「いい感じ」に押さえる必要があります。
この「いい感じ」なリヤのロール」がFFの走りに大きく影響するとPapaは考えているのです。
しかし、このリヤロール、ローグリップ時はなかなかコントロールが難しいですよね~[バッド(下向き矢印)]

先週土曜はワザとグリップが薄いタミチャレタイヤの中古を履いてローグリップを再現して、
① 少しでもグリップが稼げるダンパーセット
② リバウンド量によるロールコントロール
を試してみました[ひらめき]
先ずはこれまでのセッティング(去年の五反田からあまり変えていない)で走ってみると、まさに、

「初期アンダーで後半マキマキ!!」

スロットルを握って走ることができませんでした、。
で、ダンパーセットを変更します。

170805 (4).JPG

走り観察してみると、リヤの抑えが不足しているのにコーナリング初期のフロントダンプが大きいのが判りました。
そこで「粘りのある足」を再現するために、少し「パッツン」なダンパーを作ってみました[るんるん]
さらにフロントのスプリングをイエロー→ブルーに変更しました。
リヤはスタビを一段硬くして積極的にロールを抑えてみます。
このセットを確認してみると、

「イヤー、確実にグリップが良くなった!」

と思えるくらい硬いタイヤでも踏ん張りが利くようになり、スロットルを安心して開けられるように[exclamation]
足を固めたのは良い結果を出してくれました。
ただし、タイトターンではリヤブレークが発生しやすいセットです[ふらふら]
少しリヤロールを抑えすぎている気がしました。とはいってもスタビを元に戻すとロールが大きすぎです。
そこで着目したのが、

「リヤリバウンド!!」

リバウンドでロール量をコントロールしてみようと考えました[ひらめき]
で、リバウンドの微調整を開始[exclamation×2]

リバウンド調整前は、



これを、



こんな感じなるように調整してみました[ダッシュ(走り出すさま)]
本番ではもう少しグリップが期待できると思うので、少しアンダーを感じましたが、ベースセットとして採用することにします[わーい(嬉しい顔)]

さあ、本番はどうなるか?楽しみです!!
nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

厚木レジャランでタミグラ前最終チェックです! [厚木レジャーランドサーキット]

台風が近づいてきていますね~[失恋]。関東は明日が大荒れの予報です。厳重な警戒と余裕ある行動計画が重要ですね[あせあせ(飛び散る汗)]

さて、今週末となったタミグラ五反田大会ですが、参加される方の準備はいかがですかね~[揺れるハート]
Papaさんは土曜の夕方、ちょっとの時間ですが、厚木レジャーランド(ALL)で最終チェックをしてきました[るんるん]
最終チェックと言っても、やることは2つだけ、、。

1つ目が本番に使用するモーターでの走行テストです[ぴかぴか(新しい)]
これまでは練習用モータでセッティングを進めてきましたが、本番モーターとの速度差が影響するかもしれません。
その懸念を払しょくしておこうと思いました。
で、前日夜に、

170804.JPG

モーターメンテして、コンディションを本番と同じくらいに整えておきました[わーい(嬉しい顔)]

2つ目は使用するボディです。タミヤさんの気まぐれレギュのおかげで、数種のボディが在庫としてあります。そのうちNSXかGTRを今回のレースに使用するつもりですが、さて、どっちが良いか比べてみようと思いました。
こんな時ぐらいしかボディ載せ替えて走らせないですからね~[ふらふら]
とにかく短時間でテストを終えるため、自宅で手持ちのバッテリーを充電して現地入りしました。
で、PITはこんな感じ↓

170805 (1).JPG

コースでは常に2,3台が周回しているくらいで、タミグラ速度で走っても大きな迷惑にはならないだろうと判断して、そそくさとテストに入りました。

170805 (2).JPG

先ずはモーター変更後の速度域ですが、

「まったく問題ないですね~(笑)」

最近はGPでもまれているせいか、お手手が暇なくらいの速度で、セットも目立った問題点は見つかりませんでした。[わーい(嬉しい顔)]
ということで、1パックで最初の目的は達成され、続いてボディテストに移りました。

170805 (3).JPG
モーター確認に使ったのはNSXだったので、GTRにボディポストを変更して2パック目に入ります。

走り出してのファーストインプレッションは、

「リヤのドッシリ感はGTRですね~」

でした。
数周するうちに更に感じたのが、フロントの入り方の違いです。
NSXに比べて初期レスポンスが鋭く感じます。[ひらめき]
速度域が低いので、コーナー後半はリヤのどっしり感が勝って、「もっさり」としたイメージが強く残ります。
NSXのほうが軽快感がありました。
この印象が間違っていないか、その後、1パックづつボディを交換しながら3パック走ってみましたが、やはりファーストインプレッション通りとの結論です[ダッシュ(走り出すさま)]

やっぱりOPのリヤウイングの効果が大きいのでしょうね~[たらーっ(汗)]
とはいってもNSXのノーマルリヤウィングでもグリップ不足を感じることはありません。
本番は軽快さを重視してNSXで挑むこととします[るんるん]

でも、ボディでグリップ感をコントロールできるので、予備でGTRも持っていこっと[exclamation×2]

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー